風吹ジュンの若い頃は?元夫との離婚理由は?彼氏は?息子は?娘は?

Sponsored Link

お母さん役がとても良く似合う、女優の風吹ジュン(ふぶき じゅん)さん。その、明るく愛情あふれる演技が定着しており、優しいお母さんの役といえば、風吹さんをイメージされるのではないでしょうか。




年齢は?出身は?身長は?本名は?


風吹さんは、1952年5月12日生まれ、
富山県婦負郡八尾町(現・富山市八尾町)のご出身、
(中2から京都市山科区)

身長157センチ、

血液型はB型、

本名は、
川添麗子(旧姓:堀川)、

学歴は、
京都市立花山中学校卒業、

だそうです。


苦労の少女時代


風吹さんは、苦難の少女時代を過ごされていて、
小学校5年生の時に、両親が離婚されると、
その後は、お母さんと一緒に暮らされていたのですが、

中学校2年生の時には、
なんと、お母さんが育児放棄。

やむを得ず、風吹さんは、京都に住む、
3歳年上のお兄さんのところに移り住まれるのですが、

内職やアルバイトの日々で、
生活はとても苦しかったそうです。

そんななか、高校受験前は、
担任の先生の家に住まわせてもらっていたそうで

なんとか、高校受験を迎えると、
めでたく1次試験に合格。

しかし、2次試験の当日に、
お母さんが再婚したことを聞き、受験は放棄。

結局、高校へは行かず、
レストランに住み込みで働き始めたのでした。


芸能界デビュー


その後、風吹さんは、1970年、18歳の時に上京し、
銀座の高級クラブでホステスとして働き始められるのですが、

翌年の1971年、クラブで勤務中にスカウトされると、
1973年には、「初代ユニチカマスコットガール」に選ばれ、
そのポスターが話題に。

そして、1974年には、歌手デビュー、
1975年には、女優デビューも果たされたのでした。



明るい笑顔が印象的な風吹さんですが、
どことなくアンニュイな雰囲気があるのは、
こういった苦労があったからなのかもしれませんね。


元夫は?


そんな風吹さんは、1981年、
音楽プロデューサーの川添象郎(かわぞえ しょうろう)さんと結婚されています。

川添さんは、過去に、
YMO松任谷由美さん、尾崎豊さん、青山テルマさんといった、
ミュージシャンをプロデュースした実績を持つ方なのですが、



お父さんは、東京のイタリアンレストラン「キャンティ」
を創業した川添浩史氏で、

そのうえ、幕末の土佐藩士で、明治の政治家・実業家であった、
後藤象二郎氏がひいおじさんに持つ御曹司。

お二人の馴れ初めは分かりませんでしたが、
お仕事の関係で知り合われたのかもしれませんね。


離婚理由は?


ともあれ、苦労人だった風吹さんは、無事、玉の輿に乗り、
息子さんと娘さんを出産されたのですが・・・

1992年には離婚。

実は、川添さんには小出明子さんという愛人がおり、
その方の妊娠が判明。
風吹さんが激怒し離婚となったのでした。

ちなみに、その後、川添さんは、
小出さんと結婚し、男の子が誕生しているのですが、

この結婚で4度目。(風吹さんとは3度目の結婚)

しかも、その後、女優の荻野目慶子さんとの不倫が発覚し、
2007年には小出さんとも離婚。



そして、その後も川添さんは、
一般の女性と再再再再再婚宣言。

ここまでくると、もう病気ですね~

しかも、川添さんにまつわる黒い噂は数知れず、
「覚せい剤所持」で何度も逮捕されており、



川添さんが逮捕されるたびに、
「風吹ジュンの元夫」と風吹さんの名前が上がるので、
風吹さんには、本当に気の毒なのですが、

当の風吹さんは、街でばったり、
川添さんに会ったことがあるそうですが、
その時も短い言葉を交わして笑顔で別れられたそうで、

恨みもつらみも今は何もないですね。
つらかった、きつかったからといって恨んで引きずっても、
それは自分が傷つくだけですもの。

むしろ「ありがとう」という気持ちかな。
あの時代があったから、今が充実していると思うので。

彼は彼で私が大変な思いをしてきたことなど、
何にも知らないと思う(笑)

と、引きずっておられないとのことでした。

彼氏は?


というのも、風吹さんは、2014年、
「女性セブン」で、年下の男性との交際が報道されているのですが、

実際、風吹さんは、2011年、
雑誌のインタビューで定期検査を受けられた際、

ホルモンバランスなどの総合数値が軒並みアップし、
血液はさらさら、体重は減って、
ウエストがきゅっとくびれて細くなったことを報告しつつ、

原因は何だろう。いや、これしかない。
実は私、今、恋をしているのです。
あり得ないと思っていただけに自分が一番驚いています。

と、自ら語られているのです。

そして、

お互い大人なので、
穏やかで温かい関係を築いています。

と交際宣言をされたのでした。

息子は?娘は?


ちなみに、風吹さんは、現在、
息子さんと一緒に住まれているようで、
新しい恋人とは同居していないようです。

また、娘さんはアメリカ国籍の男性と結婚し、
アメリカに住まれているようで、

いつか孫ができたら、英語をしゃべるわけよね。
ということは、孫とおしゃべりするには英会話を勉強しとかなくちゃ。
ああ、一日24時間じゃ足りないわ!

とおっしゃっていました。

出演作品(映画、テレビドラマ)


それでは、最後に、
風吹さんの出演作品をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1973年「ママはライバル」
1974年「若い!先生」
1975年「寺内貫太郎一家2」
1976~1977年「前略おふくろ様」
1977年「Gメン’75」第126話-第127話
1978年「大都会 PARTII」


「寺内貫太郎一家2」より。(手前)谷隼人さん、(奥左から)西城秀樹さん、樹木希林さん、
風吹さん、池内淳子さん、小林亜星さん、浅田美代子さん。


1979年「オレンジ色の愛たち」
1980年「探偵物語」
1981年「土曜ワイド劇場『松本清張の山峡の章』」
1982年「セーラー服と機関銃」
1983年「北の国から ’83冬」
1986年「ライスカレー」

1987年「パパはニュースキャスター」
1988年「若奥さまは腕まくり!」
1990年「パパ!かっこつかないゼ」
1991年「ママってきれい!?」
1992年「綺麗になりたい」
1993年「ひとつ屋根の下」


「ひとつ屋根の下」より。風吹さんと江口洋介さん。

1994年「この愛に生きて」
1995年「最高の片思い」
1996年 NHK連続テレビ小説「ひまわり」
1996~2004年「はみだし刑事情熱系」
1998年「青の時代」
1999年「俺たちの旅」

2000年「愛をください」
2001~2002年 NHK連続テレビ小説「ほんまもん」
2002年「サトラレ」
2003年「愛をください」
2003~2004年「女と愛とミステリー 警視庁・樋口警部補」
2005年「みんな昔は子供だった」


「サトラレ」より。

2006年「輪舞曲」
2007年 NHK大河ドラマ「風林火山」
2008年「あんどーなつ」
2009年「働くゴン!」
2010年「離婚シンドローム」
2011年「それでも、生きてゆく」


「それでも、生きてゆく」より。満島ひかりさんと風吹さん。

2012年「13歳のハローワーク」
2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」
2014年「松本清張 黒い福音~国際線スチュワーデス殺人事件~」
2015~2016年 NHK連続テレビ小説「あさが来た」
2016年「家族ノカタチ」
2017年「母になる」
2018年「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」


「家族ノカタチ」より。西田敏行さんと風吹さん。

映画では、

1977年「白熱デッドヒート」
1978年「原子力戦争 Lost Love」
1979年「蘇える金狼」
1980年「五番町夕霧楼」
1981年「獣たちの熱い眠り」
1982年「コブラ SPACE ADVENTURE」


「蘇える金狼」より。松田優作さんと風吹さん。

1984年「春桜 ジャパネスク」
1987年「紫式部 源氏物語」
1989年「バカヤロー!2 幸せになりたい。 第一話『パパの立場もわかれ』」
1991年「無能の人」
1992年「ザ・中学教師」
1993年「水の旅人 侍KIDS」

1994年「毎日が夏休み」
1995年「ガメラ 大怪獣空中決戦」
1997年「恋と花火と観覧車」
1998年「麗猫伝説 劇場版」
1999年「コキーユ・貝殻」
2000年「カリスマ」


「コキーユ・貝殻」より。風吹さんと小林薫さん。

2001年「回路」
2002年「夜を賭けて」
2003年「ぷりてぃ・ウーマン」
2004年「かまち」
2005年「サヨナラCOLOR」
2006年「ベロニカは死ぬことにした」

2007年「魂萌え!」
2008年「イキガミ」
2009年「女の子ものがたり」
2010年「最後の忠臣蔵」
2011年「僕と妻の1778の物語」
2013年「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」


「魂萌え!」より。田中哲司さんと風吹さん。

2014年「抱きしめたい -真実の物語-」
2015年「海街diary」
2016年「家族はつらいよ」
2017年「家族はつらいよⅡ」
2018年「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」


「家族はつらいよ」より。橋爪功さんと風吹さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

さて、いかがでしたでしょうか?

そのまま、ドラマや小説になりそうな、
波瀾万丈な半生を送られた風吹さんですが、

今は、趣味(旅行、料理、写真)や、
恋人との時間を大切にし、充実した日々を送っておられ、

散歩中には、突然走り出したり、
ジャンプしたくなるくらい元気だそうで、

20代、40代の時より、今が一番元気

とのこと。

辛い幼少期や川添さんとの結婚生活、
そして、女手一つでの子育てと苦労された分、
今は思っきり幸せを味わってほしいですね。

応援しています!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ