中田喜子!プロフィール!元夫は?子どもは?歯って?diy!

Sponsored Link

長寿ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の三女、文子役でお馴染みの女優、中田喜子(なかだ よしこ)さん。60歳を過ぎた今でも美しく、温かい雰囲気が魅力的で、男性からも女性からも人気です。




プロフィール


中田さんは、1953年11月22日生まれ、
東京都築地のご出身です。

身長は155センチ、
足のサイズは23センチ、
服のサイズは9号、

特技は、日舞とのことです。

市場の仲買人の娘で、
5人姉妹の末っ子だった中田さんですが、

姉妹全員が日舞やダンスをされており、
3番目のお姉さんは、元宝塚歌劇団の、
京かおるさんという方だそうです。

中田さんは、小学校5年生の時にご両親が離婚され、
その後はお母さんに育てられました。

いつの頃か分かりませんでしたが、
中田さんが、お芝居をしたいと、
お母さんに打ち明けると、

3年して芽が出なかったら、実家の魚市場で働け。

と言われたそうです。

そして、中田さんは、
麹町学園女子高等学校を卒業後の1972年、

「ポーラテレビ小説」という、
お昼の連続ドラマ「やっちゃば育ち」で、
本格的に女優デビューされます。



1979年から1988年には、
NHKの「連想ゲーム」で、
紅組のキャプテンとして活躍され、

1990年には、「渡る世間は鬼ばかり」で、
三女の文子役を演じ、
お茶の間の人気者になられました。

1993年には、舞台「御いのち」で、
第19回菊田一夫演劇賞を受賞されており、
実力派女優としての地位を確立されています。

そして、1995年、
NHK朝の連ドラ「春よ、こい」では、
途中降板した安田成美さんに代わり、
中田さんが、ヒロイン高倉春希役を務められました。



そんな息の長い活動をされている中田さんの、
気になるうわさについて調べてみました。

元夫は?


中田さんは、25歳だった1979年に、
12歳年上の広告制作会社社長の男性と結婚されました。

お二人の出会いは、
中田さんがこの男性の制作したCMに、
出演されたことがきっかけでした。

しかし、2007年に、
お二人は離婚されたようです。

この事実を、周囲の一部の方々には、
打ち明けられていた中田さんですが、

報道関係者に明かされたのは2012年で、
週刊誌「週刊女性」の直撃取材で、
中田さんご本人が認められたようです。


離婚理由は?


離婚に至った理由を、

「彼の浮気。私がどうしても許せなかった。」

「それまではそんなこと(浮気)なんてなかったのよ。
いい関係だったんですけど。」

と打ち明けられた中田さん。

田園調布に建てられた一戸建ての家は、
元旦那さんの所有分を買い取られ、
中田さんの名義にされたそうです。

そして、都内の超高級マンションで、
1人暮らしをされているのだとか。

元旦那さんに浮気され、辛い時期を乗り越え、
今は悠々自適な独身生活を楽しんでおられるようで、
ホッとされているようですね。

子どもは?


中田さんと元旦那さんの間には、
お子さんはいらっしゃらないようです。


歯って?


中田さんは、テレビ番組、
「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」の、
口内環境や歯並びの特集に出演されました。

とても美しい歯並びで、
小学校の時には、「歯並びコンテスト」にも、
出場されたことがあるのだとか。

中田さんがおっしゃるには、
日頃から、3種類の歯磨き粉を使い分け、
歯の健康に注意されているそうです。



しかし、そんな中田さんですが、
診断の結果、現代人に一番多い「V字型」で、

このタイプの人は、
常に歯と舌がこすれているため、
舌癌を招きやすいのだとか!

この番組の話ではありませんが、
ちなみに、中田さんの歯は、
専門家の方の見解によると、

貼り歯をされており、歯を白くしたり、
削られたりなどされているのでは、ということです。

いずれにせよ、
女優さんはもちろん、人間にとって、
歯は本当に大事ですから、
ケアするに越したことはありませんね。


diy!


中田さんは、DIY、つまり、
家具など家のものを作ったり、
修繕することが大好きなのだそうです。

高校生の時から、ドアとドアノブが好きで、
解体されていたのだとか。

そんな中田さんが、DIYに目覚められたのは、
20代でドイツに行かれたことがきっかけでした。

キッチンのキャビネットや、階段、
そして小さなパーツが売っているお店が、
たくさんあったことに、衝撃を受けられたそうです。

ドイツの人たちは、自分たちでそういうものを買って、
リフォームを楽しんでおられるようですね♪

当時、日本ではそういう発想がなかったのですが、
中田さんは、ダメもとでやってみようと、
挑戦されたそうです。



壁紙作りに始まり、テーブルにニスを塗ったり、
カーテンも自分で作られるのだとか!

古いカーテンを利用して、リフォームもされるそうで、
半分に切り、その間に新しい布を足して、
パッチワーク風にしてみたり、

ギャザーを裾に足して、
また別のカーテンを作ったりもされるそうです。

すごいですね~

中田さんはDIYの魅力を、

自分で手をかけることによって、
身の回りのものに愛着が持てるようになることだと思います。

人間にとって、感動は若返りの秘訣だと聞きますが、
私にとってDIYはまさに感動そのもの。

苦労すればするほど、出来上がったときは、
こんなに喜べるものはないのではないかと思うくらい感動します。
そして、そんな趣味を持っていることで、
若返る気がするんです。

と、明かされていました。

中田さんが、今でも輝いておられるのは、
DIYのおかげなのかもしれませんね♪

これからもその明るい笑顔で、
私達を魅了してほしいものです。

今後も末永いご活躍を期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ