藤岡弘、の若い頃は?年齢は?身長は?改名?コーヒー?仮面ライダー?

Sponsored Link

特撮モノ「仮面ライダー」の本郷猛役でブレイクされた、俳優の藤岡弘(ふじおか ひろし)さん。とんねるずのモノマネでもお馴染みとなりました。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

藤岡さんは、1946年2月19日生まれ、
愛媛県上浮穴郡久万町(現・久万高原町)のご出身、

身長180センチ、

血液型はO型、

本名は、
藤岡邦弘(ふじおか くにひろ)、

学歴は、
松山聖陵高等学校卒業、

資格は、
調理師免許、普通自動車免許、小型船舶操縦士、大型特殊自動車免許、
大型自動二輪免許、自家用操縦士免許、スキューバダイビング、
無線従事者免許(アマチュア)、鉄砲、

特技は、英会話で、
アメリカ映画出演で知り合ったジェームス・キャメロン監督とは、
「キャメロン」「サムライ」と呼び合う仲だそうです。

ちなみに、藤岡さんは、
お父さんが、全国的にも有名な柔道家であるうえ、
家伝の古武道「藤岡流」を継承する武道家であることから、

6歳の頃から手ほどきを受け、
武道家としても活動されています。

幼少期

幼い頃は、病弱だった藤岡さん。
そのためか、引っ込み思案で、
恥ずかしがり屋な子どもだったそうです。

しかし、武道家であったお父さんから、
武道の手ほどきを受け、
見事、病弱を克服されたのでした。

高校でも柔道部に所属されていた藤岡さんが、
なぜ、俳優の道を選ばれたのかは、
分かりませんでしたが、

「劇団NLT」の俳優教室を経て、1965年、
松竹映画ニューフェイスとして入社されました。

仮面ライダー

藤岡さんは、青春映画などに出演された後、
1971年、特撮ドラマ「仮面ライダー」の主人公、
本郷猛 / 仮面ライダー1号役を演じられ、大ブレイク、
一躍人気者になられています。

藤岡さんはご自身のブログで、
仮面ライダーについて、

何故、仮面ライダーは、
毎回ショッカーを倒すのに悲しい背中を見せて去っていくのか?
・・・皆さんは、そう疑問に思われたんじゃないかな。

これはね、
「二度と人間に戻れない悲しみを背負って戦うヒーロー」
というのが、ストーリーの根底にあったからなんだ。

誰にも語ることができない。
助けを求めることもできない。
悲しきヒーロー。まさに孤独なヒーローだった。

痛み、苦しみを背負って孤独に耐え、
全てを消化しながら戦わなければならなかった。

これが原点であり、
私が仮面ライダーを演じる時のポイントだった。

私はいつもそれを念頭に置いて戦い、演じていた。
だから暗く見えたのかもしれない。

と綴られていました。

そんな深い話だったんですね~

表面的なカッコよさだけではない理由が、
ここにありました。

幼いころは病弱だったり、
いじめられていたり、
お父さんが突然失踪されるなど、

様々なご苦労を経験された藤岡さんなので、
そういう深い部分を演じることができたのかもしれません。

今度、藤岡さんの仮面ライダーを見ることがあれば、
また別の視点から見れそうです。

そんな藤岡さんの、
気になる話題について調べてみました!

改名

藤岡さんは、
一度改名されています。

タイトルの、「藤岡弘、」
の句読点は、間違いではありません。

現在は「藤岡弘、」(句読点あり)で、
旧芸名は「藤岡弘」(句読点なし)です。

気づいておられない人も、
多いかもしれません。

昔の武将は、一度「、」を打って決意した。
周囲に流されることなく立ち止まり自分を見つめる。

我未だ完成せず。

という意味で、
句読点を最後につけられたのだとか。

こう思われるようになったのは、
1984年に、アメリカ映画「SFソードキル」で、
侍を演じられてからだそうです。

渡された台本を読み、
外国人がイメージしている侍像が、
史実のものと全く違うものであったことに、
戸惑われた藤岡さん。

そこで、本来の侍について、
現地スタッフ達に粘り強く説明されたそうです。

その甲斐あってか、
藤岡さんが演じる侍は高く評価され、

「パリ国際ファンタスティック&SF映画祭批評家賞」を受賞、
日本人として初めて、全米映画俳優組合員となられたのでした!

ハリウッドでのご自分の立場と、
昔の侍を重ね合わせられたのでしょうね。

しかし、一方で、

「てんでダメな男」

というシャレもかけられているのだそうです(^^)

真面目一筋ではなく、
藤岡さんのユーモアのセンスが伺えますね!

コーヒー

藤岡さんは、大のコーヒー好きで、
1日5、6杯飲まれるのだとか!

富士山系の自然水を、自ら汲みに行かれ、
時間をかけて、点滴のように1滴ずつドリップし、

茶せんで十分にかき回して泡立てる、
という独自の方法で、
コーヒーを淹れられているのだとか!

「藤岡さん流コーヒーの淹れ方」ということで、
話題となっていますが、

あまり実用的ではない淹れ方から、
多くの人が、

藤岡さんはコーヒーを淹れながら、
精神統一されているのでは?

と考えているようです。

確かに、藤岡さんなら、
そういう精神統一の仕方も納得できますね。

まるで現代の侍のような藤岡さん。
しかし、バラエティ番組に出演されるなど、
お茶面な一面もおありで、
そのギャップがまた良いです♪

これからも末永いご活躍を期待したいですね。
応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ