稲葉友!身長は?ジュノンボーイ!仮面ライダーマッハ!

Sponsored Link

若手イケメン俳優の稲葉友(いなば ゆう)さん。「仮面ライダードライブ」でブレイクされ、テレビや映画はもちろん、舞台も数多くこなされ、着実に俳優としてのキャリアを積まれています。




プロフィール!


稲葉さんは、1993年1月12日生まれ、
神奈川県相模原市のご出身です。

身長は175センチ、
血液型はA型、

趣味は、野球、バスケットボール、
ハンドボール、筋トレ、バンド、

特技は、逆立ち、歌、

だそうです♪


ジュノンボーイ


稲葉さんは、2009年、高校2年生の時、
「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、
グランプリを受賞され、芸能界に入られました。



なんと、このコンテストにおける、
史上最多の応募総数1万5491人の中から、
グランプリに選ばれたそうです!


初仕事


稲葉さんが、グランプリ受賞後、
初めての仕事となったのは、

ハリウッドのファンタジー映画、
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
の日本語吹き替えです。



稲葉さんは、アフレコの時、とても緊張され、
写真撮影の時も、表情がとても硬かったようです。

その時のことを、

とても緊張しました。
演技もやったことがないので、不安も大きかった。

とおっしゃっていました。

この日、稲葉さんは、
焼肉屋のアルバイトを休んで来られたそうで、
普通の高校生っぽさが初々しいですね♪

今地元の仲間とバンドをやっているので、
音楽活動をやっていきたいし、役者にも挑戦したい。
まだ(方向性は)わかってないです。

と今後の抱負について語っておられました。

俳優デビュー


そして、2010年、
稲葉さんの目標のうちの一つが、早くも現実化され、

テレビドラマ「クローン ベイビー」の、
小津悟志役で、俳優デビューされます。


左から、滝裕可里さん、稲葉さん、市川知宏さん。

このドラマには、

「ここからブレイクしていこう」

というコンセプトがあったそうで、

現場には、若い出演者やスタッフが多く集まり、
そのおかげで、すごく活気があり、
良い雰囲気だったことから、

自分はとても恵まれているな、
と感謝されたのだそうです。

そして、演技や現場について、
何も分かっていない状態での参加でしたが、

演技の楽しさや、難しさ、
奥深さを感じることができたのだとか。

緊張の連続


そんな恵まれた環境での初仕事となったわけですが、
稲葉さんは、後からご自分の演技を見て、
硬いな、と思われたそうで、

顔がガチガチにひきつっていくのが、
自分でも分かるほど、
カメラの前に立つと、緊張してしまったのだとか。

そのうえ、出演シーンを途切れ途切れに撮影すると、
気持ちを作るのに、時間がかかってしまったそうです。

逆に1日に連続して出演シーンを撮っていると、
どんどん調子が出てきて、いい感じになれたのだとか。

初めての出演で、
ご自分のことを、とても客観的に、
そして的確に見ておられることに驚きますね。


真田十勇士


翌年の2011年には、
舞台「真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~」で、
初舞台、初主演に抜擢されています。

時代は、大阪城が攻め滅ぼされる、
3年前のこと。

武将、真田幸村(忍成修吾さん)を中心に、
稲葉さん演じる猿飛佐助ら十勇士が、
命がけで戦う様子を描いた物語ということで、



稲葉さんは、舞台にかける意気込みを、

初舞台で初主演をやらせてもらうのはどえらいこと。
この舞台で何かを掴みたいし、
自分にしか出せない若さと勢いで、みなさんを引っ張っていきたい。

と語っておられました。

ご家族や親戚も見に来られるということで、

本番中に両親とか見つけないようにしなきゃ。

と、ユーモアを交えつつ答えられていましたが、
余計に気合が入られたことでしょうね。

稲葉さんは、このサブタイトルにある、
「守りたいもの」についての質問に、

今はいろんなことを恐がらずにやっていけたら。
今の僕には守るものはありません!

と、とてもエネルギーに満ち溢れた、
回答をされていました。

仮面ライダーマッハ!


そして、2014年には、
特撮ヒーロー物「仮面ライダードライブ」に出演され、
詩島剛/ 仮面ライダーマッハ(声)役を演じられています。

稲葉さんの仮面ライダーの思い出は、
幼稚園の頃だそうで、

最初の「仮面ライダー」は、
ビデオで見ておられたのだとか。

そして、小学校の頃、
「仮面ライダークウガ」の放送が始まったそうですが、

当時の稲葉さんにとっては、
まだ、怖く映ったそうで、

「仮面ライダー」シリーズよりも、
「スーパー戦隊」シリーズの方をよく見ておられたそうです。



どちらかと言うと、苦手だった仮面ライダーですが、
実は、この「仮面ライダードライブ」出演以前にも、

毎年、仮面ライダーのオーディションを受けておられ、
最終選考まで残ったこともあったそうですが、
出演には至らなかったようです。

そして今回、稲葉さんを、
詩島剛役に抜擢した、チーフプロデューサーは、

その頃より、芝居的にも人間的にも成長していた。

とおっしゃっていました。

稲葉さんは、いろいろなものをグングン吸収して、
俳優として急成長されている真っ最中なのです!

今後、どのような俳優になっていかれるのか、
とても楽しみですね♪
これからの稲葉さんからは目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ