清水一希!ジュノン!ゴーカイジャー!彼女は?

Sponsored Link

情報番組「ZIP!」「ZIPファミリー」の一員として活躍中の、清水一希(しみず かずき)さん。テレビや映画だけではなく、舞台にも積極的に出演されている、甘く優しい顔立ちの若手人気俳優です。




プロフィール!


清水さんは、1990月4月24日生まれ、
東京都のご出身です。

身長は173センチ、
血液型はB型、

趣味&特技は、スポーツ、

ストレス解消法は、お酒を飲むこと、

好きな女性のタイプは、
髪が長い人、料理が上手な人、

だそうです♪


ジュノン!


清水さんは、2008年、18歳の時、
「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、
「理想の恋人賞」を受賞されたことがきっかけで、
芸能界に入られました。

清水さんに、
このコンテストを受けることを勧めたのは、

なんと、俳優の三浦翔平さんで、
清水さんの中学の先輩だったとか!

お二人は、当時から、
とても仲良くされていたのだそうです。

三浦さんも、「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、
「フォトジェニック賞」「理想の恋人賞」を受賞されていますので、
この世界でも先輩になりますね♪

清水さんは、三浦さんと食事をしながら、
将来の話をしていた中で、

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募してみたら?

と、提案されたそうですが、

最初は戸惑われたようで、

えっ! 僕なんか無理だと思いますけど・・・

と、消極的に答えられたのですが、

三浦さんから、

お前なら行けるから。

と太鼓判を押され、
応募することになったそうです。

中学の先輩と後輩が、そろって同じコンテストで受賞、
芸能界に入られるなんて、すごいですね!

芸能界へ


清水さんは、芸能界に入られて1ヶ月後に、
2009年公開の映画「ごくせん THE MOVIE」
の撮影に参加されています。



小栗旬さんの部下役ということで、
ほんのちょっとの出演だったそうですが、
実質、これが清水さんの俳優デビューとなりました。

そして、2009年、
「KEIKI~夏目漱石推理帳~」で舞台初出演。

観客席が40~50席ほどの小さな劇場で、
お客さんのほとんどが、雑誌「JUNON」の、
ファンの方だったそうです。

稽古の時間は、なんと1週間しかなく、
とてもタイトな舞台となりましたが、
ファンの方達が温かく見守ってくれたとのこと。

初めてのお芝居は、
温かい雰囲気の中で千秋楽を迎えられたようで、
清水さんは、感極まって泣いてしまったそうです。

そして、翌年の2010年には、
舞台「金色のコルダ ステラ・ミュージカル」に出演され、

その作詞、脚本、演出を担当された、
カニリカさんが立ち上げた、
俳優集団「NAKED BOYZ」に所属することに。
(2015年8月に卒業されています)


ゴーカイジャー!


2011年には、
特撮戦隊物「海賊戦隊ゴーカイジャー」で、
ドン・ドッゴイヤー/ゴーカイグリーン(声)役で、
テレビドラマ初出演を飾られています。

メンバーは全員で5人ということで、
清水さんの他に、

小澤亮太さん演じる、キャプテン・マーベラス / ゴーカイレッド(声)
山田裕貴さん演じる、ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー(声)
市道真央さん演じる、ルカ・ミルフィ / ゴーカイイエロー(声)
小池唯さん演じる、アイム・ド・ファミーユ / ゴーカイピンク(声)

です。


左から2人目の、金髪の青年が清水さん。

常に5人一緒だったこともあり、
家族のように仲良くなったそうです♪

実際、本当の家族よりも一緒にいる時間が長いわけですから、
そんな気分になるのも当然ですね。

清水さんは、戦隊物である、
「ゴーカイジャー」に出演された感想を、インタビューで、

テレビ番組は舞台や映画とは違って独特なものがありました。
ほとんど毎日の撮影で2週間に1日、
オフがあるかなといった感じでした。

戦隊ものということもあって、アフレコの他にも、
雑誌の取材やオモチャのCMの声を録音したりと、
いろいろと付随した仕事がありました。

と、語っておられました。

子どもたちのおもちゃのCMの声の録音というのは、
戦隊物ならではですね♪

3つの仕事を掛け持ち


そして、2012年には、
「NAKED BOYZ」の舞台「神☆ヴォイス」と、
映画「ビンゴ」で、それぞれ、主演を務められています。

「ビンゴ」は、「リアル鬼ごっこ」の、山田悠介さん原作の、
ホラーサスペンスの映画化ということで、
「リアル鬼ごっこ」顔負けの、背筋がぞくっとする話です。



この時、清水さんは、
「神☆ヴォイス」の舞台の稽古、
「海賊戦隊ゴーカイジャー」のファイナル・ライブ・ツアー、

と、3つの仕事が重なり、
とてもハードなスケジュールだったとか。

それだけでなく、
映画では恐怖を演じ、

戦隊ショーでは、子どもたちの前で、
明るく振る舞わないといけないので、

その切替が大変だったそうです。

清水さんは、
その時のことをインタビューで、

過密スケジュールの寝不足と、
アクションショーでの筋肉痛と青アザ、
「神☆ヴォイス」の慣れないダンスと、肉体的にも追い込まれました。

それを乗り越えて、
舞台だけになった時にはホッとしました。

と語っておられました。

3つの仕事を掛け持ちされ、大変だっただけに、
それを乗り越えた充実感が伺えますね。

2014年には、
舞台「泣いてたまるか!!いのちのしるし」で、
座長を務められ、俳優として大きく成長したと語る、清水さん。

同じく、2014年、「地獄先生ぬ~べ~」
2015年「黒服物語」「恋仲」

と、テレビドラマにも、
立て続けに出演されています。



彼女は?


気になる清水さんの熱愛のお相手ですが、
今のところ、そのような報道はないようです。

以前、「海賊戦隊ゴーカイジャー」で共演された、
ゴーカイピンク役の小池唯さんと、
うわさになったことがあったそうですが、

デート現場などの目撃情報などはなく、
あくまでうわさの域を出なかったようです。



そして、熱愛のうわさではありませんが、
映画「ビンゴ」で共演された、AKB48の松井咲子さんが、

「海賊戦隊ゴーカイジャー」で清水さん演じる、
ゴーカイグリーンのファンだったということで、

松井さんは、ゴーカイジャーのショーに行きたいと、
清水さんと連絡先を交換されたようですが、

清水さんに、松井さんから連絡がきたのは、
その半年後で、

映画「ビンゴ」の舞台あいさつの前日だったとか!

お久しぶりです。明日、よろしくお願いしますね。

というような連絡だったそうです(^^;)

松井さんは、恋愛禁止という鉄の掟がある、
AKBのメンバーなので、

清水さんと、仲良くなりすぎて、
熱愛のうわさをたてられることを危惧されたのかもしれませんね。

さて、清水さんも、今は、
恋愛よりも、お仕事中心に頑張っておられるご様子。

これからのご活躍が楽しみですね。
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ