廣田あいか!身長は?私立恵比寿中学!鉄道!地声?

Sponsored Link

女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー、廣田あいか(ひろた あいか)さん。特徴的なアニメ声が魅力で、鉄道アニマとしても注目を集めています。




プロフィール!


廣田さんは、1999年1月31日生まれ、
埼玉県のご出身です。

身長160センチ、
血液型A型、

趣味は鉄道で、
鉄道の内装デザインもお好きだとか。

そのほか、詩を書くこと、
地図を見ること、ラジコンもお好きだそうです。

特技は、
ヒップホップダンス、片手ロンダード、
目のリレー、

好きな食べものは、
鮭の皮、わらびもち、アイスクリーム、

嫌いな食べものは、
玉ねぎの芯、

だそうです♪


オーディションに合格


廣田さんは、6歳の時、
子役として、ドラマに出演されていましたが、
一度、活動を断念されているようです。

その理由は分かりませんでしたが、
その後、2010年、11歳の時、

「スターダストプロモーション
芸能3部101人目を探せ!オーディション」

を受けて、合格。

現在の事務所「スターダストプロモーション」に、
所属されました。


オーディションでは?


廣田さんは、ゼロから、
スタートしたかったとのことで、

履歴書には、経歴など、
何も書かずに応募されたのだとか。

そして、オーディションでは、
絢香さんの「愛を歌おう」を歌われたそうです。

さらに、得意のダンスを、
アピールする場がなかったことから、

ご自分のダンスを撮影したビデオを、
審査員に無理やり渡されたのだとか!

そんなガッツが実を結んで、
合格となられたのでしょうね♪


私立恵比寿中学に転入


そして、同年、廣田さんは、
女性アイドルグループ「私立恵比寿中学」
に転入(加入)されています。

「私立恵比寿中学」は、2009年に、
「ももいろクローバーZ」の妹分として結成され、

「永遠に中学生」

というコンセプトのもと、活動しています。

現在のメンバーは、

廣田さんの他に、真山りかさん、
安本彩花さん、星名美怜さん、松野莉奈さん、
柏木ひなたさん、小林歌穂さん、中山莉子さん

で、短期間の間にメンバーの入れ替わりがあり、
この8人に落ち着いたようです。



ちなみに、廣田さんは、
出席番号が6番で、

グループの中では、
マスコット的な存在なのだそうです♪

出演作


それでは、ここで、
廣田さんの出演作品をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

2005年 愛の劇場「聞かせてよ愛の言葉を」

その他のテレビ番組では、

2008年「ファイテンション☆テレビ」
2009年「ペケ×ポン」
2011年「その顔が見てみたい」
2012年~2016年「タモリ倶楽部」



2013年「俳句さく咲く!」
2014年「魁!音楽番付」
2015年「NHK俳句」「SMAP×SMAP」「おじゃMAP!!」
     「スクール革命!」(VTR出演)
     「中居正広のミになる図書館」
     「鉄道生バラエティ あさテツ」
     「教科書に載せきれないニッポンのナゼ?」
     「鉄道バラエティ のってけ天国!
      ~9割の人が知らない鉄道のウラ技&穴場51連発」




映画では、

2015年「騒音」
     「たまこちゃんとコックボー」

     


ラジオ番組では、

2011年 水曜JUNK「山里亮太の不毛な議論」
2014年 ヒャダインのガルポプ!
      「私立恵比寿中学 廣田あいかが語るガールズポップス」

と、タレント活動が、
中心となっているようです。


鉄道!


廣田さんは、鉄道関係の番組に、
多く出演されていることからも分かる通り、

女性にしては珍しく、
鉄道マニアなのだそうです。

廣田さんは、
鉄道にハマったきっかけについて、

幼い頃から地図が好きで、
電車に乗る時は必ず、
路線図を持って乗っていることが多くて、

自分で路線図を見ながら、
こう乗り換えていくのかな?とか、
小さいながら考えるのが凄く好きでした。

そこから電車の先頭に被りついたり、
くっつくことが増えていって、
気づいたら電車が好きだったんだなという感じです。
と、語っておられました。

2015年には、鉄道好きが高じて、
DVDブック「AIAI RAILWAY TRIP」
まで発売されています。



このDVDブックの中では、
大阪市と堺市間を走る路面電車、
「阪堺電気軌道」で、

昭和3年製造の「モ166号」に乗って、
恵美須町から浜寺駅前まで行かれたご様子が、
紹介されています。

さらに、車庫では、
車両の洗浄をされるなど、
とてもレアな体験をされたのだとか。

廣田さんは、そのことについて、

私は洗車が凄く大好きで、
電車に乗らせて頂きながら洗車をしたり、

トラバーサーという、
車両を移動させる機械があるんですけど、

それに特別に乗らせて頂いたりして、
凄く嬉しかったです。

あと昭和3年に作られた、
とても古い電車を貸切させて頂いて、
全部の路線を乗ることができました!

と、喜びのコメントをされていました。

大好きな鉄道を、
お仕事の一環としてできるなんて、
素晴らしいことですね♪

地声?


そんな廣田さんの声は、
特徴的なアニメ声で、

この声が地声なのかどうか、ということが、
ネット上で話題となっているようです。

ただ、歌の時は、
低い声も出るとのことなので、
地声は低いのかもしれませんね。

ところで、「私立恵比寿中学」
「ミュージックステーション」に出演された時、

「SMAP」中居正広さんの表情が、
ネット上で話題となりました。

というのも、タモリさんとのトークで、
廣田さんが話し始めると、

廣田さんの声に、共演者が、
驚きのあまり、ざわつかれたのですが、

中居さんだけは、廣田さんの後頭部を、
凝視する状態で固まってしまい、

ポカンとした顔が、
テレビに映しだされたのでした(^^)



その後、廣田さんは、
「中居正広のミになる図書館」にも出演されており、

ここでは、劇団ひとりさんに、
地声の低さをカミングアウトされそうになるところを、
中居さんに助けられています(^^;)

さて、2016年4月から始まる、
テレビドラマ「昼のセント酒」では、
OL遠藤早苗役を演じられる廣田さん。

本作がテレビドラマ2作品目、
しかも、断念した子役の時以来の出演ということで、
相当、気合が入っていることでしょう。

アイドルの廣田さんが、
どのように、OLを演じられるのか、
とても興味深いですね。

やはり、低い声でいくのでしょうか?
それとも、アニメ声のままOL?

廣田さんと共に、
このドラマ注目です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ