阪田マサノブ!経歴は?お笑い芸人だった!Z-BEAM!俳優として!

Sponsored Link

映画「アウトレイジ ビヨンド」や、テレビドラマ「信長協奏曲」「ストロベリーナイト」「リーガル・ハイ」など、話題作に次々と出演されている、俳優の阪田マサノブ(さかた まさのぶ)さん。独特な演技が印象的な個性派俳優ですが、もともとはお笑い芸人として活動されていました。




経歴は?お笑い芸人だった!


阪田さんは、早稲田大学第一文学部在籍中に、
「劇団東京ヴォードヴィルショー」に入団され、

1988年には、劇団の同級生だった前田真之輔さんと、
コンビ「Z-BEAM(ズ・ビーム)」を結成し、
活動されていました。

しかし、「Z-BEAM」で活動中の1989年~1990年に、
「プロダクション人力舎」に移籍、
その後、1992年に「Z-BEAM」を解散されています。


喜劇俳優からお笑い芸人へ


「劇団東京ヴォードヴィルショー」は、
1973年に、俳優の佐藤B作さんが中心となって、

「誰にでもわかりやすい軽演劇」を目的に、
旗揚げされた劇団でした。

日本の喜劇を追求されているということで、
阪田さんは、喜劇俳優を目指されていたようです。

阪田さんは、佐藤B作さんから、

「芝居の勉強のためにコントをやってみろ」

と言われたことがきっかけで、
前田さんとコンビを組まれたようです。

「Z-BEAM」の活動の詳細は、
分かりませんでしたが、
エピソードがありましたので、ご紹介します。

Z-BEAM


1989年、放送作家で作詞作曲家の、
植竹公和(うえたけ きみかず)さんが、

「新人コント大会」のオーディションに集まった新人の中から、
出演者を選考するための、
ネタチェックをされていました。

この「新人コント大会」は、
月1回、渋谷で開催されていたそうです。

植松さんによると、
「Z-BEAM」のネタを初めて見た時、

「爆笑するようなネタではなかった」

と思われたそうです。

しかし、植竹さんは、「Z-BEAM」を、
初出演では異例の、持ちネタを一本完全にやれる、
「上級者組」として、大抜擢されたのでした。



阪田さんと前田さんは、

佐藤B作さんに、芝居の勉強のために、
コントをやってみろと言われて、
2ヶ月かかって1本自信作を作ったんです。

それを劇団の顧問のある人に見せたら、
「全然おもしろくない」っていわれて。

何度手直ししても、徹底的にけなされていたそんな矢先、
いきなり、同じネタを一本ネタでやらせて貰えて、
救われた気がしました。

と、大抜擢された時の、
気持ちを語っておられました。

お笑いについて


そして、阪田さんは、
1990年当時、お笑いについて、

今のお笑いって、
プロレスに似ていると思う。

これからは、欽ちゃんや猪木みたいな、
マス的な大スターって生まれにくいと思うんですよ。

だから、プロレスはいくつかの団体に分かれて、
そこからスターを出そうとしているし、
お笑い界も、色んな場所でやる、
お笑いライブの形式が増えてくると思う。

と分析し、
テレビとお笑いの関係について、

テレビの宣伝力のすごさはよく分かります。

でも、僕らのやりたいことは、
テレビよりライブのほうが近いものができるので、
それほど必要性は感じていません。

あえて言うと、イッセー尾形さんのような、
テレビとの関わり方、理想ですね。

と、おっしゃっていました。

プロダクション人力舎に移籍、そしてZ-BEAM解散


阪田さんが、「プロダクション人力舎」に移籍された、
詳しい理由は分かりませんでしたが、

この事務所は、お笑い芸人専門、特にコントを専門としている、
コンビやグループが多いとのことなので、

より一層、芸に磨きをかけるため、
だったのかもしれません。

1990年代は、コント番組が人気で、90年代後半には、
多くの芸人が、この事務所に入られたとのことで、

「Z-BEAM」は、
その先駆け的な存在だったようです。

喜劇俳優から、
お笑い芸人になられた阪田さんですが、

1992年に、「Z-BEAM」を解散、

翌年1993年、事務所をタイタンに移籍され、
たくみふぢおさんと「ジバ(後にPART TIMEガンジーに改名)」
を結成、そして解散。



1996年には、吉見幸洋さんと「GO・JO」を結成し、
シュールで演劇風なコントをされていたようです。

そして、2006年に、
タイタンを辞められています。

「GO・JO」としての活動は、
その時点では続けられていたようですが、
いつごろか解散されているようです。


俳優として


こうして、どちらかというと、
俳優活動よりも、
お笑い活動をされていた印象の阪田さんですが、

2000年代後半に入ると、
俳優1本に絞られたのか、
テレビドラマの主演が多くなっています。

特に、2013年頃からの、
テレビドラマ出演は凄まじい数で、

2013年には、
「SPEC〜零〜」「間違われちゃった男」「相棒」
「七つの会議」「ガラスの家」「ハードナッツ!」
「確証〜警視庁捜査3課」「刑事のまなざし」・・・




2014年には、
「信長協奏曲」「ST 警視庁科学特捜班」「マルモのおきて」
「サイレント・プア」「トクボウ 警察庁特殊防犯課」・・・




2015年には、
「探偵の探偵」「ようこそ、わが家へ」
「天才探偵ミタライ〜難解事件ファイル『傘を折る女』〜」
「警部補・杉山真太郎〜吉祥寺署事件ファイル」・・・

と数多く出演されています。



演じる役柄によって、ガラッと雰囲気が変わられ、
独特の風貌は、一度見たら忘れられない阪本さん。

今後も、個性派俳優としての、
渋い演技を楽しみにしています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ