内野謙太!プロフィール!子役!ウルトラマン!とんび!花燃ゆ!

Sponsored Link

子役時代から、多くのドラマや映画に出演され、不器用でまっすぐな役柄を得意とする、俳優の内野謙太(うちの けんた)さん。「ウルトラマンメビウス」などの戦隊モノから、NHK大河ドラマにも出演されるなど、様々な役を演じておられます。




プロフィール!


内野さんは、1985年7月5日生まれ、
埼玉県のご出身です。

星座はかに座、血液型はB型、
身長170センチ、体重は非公開です。

趣味は、音楽を聴いたり、
本を読んだりしながら寝ること。

長所は、明るい。
短所は、なかなかのネガティブ。

だそうです♪


子役!


子役出身の内野さんは、
テアトルアカデミーに所属されており、

1996年、テレビドラマ「ビーファイターカブト」の、
ヒロシ役で子役デビューされました。



童顔のせいか、
顔が全く変わっていないことに、驚きました!


代表作は?


そして、2000年前後は、
生徒役を中心に、
テレビや映画に出演されていたようです。

2002年、常盤貴子さんと窪塚洋介さんが、
主演を務められた「ロング・ラブレター~漂流教室~」で、

田代仁役を演じておられたのを、
記憶されている方も多いかもしれません。



このドラマには、
山田孝之さん、山下智久さん、市原隼人さん、
福士誠治さん、香里奈さんなど、

現在活躍中の、俳優さんやタレントさんが、
生徒役として出演されているので、

今から考えると、若手の逸材が勢揃いした、
貴重なドラマだったと言えますね。

2004年には、
NHKの朝の連ドラ「わかば」で、

村上酒蔵の三代目である、
村上浩太郎(西郷輝彦さん)の息子、
村上啓太役で、レギュラー出演され、

2005年には、
映画「男たちの大和~YAMATO~ 」で、

海軍に所属する少年兵の西哲也役で出演、
沖縄での特攻戦に向かう途中で、アメリカ軍に撃沈され、
大和と共に沈んでしまうという、悲しい役を演じられました。


ウルトラマンメビウス!


そして、2006年には、
「ウルトラマンメビウス」「CREW GUYS」の一員、
クゼ・テッペイ 役を演じ、注目を集められました。



この役柄は、気は弱いですが頭脳明晰、
という18歳の医大生で、

実直な役柄が、
内野さんにピッタリはまっていました♪


とんび!


2013年には、テレビドラマ「とんび」で、
出版社で働く、六川進之介を演じられました。

この作品は、作家の重松清さんが、
新聞に連載された小説が原作となっており、

妻を失った男が、様々な困難乗り越えながら、
息子を、男手一つで育てていくという物語で、
父の半生と、親子の絆を描いています。

NHKやTBSでドラマ化され、
いずれも、ドラマ賞を受賞されたそうです。

そして、2014年NHK-BSで放送された、
「下町ボブスレー 」では、
田村洋一役を演じておられます。



この物語は、東京の下町、大田区の町工場で、
ボブスレーのソリ制作に、
奮闘する人々の挑戦を描いており、
実話をもとに作られたそうです。

内野さんが演じられた田村は、
実家の町工場で働く、
主人公の矢島健太郎(青柳翔さん)の親友で、

規模の大きい町工場で専務として働いており、
健太郎の妹に好意を寄せるという役柄だそうです。

こうしてみると、内野さんは、
ちょっと気が弱く、人の良さそうな役が、
得意なようですね。


花燃ゆに出演!


2015年には、NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、
吉田松陰(伊勢谷友介さん)の肖像画を描いた、
松浦亀太郎(のちの松浦松洞)役を演じておられます。

この松浦亀太郎という人物は、
実際は、画家ではなく、魚屋さんなのだそう!

魚屋さんである亀太郎は、
知らないことを知りたいという欲求から、
松蔭の松下村塾に入塾します。

イケメンで勉強熱心な生徒が多い、
松下村塾の中でも、異色な存在とのことです。

亀太郎は松蔭の肖像画を何回も描き直したそうで、
出来上がりを見た松蔭も満足したのだとか。

内野さんは、松蔭の絵を描く亀太郎の、

「後世に残るすごいことを成し遂げる!」

という意気込みを再現することを、
意識して演じられたそうです。

後世に残るであろう、
偉大な人物の肖像画を描く・・・

写真など、まだなかった時代ですので、
その情熱は並々ならぬものがあったでしょうね。



そして、亀太郎は最後は自決するのですが、
どのようにその最期を演じるのか、

内野さんは、いろいろ考えるところがあり、
役者として楽しみだ、
とインタビューで語っておられました。

幼いころは、画家を志すほど絵が上手だった、
魚屋の息子、亀太郎ですが、

次第に、松蔭の教えに感化され、
尊王攘夷運動に参加することに。

後に、公武合体、開国派であった、
長州藩士の長井雅楽暗殺計画を企てますが、
その考えを変えるように説得されたことにより、
自ら命を断ちました。

亀太郎は、本来ならば、
平和に生きられたかもしれませんが、

その信念のために、命を捧げた人物ということで、
実直な役柄が、やはり内野さんにピッタリでした。

様々な重要な脇役を、
演じてこられた内野さん。

これからも、テレビドラマや映画で、
あちこちに内野さんを見る機会がありそうです。
これからのご活躍も期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ