武田鉄矢!今朝の三枚おろし!うつ?妻は?

Sponsored Link

俳優のイメージが強い、武田鉄矢(たけだ てつや)さんですが、もともとは、フォークグループ「海援隊」として活躍され、「母に捧げるバラード」「贈る言葉」「あんたが大将」「思えば遠くへ来たもんだ」などのヒット曲があります。一度は誰もが聞いたことのある有名な曲ばかりですね。作詞家としての顔も持ち、他のアーティスト達に詩を提供されたりもしているようです。




今朝の三枚おろし!


これは、武田さんがパーソナリティを務め、
平日の朝10分間流れるラジオ番組で、

1994年から、20年以上も、
放送されているんだとか!

毎週、1つのテーマに沿って、
武田さんが様々な語りを展開しながら、
番組が進行していくそうです。

健康や、政治、歴史など、そのテーマは幅広く、

「”ヒト”は、まぐれで生き残った弱い生き物だった!」
「私はすでに”エイジング・ロー” 老人性うつ病だ!」
「曖昧だから日本人なんだ!曖昧が育んだ日本の歴史!」
「相手が話している時”うなずく”と話が理解できるようになる!」
「薬は30%しか効かない」

などがあるそうです(^^)

武田さんおすすめの本や、
ためになる本も紹介されているようで、
とても興味深いですね~

うつ?


大ヒットしたテレビドラマ、
「3年B組金八先生」のイメージが強い武田さん。



悩み事を相談されたりすることが、
多いのではないかと推測されますが、

なんと、そんな武田さんが、
実は、うつ病を20年も患っていたことを告白されました!

1991年、武田さんが42歳の時から、
体調に異変が起こったのだそうです。

ちょうどその年は、
大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」で、
主役を演じられた年でもあり、大忙しだった武田さん。

体調の変化なんでしょうね。
ちょっとうつ病っぽくなって、何をやっても力が湧いてこない。

考え方が暗くなって、何週間か事務所が休みをくれると、
これっきり仕事が来ないんじゃないか、とか。

そして、2011年、
大動脈弁狭窄症にかかってしまいます。

手術は成功したものの、
5週間の入院を余儀なくされてしまい、
老いへの恐怖が、さらに武田さんの精神を苦しめたようです。

しかし、その時読まれた、

人生は山登りに似ている。
登った限りは降りなきゃいけない。
登りっぱなしのことを遭難したという。

という、心理学者ユングの言葉に救われ、
やっと立ち直れたそうです。

もう終了してしまいましたが、
美輪明宏さんと国分太一さんが司会を務められた、
スピリチュアル番組「オーラの泉」に出演された時、

何か怖いものは?と尋ねられた時に、

減っていくお客

と答えられた武田さん。

武田さんほど成功した人がそんなことを!

と思ってしまいますが、
仕事がなくなり、お客さんが減っていくことが、
常に心配だったのですね。

しかし、最終的には、
ユングの言葉に助けられて良かったですね。

妻は?


武田さんが、いつご結婚されたかは、
定かではありませんが、

おそらく、海援隊の「母に捧げるバラード」が、
大ヒットした年の1972年頃だと思われます。

奥さんは節子さんという方で、
武田さんとご結婚された時は、まだ21歳だったそうです。

1972年、紅白に出場するほどの人気を誇られた武田さんでしたが、
その人気は一時的なものだったようで、

翌年の大晦日には、なんと、
妊娠中の奥さんと、
居酒屋で皿洗いのバイトをしていたというのです。

紅白に出た次の年にまったく仕事が無くなってさぁ、
給料4カ月間無いんだ。「いやぁ、こりゃダメだな」と思って。

事務所を辞めようと決心して、次の事務所に行くまでの間、
食いつなぐ為に女房と二人でスナックでバイトやったんだよ、皿洗いの。

うーん。原宿の鉄板焼き屋さんだったけど、4千円貰えるんで・・・
で、夕方から深夜の1時2時まで皿を洗っているだけで。
女房妊娠してんのよ。不安だったぁー。

4月に生まれるって言われた、うぅ、そのぉ、
妊娠7か月6カ月の女房と仕事が1本もない俺なのよ。

で、みそかの鐘(大晦日)を聞いて、4千円もらって、
原宿のバイト先から恵比寿まで歩いて帰ったの。

で、女房のお腹を冷やさないように・・・
もう貧乏だったから2人寄り添うしかないのよ。

もうホントに忘れもしないけど今でも。
青山学院を抜けてコカ・コーラボトラーズの本社がある坂道があるのよ。
そこに来た時に女房が突然、真っ暗いみそかの闇、
まぁ正月になってたけど上りながら、
『よぉーく見とこう』って言いだしたのよ。
で、「何を?」つったら『ここ、どん底だから』って。

と、その辛すぎるエピソードを語っておられました。

ほんとに奥さん、すご過ぎます!

そんな奥さんを、
人気女優の上戸彩さんが、尊敬されているとか。



上戸さんはかつて、「金八先生」で、
武田さんと共演されていたのですが、
その時から、家族ぐるみのお付き合いをされているようで、

大スターの妻だからといって、決して、でしゃばったりせず、
専業主婦として、武田さんを支え続けてこられた奥さんに、
上戸さんは感銘を受けられたのだとか。

そして、上戸さんは、
お料理やお菓子も、奥さんから教わり、
子育ての相談もされているとか。

「母に捧げるバラード」が物語っているように、
武田さんのお母さんの話は有名ですが、
奥さんも武田さんを支えてこられたのですね。

武田さんは、女性たちに守られてこられたことが分かりますが、
ご自身もそれを認めておられるようで、

つまり九州というのは、女って守り神なのよ。
土俗的に何かあった場合は、
女性の指示を仰ぐ、という習慣があるんですよ。

卑弥呼の昔から、神功(じんぐう)皇后から。
女性が持っているエネルギーというのを、
男が正しく使うことで、男はやっと生きていける。

と、「オーラの泉」で、おっしゃっていました。

その後の武田さんのご活躍ぶりから、
女性のエネルギーをうまく使われたことがよくわかりますね!

芸能界での激しい浮き沈みを体験され、大病も経験されましたが、
これからも末永いご活躍を期待したいですね!
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ