八千草薫!年齢は?身長は?宝塚!夫は?子どもは?

Sponsored Link

宝塚歌劇団出身の女優、八千草薫(やちぐさ かおる)さん。若い頃は可憐な容姿で人気を集め、おっとりとした上品な立ち振舞から、良妻賢母の役を多く演じられています。




プロフィール!


八千草さんは、1931年1月6日生まれ、
大阪府大阪市天王寺のご出身です。

身長は154センチ、
星座はやぎ座、
血液型はO型、

だそうです♪


少女時代


八千草さんは、幼いころは体が弱く、
すぐに病気になってしまい、
週に1,2日は学校を休んでいたそうです。

小学校時代は、3ヶ月学校を休まれ、
静養のため、空気のきれいな兵庫県の六甲にある、
おじいさんとおばあさんのもとに、
預けられたこともあったそうです。

そんな八千草さんですが、高校在学中、
新聞広告で宝塚歌劇団、音楽学校の、
生徒募集を見つけ、受験されています。

その理由を、八千草さんは、

戦争が終わっても暗い時代でね。
キラキラとした華やかなものにあこがれたんです。

と語っておられました。

そして、小学校の頃、
おばあさんが買っていた、宝塚の専門誌の、
春日野八千代さんを見て、

「こんな美しい人がいるのか」

と感銘を受けられたことも、
宝塚を受験されたもう一つの理由だったそうです。

宝塚に入団


そして、八千草さんは、
宝塚音楽学校に、見事、一発で合格。
入団後は、清純派の娘役として活躍されます。

入団当初は「分福茶釜」のタヌキなど、
コミカルな役を演じることが多かったそうですが、

1952年、「源氏物語」の初演で、
紫の上の少女時代である、若紫を演じられると、

その可憐で無垢な姿が光り、
八千草さんはたちまちブレイク!



それ以降も、美貌の清純派娘役を多く演じられ、
宝塚の一時代を築いたと言われています。

1952年に劇団内に新たに設立された、
映画専科にも所属され、
東宝映画などの外部出演もこなされていたそうです。

八千草さんは宝塚時代を振り返り、

宝塚に入って強くなったと思います。
体も、心も。

クタクタになりながら本当に頑張った。
いろいろなものを宝塚から頂いたと思っています。

と語っておられました。

憧れだった、当時、男役トップスターの、
春日野八千代さんの相手役を、
務められたこともあったそうなので、
八千草さんの素晴らしさが分かりますね。

その後、1957年、
八千草さんは宝塚歌劇団を退団。

退団後は、女優として活躍され、
おっとりとした良妻賢母役がはまり役となられました。

夫は?子どもは?


女優として活躍される一方で、
八千草さんは、1957年、
映画監督の谷口千吉さんと結婚されています。



谷口監督は、「芸術の黒澤、娯楽の谷口」
と言われるほどの名監督で、

アクション、文芸作品、コメディ作品などを、
多く残されています。

そして、三船敏郎さんを、
見出された人としても有名です。

ご自分の作品のイメージにぴったりだった、
当時カメラマン志望の三船さんを口説き落とし、
俳優デビューさせたのだそうです。



その後、三船さんは、
日本を代表する映画スターとして、

世界的にも有名になられているので、
谷口監督の眼力の鋭さが分かりますね。


出会い


そんなお二人は、1956年、
映画「乱菊物語」で一緒に仕事をされたことが、
きっかけで、知り合われたそうです。

この映画は、谷崎潤一郎の未完小説を、
谷口監督が映画化した作品で、
八千草さんは「陽炎」役で出演されたのでした。



八千草さんは、谷口監督のことを、

それまで監督は偉い人だからと緊張し、
ほぼ話はできなかった。

でも主人のときは、本当に楽しくてね。
現場はユーモラスな会話が飛び交い、
いつも笑っていた。

主人は話し上手で明るい人。
私のファンの方も、
主人と話すと彼のファンになってしまう。

と、明かしておられました。

おしどり夫婦として


当初、この結婚は、
八千草さんと谷口監督が、
親子ほど年が離れていたことと、

谷口監督が3度目の結婚だったことで、
特に、八千草さんのお母さんは、
結婚に猛反対されたそうですが、

そんな周囲の不安をよそに、
お二人はおしどり夫婦と呼ばれるほど
仲が良かったのだとか。

谷口監督は、1975年以降は、作品を残さず、
表立った活動はされていませんでしたが、

65歳で自動車免許を取得され、
85歳まで、車で、
八千草さんの送り迎えをされていたそうです。



そして、90歳頃からは、
車いすが必要な状態になられましたが、

お二人の絆は変わらず、
2007年、結婚50年目に、
谷口監督が95歳で亡くなるまで連れ添われたそうです。

二人の間に、お子さんはいらっしゃらないそうですが、
その分、長くお二人だけの時間が持てたことも、
幸せなことだったでしょうね。

さて、そんな八千草さんも、
2016年現在で、85歳。

しかし、結婚後、ご主人の趣味につきあって始められた、
山歩きを続けておられるとのことで、
現在もとてもお元気なのだそうです。

自然がお好きだそうで、
いつもそれを見ながら歩いていることも、
元気の秘訣なのだとか。

そして、庭に蛇がひょっこり現れても、
うれしいと感じるのだそうです。

自然を愛する、やさしい八千草さんのお人柄が
垣間見えるエピソードですね。

これからもお体を労りつつ、
末永くご活躍してほしいですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ