江波杏子!女の賭場でブレイク!グラビアモデル!元旦那は?子どもは?

Sponsored Link

「銀幕のヒロイン」という言葉がぴったり似合う、女優の江波杏子(えなみ きょうこ)さん。若い頃は、日本人離れした顔立ちと、抜群のスタイルで人気を博され、70歳を過ぎた今でも、映画、テレビ、舞台で活躍されています。




親族


江波さんのひいおじいさんは、
植木職人の柴田平五郎さんと言う方で、

なんと、新選組の沖田総司が、
柴田さんの敷地内で病没したとか。

二人がどのような関係だったかは、
分かっていないそうですが、

沖田をかくまった人物とも言われていることから、
新選組と深い関係があったようですね。


母親は?


お母さんは、江波和子さんと言い、
戦前に東宝で活躍された映画女優でした。

東宝映画の「百円スター」募集に応募され、
7000人の中から選ばれて入社されたということで、
いかに美人だったかが分かるエピソードですね!

1938年、映画「牧場物語」で映画デビューを飾られ、
美人女優として注目を集められたそうです。



以降、順調に女優としてのキャリアを積まれていたようですが、
デビューからわずか1年半ほどで引退されています。

その後、結婚され、
娘である杏子さんと息子さんをもうけられましたが、

杏子さんが5歳の時、わずか26歳の若さで、
ご病気のため、亡くなっています。


女優を志す


中学に入る頃、お父さんから、
お母さんが女優だったことを聞いた江波さんは、

お母さんの仕事を継ぎたいと思い、
女優を志されたそうです。

そして、1959年、16歳の時に、
大映のオーディションを受けて入社されました。

このオーディションの時、
江波さんはまだ高校生でしたが、

年齢を1歳上にサバを読み、
お母さんが女優だったことは言わなかったそうです。


「女の賭場」でブレイク


そして、1960年、18歳の時、
映画「明日から大人だ」でデビューを果たされた後、

そのミステリアスな美貌から、
密かに人気を集められましたが、
しばらくは、脇役が続いたそうです。



しかし、そんな江波さんに、
突然運命の女神が微笑みます。

1966年、映画「女の賭場」で、
怪我のため、降板された若尾文子さんの代役として、
江波さんが主演を務められることとなったのです!

なんと、映画に出始めてから58本目にしての、
初の主役ということで、
江波さんの転機となる作品になりました。



江波さんは、この映画で、
女賭博師、大滝銀子役を演じてブレイク!

以降「女賭博師」シリーズのヒロイン、
「昇り竜のお銀」として、
大映の看板スターとなられたのでした。

このシリーズは、1971年「新女賭博師・壺ぐれ肌」まで、
全部で17作品制作されたそうで、
「座頭市」に継ぐ、大映の人気シリーズとなったのでした。


グラビアモデル!


江波さんは、日本人離れした、
エキゾチックな美貌とグラマラスなボディで、
新鋭写真家達の人気の的となられ、

1960年代から1970年代には、
グラビアモデルとしても活躍されたそうです。


左端のビキニ姿の女性が江波さん。

水着のデザインが、時代を感じさせますね(^^)


演技派女優として


そして、大映倒産後の1973年には、
映画「津軽じょんがら節」で主演を務め、

「キネマ旬報主演女優賞」を受賞されています。



この映画の成功で、
仁侠映画のヒロインの枠を超え、

以降、演技派女優として、
テレビドラマや舞台で活躍されることになります。

そんな江波さんのプライベートを中心に、
気になることについて調べてみました!


本名は?


江波さんの本名は、
野平香純(のひら かすみ)さんといいますが、

芸名は、お母さんのかつての芸名である「江波」と、
室生犀星(むろう さいせい)の、
新聞連載小説「杏っ子(あんずっこ)」が、
由来となっているそうです。




金髪にミニスカート


「女賭博師」の成功で、
大映の看板女優になられた江波さんでしたが

本当は、フランス映画のような、
現代的な映画に出たかったのだそうです。

なので、気持ちを切り替えるために、
休日は金髪にミニスカートで歩いておられたのだとか!

もちろん、映画のヒロインとしての成功は、
嬉しかったでしょうけど、
本音は、オシャレな映画に出たかったのですね~

女性らしく、かわいらしい、
江波さんの一面が伺えるエピソードですね♪


結婚は?


江波さんは独身で、
一度も結婚されたことがないようです。

ただ、1970年代に、
俳優で歌手の、萩原健一(はぎわら けんいち)さんと、
交際されていたことがあったようです。

当時、江波さんはトップ女優。

そして、萩原さんも、
グループサウンド「ザ・テンプターズ」のヴォーカルで、
沢田研二さんと人気を二分するほどの
凄まじい人気を誇っておられました。



そんなお二人は、
雑誌の対談を通して知り合われ、

なんと、江波さんの方から、
電話番号を伝えられたのだそうです!

江波さんは、当時の女性としては、
とても積極的な方だったのですね。

それほど、萩原さんは、
魅力的だったのかもしれません。

しかし、お二人は、
結婚には至りませんでした。

ちなみに、萩原さんは、
この恋愛が、女性遍歴の出発点だったようで、

その後、小泉一十三さん、いしだあゆみさん、
倍賞美津子さん(事実婚)、冨田リカさん(現在)、
と結婚されています。


子どもは?


江波さんさんを「子ども」、
で検索している方が多いようですが、

ずっと独身を貫いてこられた江波さんなので、
お子さんはいらっしゃらないと思われます。

それだけ、女優一筋で来られた、
ということかもしれません。

さて、銀幕のヒロインから、テレビの世界に転身され、
70歳を回った現在まで、第一線で活躍されている江波さん。

これからも末永いご活躍を期待したいですね。
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ