片岡礼子!プロフィール!病気は?原因は?映画で復帰!

Sponsored Link

女優の片岡礼子(かたおか れいこ)さん。20代の頃は、官能的な役やアクションシーンなどを得意とし、数々の映画賞を受賞されましたが、復帰後の「帰郷」以降は、繊細な役も演じられ、近年では、「相棒」「セカンド・ラブ」「植物男子ベランダー SEASON2」など、話題のドラマにも数多く出演されています。




プロフィール!


片岡さんは、1971年12月20日生まれ、
愛媛県伊予郡松前町のご出身です。

身長は160センチ、

出身高校は、
愛媛県立伊予高等学校、

出身大学は、
明星大学理工学部土木工学科、

だそうです♪


2足のわらじで女優を目指す


片岡さんは、幼い頃から、
女優を目指されていたそうです。

しかし、ご両親の意向と、ご自分でも、
女優の道一本に絞ることに不安があったこともあり、

大学に進学され、土木を学びながら、
女優を目指されたのでした。

片岡さんはご両親と、

四年間で(女優としての)チャンスをつかめなければ、
土木の勉強を生かして愛媛に帰って就職する。

という約束をされたため、
入学式の時には、
強い切迫感があったそうです。

芸能界入り


そんな片岡さんは、
1991年、大学在学中に、

民社党の「4代目キャンペーン・キャラクター」に選ばれ、
さらに、女子大生モデルとして、
「週刊朝日」の表紙を飾られたのでした。



詳しい経緯は分かりませんでしたが、
オーディションを受けるなどの、
芸能活動をされていたのでしょうね。


芸能界への足がかりを掴まれ、


そして、1993年には、
映画「二十才の微熱」で、
女優デビューを果たされ、

翌年の1994年には、
映画「愛の新世界」で、
日本映画初のヘアヌードを披露し、
体を張った演技で注目を集められます。

また、1995年には、
映画「KAMIKAZE TAXI」で、
「第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞」を、

1997年の映画「鬼火」では、
「第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞」を、
それぞれ、受賞されています。


「鬼火」より。片岡さんと原田芳雄さん。

さらに、2001年の映画「ハッシュ!」では、
「第24回ブルーリボン賞主演女優賞」
「キネマ旬報賞」を受賞され、

実力派女優としての地位を、
確かなものにされています。


病気


片岡さんは、プライベートでも、
結婚、出産をご経験されるなど、
順風満帆の人生を歩んでおられましたが、

2002年、
舞台での稽古中に突然倒れられ、

都内の病院に入院されるという、
不運に見舞われます。

病名は「脳動静脈奇形血管出血」ということで、
「脳出血」の一種だったそうです。


原因は?


片岡さんによると、
ちょうど、お子さんを出産して、
2年くらい経った時から、

睡眠時間を削って、
お仕事をされていたそうです。

昼間は、家事や育児をこなされ、
夜中、家族が寝静まった後に、
仕事のための本を読む、

という生活を繰り返していたそうで、
慢性的な睡眠不足に陥り、
頭痛に悩まされるようになったそうです。

しかし、片岡さんは、
睡眠不足は、子どもが小さいと当たり前のこと、
と不摂生をしている感覚は、
特に感じておられなかったとのことで、

病院には行かず、
市販の薬でごまかされていたのでした。


突然倒れる


そんなある日、舞台が決まり、
意気込んでおられた翌日に、
倒れられたのでした。

自分では何が起きたのか分からず、
気が付くと頭が痛くて、
稽古場のベッドの上で寝ている状態だったそうです。

しばらく休んでいると、
なんとか歩けそうだったので、
帰宅しようとしましたが、

心配したスタッフの方が、
病院に連れて行ってくれ、
検査の結果、脳出血だと分かったのでした。


退院後


一時は、生死をさまようような状態になるも、
手術は成功し、無事、退院されたのですが、

片岡さんは、その後、
舞台を降板してしまったことに対する、
自責の念に駆られ、

さらに、女優復帰に向けても、
焦っておられたそうです。

そんな片岡さんを、ご主人が心配され、
このままではダメだと、
東京を離れ、ご主人の実家がある、
四国の島に帰ることを決断されたのだそうです。

そのため、ご主人も、
東京での仕事を辞められたというから、
すごい決断ですね。

片岡さんは四国での生活について、

四国では半農半業の生活をしていたのですが、
草引きがリハビリに効果的で、

普段動かさない筋肉を使ったりして、
徐々に身体も回復してきたんです。

しかも穫れた物のおいしいことおいしいこと(笑)。

自然の空気とリハビリと、
おいしいご飯で身体は順調に回復していきました。

と、語っておられました。

やはり、家族の力は大きいですね。
順調に回復されて、本当に良かったです。

映画で復帰!


そして、片岡さんが、
四国に帰られて2年が経ったとき、
映画「帰郷」への出演依頼があったそうです。

その映画で、利重剛さんが、
手がけられた脚本が送られてきて、

そちらに帰っている事情も知っているけれど、
もし読んでみて、やろうという気持ちがあるのだったら、
ぜひやりませんか?

と、直々にオファーが!

利重さんは、片岡さんに会いに、
四国まで訪ねて来られたそうで、

片岡さんは、そのお気持ちが、
本当に嬉しかったそうです。


主演の西島秀俊さんと片岡さん。

しかし、自分に自信を失ってしまい、
他に心配事がたくさんあったので、
とても迷われたそうです。

そこで、思い切って、
ご家族に相談してみたところ、

脚本が素晴らしいので、
これは絶対にやるべき、という答えが。

片岡さんは、その時のことを振り返り、

それで最終的に、
お引き受けさせていただくことになったんです。

もしあのときに、
利重さんが声をかけてくださらなかったら、

そして、家族の後押しがなかったら、
今の自分はいなかったと思いますね。

と、語っておられました。

さて、2016年2月からスタートしている、
ドラマ「スペシャリスト」の第5話では、
小宮山月子役を演じられている片岡さん。

大病を経て、女優業復帰後、
10年が経ちましたが、

これからも、お体には気をつけつつ、
演技派女優として、
素晴らしい演技を見せ続けてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ