ちすん!プロフィール!パッチギ!朝ドラ!マッサン!スカッとジャパン!

Sponsored Link

吉本興業の舞台を経て、映画やドラマで活躍されている、女優のちすんさん。その確かな演技力で、美人ながら演技派女優の地位を確立されています。




プロフィール!


ちすんさんは、1982年11月3日生まれ、
大阪府のご出身です。

本名は、金智順(キム・ヂスン)さん、

身長169センチ、
スリーサイズは、上から78-60-80、

血液型はO型、
星座はさそり座、

趣味は、
裁縫、ヨガ、クラシックバレエ、韓国舞踊、

だそうです♪


芸名?


ちすんさんは、当初は、
本名の金智順(キム・ヂスン)で活動されていましたが、

2005年に、名義を、
現在の「ちすん」に改名されています。

ちすんさんはその理由を、

名前が気に入っていたし、
広くみんなに名前を知ってもらいたいので、
ひらがなにした。

と語っておられました。

スカウトで芸能界入り


ちすんさんは、
幼い時から、民族学校に通われ、
大阪朝鮮高等学校に進学されているのですが、

高校卒業間近に、
たまたま出演していたバレエ公演を、
吉本興業の関係者が見ておられ、

劇団「よしもとザ・ブロードキャストショウ」
(現在は「ザ・ブロードキャストショウ」)に、
スカウトされたのだそうです。

ちすんさんは入団を決意され、
吉本の舞台に出演されるようになったのでした。

吉本と聞くと、吉本新喜劇のような、
コメディをイメージしてしまいますが、

「ザ・ブロードキャストショウ」は、
いろいろなジャンルのお芝居をされているのだそうです。


ドラマデビュー


そして、2003年、ちすんさんは、
特撮ドラマ「超星神グランセイザー」に、

グランセイザーの敵、インパクター・ルシア役で出演され、
ドラマデビューを果たされています。

インパクター・ルシアは、
誇り高い、女戦士役ということで、

ちすんさんのきりっとした表情と、
とてもマッチしていましたね。



翌年の2004年には、
映画「血と骨」に出演されていますが、

クレジットに、ちすんさんの名義がないことから、
ほんのちょっとした役だったのだと思われます。

これは、1930年代の大阪を舞台に、
主人公である、金俊平(きむ しゅんぺい)の、
暴力と強欲にまみれた生き様を、赤裸々に描いた作品で、
ビートたけしさんが主演を務められています。


パッチギ!


2005年には、
映画「パッチギ!」に、シルサ役で出演。

ちすんさんは、
この映画に出演されたことを、

「パッチギ!」の撮影に参加して、
スタッフが在日のことを理解しようとしながら、
作品を作っている現場を肌で感じて、
とても開かれた気持ちになった。

と、語っておられました。



さらに、

私達の存在は複雑だし、
いまも在日としての生き方については考え続けている。

だからもし、あなたの故郷はと聞かれたら、
韓国でも日本でもなく、
在日としての大阪でしょうか、と答える。

と、複雑な心境を語っておられました。

朝ドラ!


この2005年には、
その他にも、

「着信アリ2」で、 内山まどか 役
「メールで届いた物語『アボカド納豆。』」で、大沢恵美 役
「奇談」で、赤沼静江 役

と、多くの映画に出演され、

テレビドラマでも、
NHK朝の連続テレビ小説「風のハルカ」で、
深田亜津子役を演じ、
一躍、知名度を上げられました。



深田亜津子は、ヒロインのハルカ(村川絵梨さん)が勤務する、
大阪の旅行会社「そよ風ツーリスト」の先輩社員で、

ハルカの入社直後は辛くあたりますが、
後に、ハルカの大阪の友人となるという役どころで、

ちすんさんに、
とてもぴったりな役柄でした。

ちすんさんは当初、主人公の敵役や、ライバル役など、
気の強い女性の役を多く演じておられましたが、

近年では、様々な役を演じておられますので、
いくつかご紹介したいと思います。


マッサン!


ちすんさんは、2015年にも、
NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」に、
桃子役で出演されています。



桃子は、主人公の亀山政春&エリー夫婦が住む、
長屋のご近所さんで、エリーの良き相談相手、

といった役どころで、
とても気の良いお姉さんを好演しておられました。


スカッとジャパン!


そして、バラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」では、
姑にいびられる嫁の役で出演されています。

夫のお給料だけでは生活が苦しいため、
夫の実家で暮らす嫁は、

やることすべて、姑に暴言を吐かれ、
毎日、虐げられて暮らしています。

それでも、夫を支えようと頑張る、
ちすんさんの姿が、健気でかわいいと、
ネット上で話題となったようです。

ちなみにこのストーリーの結末は、
息子が母親に、はっきりと嫁に対する気持ちを明かし、

いびるのを辞めるように言って、
無事スカッとしたエンディングになっています♪


スキャナー


2016年4月公開予定の、映画「スキャナー」では、
美しく妖艶な音楽教師、伊藤忍役を演じられます。

ちすんさんはこの役について、

とてもミステリアスな存在なので、
演じるのが楽しそうだなと思いました。

監督からは、
「背筋を伸ばしもっと胸を張って!」と言われました。

「凛とした女性」、そして、
「なんだか不思議な女性」に映っていると、
いいなぁと思っています。

と、語っておられました。

このように、気のいい近所のお姉さんの役、
姑に虐げられる役、ミステリアスな女性の役、
と様々な役柄を見事に演じ分けておられますね。

さて、2016年4月放送開始のテレビドラマ、
「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」
では、三好こず恵役を演じられる、ちすんさん。

野村梨花(大政絢さん)の同僚の看護師役ということで、
ちすんさんが、どのように、
この役を演じられるのか、楽しみですね。

今後も、ちすんさんからは、
目が離せそうにありません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ