板谷由夏!ヒップホップ!夫は?子どもは?

Sponsored Link

テレビドラマ「ファーストクラス」で、雑誌「ファースト・クラス」の編集長、大沢留美役の演技で注目された、女優の板谷由夏(いたや ゆか)さん。芸歴は1994年からと長く、数多くのテレビや映画に出演されると同時に、2007年からは、「NEWS ZERO」のキャスターを務められるなど、その知的なイメージが多くの女性達に支持されています。





板谷さんは、1975年生まれの、
福岡県出身です。

1994年、今はすでに休刊となっている、
ティーンの女の子向け雑誌、
「PeeWee」の専属モデルとなられ、
芸能界に入られたようです。

「NANA」「黒執事」など、話題作を手がけられた、
映画監督、大谷健太郎さんに見出され、

1999年に、「avec mon mari アベック モン マリ」で、
映画デビューを飾られます。

そして、いきなり、
「第21回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞」を受賞。



その後、板谷さんの代表作となった、
福山雅治さん主演のテレビドラマ「パーフェクトラブ!」や、

ドッジボールを題材にした、
日韓合作映画「ドッジGO!GO!」の出演で、
広く知られるようになりました。

その後は、数々のテレビドラマや映画に出演され、
女優としてキャリアを積まれています。

そんな板谷さんの気になるうわさについて、
調べてみました!

ヒップホップ!


「落ち着いた大人の女性」
というイメージが強い、板谷さんですが、

実は、短大生の頃に、
CDデビューをされていたことがあるそうです。

お笑い芸人の博多華丸さんと組まれた、
ヒップホップユニット、
「SOUTH END×YUKA(サウスエンド プラス ユカ)」の、
YUKAとして活動されていたのだとか!

1994年に、ヒップホップグループ、
「EAST END×YURI(イーストエンド プラス ユリ)」
が歌って、大ヒットした「DA.YO.NE」のご当地版が、

各地で次々に登場し、
「SOUTH END×YUKA」は、その博多弁バージョンで、
「SO.TA.I(そうたい)」を歌われていたのでした。



当時、板谷さんは、
短大生でモデルをされていたそうです。

その元気いっぱいだった女の子が、
今や、女優やキャスターとして活躍され、
女性達の憧れの的になっているなんて、驚きですね!


夫は?子どもは?


板谷さんは、2007年、
スタイリストの古田ひろひこさんと、
結婚されています。

板谷さんは、旦那さんと知り合われた経緯について、
結婚情報サイト「OZ mall」のインタビューで、

主人とは出会って十何年、ずっと友だちだったんです。
それがなにかのきっかけで付き合いだし、
そのまま自然な流れで結婚しようかということに。
全然ロマンティックじゃない、現実的な流れでしたね。

と明かされていました。

プロポーズは、

「してもらったどうか怪しい」

と、ちょっと残念そうな板谷さんでした(^^)



そして、板谷さんには、
男の子が二人いらっしゃるそうで、

お一人目は2008年、
お二人目は2012年に生まれています。

結婚、出産を経験され、
徐々に幸せを感じるようになっていかれたようで、
その胸のうちを、

結婚したての頃は、自分自身のために時間が使えない、
ということに苦しんだりもしたんです。
でも次第に主人がいての自分、
息子がいての自分なのかなと思うようになって。

私が作ったごはんでこの人達は大きくなったり、
元気になったりするんだと思うと、それでいいやって。

そう思い始めてからは、
ふと1人の時間が持てたとき、
今まで以上に幸せを感じられるようになりましたね。

と、飾らない言葉で、
板谷さんは語っておられました。

うんうん、わかる!
と思われた方も多いのではないでしょうか。

お仕事と、家事育児を、
両立されていらっしゃる板谷さん。

そんなところも、
多くの女性達から共感と支持を得ているようです。

これからも、板谷さんらしく、
自然体でいてほしいですね。
今後のご活躍も期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ