片桐はいり!弟は?本は?エッセイは?もぎり?結婚は?

Sponsored Link

一度見たら忘れられない、個性的な顔立ちが持ち味の女優、片桐はいり(かたぎり はいり)さん。映画「かもめ食堂」や、NHK朝の連ドラ「あまちゃん」など、話題作に出演されています。





片桐さんは、大学在学中に、
銀座文化劇場の受付で、観客一人一人のチケットをもぎる、
「もぎり」のアルバイトをしながら、
劇団「ブリキの自発団」に入団されました。

片桐さんは、もともと、
女優を目指されていた訳ではなかったそうですが、
お芝居がお好きで、演劇をされていたようです。

子どものころは、不思議な顔の女優さんはほとんどいなくて、
女優さんというのは、若尾文子さんみたいな人だと思っていました。

(大学在学中に)劇団に入って、
一度で覚えられる顔は特質なんだと思うようになりました。

昔って、変な顔の人はテレビに出てないって言ったらおかしいですけど、
誰でもできるもんじゃなかったですよ。
女優さんていうのは、選ばれた人がやる仕事であって、
私がやるっていう風に思ったこともなかったですね。

とインタビューで語っておられました。

そんな片桐さんが、
本格的に女優への道に進もうと思われたきっかけは、

私は単純に、映画が好きで好きで、
映画に関するものなら何でもいいって思ってたんです。

でも、1回くらいやってみたいなって気持ちもあって、
演劇部のようなところに入って。

それで、普通に就職しようと思ってたところに、
CMの仕事がきてお金をもらったんで、
「あらっ」みたいに流れに流されて。

ということで、
女優への流れに乗って行かれたのですね♪

確かに「女優=美女」というイメージがありますが、
劇中には、個性的な役柄も必要なので、
実際には、片桐さんにしかできない役が多く存在します。

ある意味、美人女優さんより、稀な存在なので、
片桐さんが、引っ張りだこになるのもうなずけますね!

さて、そんな個性派女優である片桐さんの、
話題になっていることについて、調べてみました!

弟は?本は?


片桐さんには、年子の弟さんがおられ、
グアテマラのアンティグアというところで、
スペイン語の学校を経営されているそうです。

片桐さんは、13年ぶりに、
アンティグアで家族と住む弟さんを訪ねられ、

その時のことを綴った旅エッセイ「グアテマラの弟」
を2007年に出版されています。



弟さんは大学院を出たにも関わらず、
グアテマラに旅立ち、
そこで、年上で連れ子の女性と結婚されたのだそうです。

南国の明るい太陽や、
心の温かい人々とゆったりとした時間を過ごすうちに、

片桐さんは、ふと、
外国を知らないまま亡くなったお父さんや、
家事に明け暮れる毎日を過ごしていたお母さんのことが、
心に浮かんだのでした。

日本やグアテマラの家族の交流が温かく、
ユーモアあふれる文体で綴られているとのことで、
片桐さんのお人柄が伺えますね。


エッセイは?


片桐さんは、「グアテマラの弟」の他に、
2冊のエッセイを出版されています。

まず、片桐さんの記念すべき第1作目のエッセイは、
2006年に出版された「わたしのマトカ」です。

2005年に、片桐さんが、
「かもめ食堂」の撮影で滞在されていた、
フィンランドで感じたことや、
現地の人との交流を綴られています。


「かもめ食堂」より。もたいまさこさん、小林聡美さん、片桐さん。

分かりやすく、美しい文体に、
ユーモアが散りばめられ、
片桐ワールドが炸裂したこのエッセイは、
多くの読者から高評価を得ているようです。

女優さん独特の独りよがりなところがなく、
読んでいて、とても気持ちが良いということで、

やはり片桐さんの飾らないお人柄が、
にじみ出ているエッセイと言えそうです。

そして、2010年には、
「もぎりよ今夜も有難う」を出版されています。



「キネマ旬報」で片桐さんが連載していたエッセイを、
まとめて書籍化されたものだそうです。

かつて「もぎり」をしていた自身の回想や、
映画や映画館への想いを綴られたエッセイということで、
片桐さんの映画への愛が伝わって来そうです。

女優だけではなく、文才もお持ちの片桐さん。
次のエッセイも待ち遠しいですね。


もぎり?


そして、片桐さんは、
この、「もぎり」の仕事をこよなく愛しておられるようで、

もし女優になっていなかったら、
私はホントにモギリのプロになりたかったんです。
いろいろ仕事をして、引退したら、映画館で働こうと思ってましたね。

ただ、今はモギリとかのシステム自体がなくなってるじゃないですか。
掃除したりして、「コーラ溢してんじゃないよ!」
とか言いながらやりたいなっていうのがあったんですけど、
今はコーラも溢せないようになってますからね(笑)。

と、語っておられたほどでした。

2009年には、
松尾スズキさん、板尾創路さん、赤松隆一郎、
辛酸なめ子さんらが、自由な発想で片桐さんを表現された、

オムニバスショートドラマ「片桐はいり4倍速」
のDVDプレミア上映会で、
片桐さんは、もぎりをされたのだとか!


自分の出ている作品のチケットをもぎるのは、照れくさいですね。

と片桐さんはおっしゃっていましたが、
もぎりの仕事は、
すっかり片桐さんのキャラになっていますね♪

結婚は?


1963年生まれの片桐さんですが、
独身で、結婚歴もないようです。

片桐さんは、仲村トオルさんの大ファンで、
仲村さんの舞台はすべて見ておられるとのこと!

大好きな映画やお芝居を仕事にされ、
趣味は仲村トオルさんということで、
独身生活を謳歌されているのかもしれませんね(^^)


個性派女優として


片桐さんは、個性派女優としての、
自身の立ち位置について、インタビューで、

普通の役があまりこないのですが、
わたしはそういう資質の人間だと自覚して、
求められている者としてやっていこうと。

そんなの昔からそうじゃないですかって話ですが(笑)、
自分の中では「変な役ばっかり」
という気持ちがなきにしもあらず、だった。

でも面白い役ってそんなにないですし、
40過ぎた女優ができる役は、そんなに多くないような気がする。

だとしたら、男だろうとモノだろうと宇宙人だろうと、
ヘンな役、喜んでやりますよ、
何でもやりますよっていう気持ちでいこうと。
それが逆に面白いと思うようになりましたね。

と、語っておられました。

片桐さんも、内面は普通の女性なので、
変な役ばかりが回ってくることを、
特に若い頃は、不本意に思われたこともあったのですね。

しかし、今はそれを、
ご自分のできる役だと受け止められたようです。

個性派女優としての、
余裕を感じる片桐さんですが、

これからもその唯一無二のキャラで、
私達を楽しませてほしいものですね。
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ