山野海!プロフィール!劇団ふくふくや!小泉今日子と?日の本一の大悪党!

Sponsored Link

劇団「ふくふくや」の主宰をされている、女優の山野海(やまの うみ)さん。舞台を中心に活動し、近年はテレビドラマや映画にも出演されています。




プロフィール


山野さんは1965年9月16日生まれ、
東京都新橋のご出身です。

身長163センチ、
血液型はO型、

特技は、
日舞(藤間流)、三味線(千本流)、

出身校は、桜田小学校?!
(山野さんのブログにはそう書いてありました(^^;))

だそうです♪


経歴


山野さんは4歳から、
子役として活動を始め、

1985年、19歳の時、
「激弾B級」(現在の激弾BKYU)に所属した後、

1999年、劇団「ふくふくや」を旗揚げされ、
看板女優として、全公演に出演されています。

さらに、「竹田新」名義で、
劇団「ふくふくや」全作品の、
脚本も手がけられています。

近年は、映像作品にも、
積極的に参加され、

2009年「救命病棟24時」
2012年「もう一度君に、プロポーズ」



2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」
2014年「女はそれを許さない」
2016年「わたしを離さないで」



など、話題作に出演されています。


劇団「ふくふくや」


山野さんは、1999年、
劇団「ふくふくや」を設立され、

東京、下北沢を中心に、
活動を続けておられます。

毎回ゲストを迎え、
「昭和30年代の東京の下町を題材にした作品」や、
「30~40代の男と女の物語」を中心に、

笑って泣ける人情喜劇が多いのが、
この劇団の特徴で、

山野さんご自身が、まさにその時代に、
子ども時代を送られたこともあり、

古き良き時代の日本を、
ありのままに表現されているようです。


テキ屋の子供


しかし、2015年7月に上演された、
第16回公演「テキ屋の子供」では、

ゲストを呼ばずに、
山野さんの世界観をよく理解した、
劇団員だけでされたそうで、

山野さんは、この作品について、

主人公はバナナの叩き売り。
決して知識層ではなく大学も出ていないし、

今みたいに、ネットがあるわけでもないから社会も狭い。
だけど、戦後のあの混乱期の中から、
生き抜いてきたわけで、

パワフルだし馬力もある。
彼らには「生きる力」があるんですよ。

それは勉強して学んだことではなく、
もっと動物的というか直感的なもの。

あの時代特有の、戦争の最中で生きるための、
経験値として身につけた野生の勘みたいなものです。

それを今回も描きいたいし、
やりたいと思っています。

と、語っておられました。



とは言っても、
山野さんご自身は、この作品を通して、
今の世の中に物を申したいわけではなく、

ただ、この時代の下町が好きで、
江戸弁がしゃべりたいだけなのだそう(^^)

そんな肩肘張らない、自然なところが、
お芝居をよりリアルにしているのですが、

それには、劇団員のお芝居が、
とても重要なのだとか。

山野さんは、

特に私たちはいい年をした、
オジさんオバさんばかり。

お芝居って、
大人じゃないとつまらないんですよ。

悲しみひとつとっても、
そこにはいろんな感情がない混ぜになっていて、
それは経験を積まないと分からない。

年をとることで、
芝居が何層にも深まるんです。

それをお客さんが自分の視点で、
どこからでも、どうとでも、
切り取ることができるのが、
舞台の面白さだと思うんですよね。

と、語っておられました。

確かに、人生経験を積んでこそ、
つまり、酸い甘いを経験してこそ、

本当の意味で、観客を魅了するお芝居が、
できるのかもしれませんね。

小泉今日子と?


また、2014年には、
第15回公演「フタゴの女」で、

小泉今日子さんを客員に迎え、
さらに、脚本を、
小泉さんと共同で執筆されています。

この「フタゴの女」は、
昭和30年代ではなく、現代劇で、

高知の漁師町に生まれた、
可愛い双子の姉妹が、

14歳の時に、
大切な物を海に忘れてきてしまい、

それを探しているうち、
二人は離れ離れになって、
いつしか双子であることも忘れてしまう・・・

というストーリー。



山野さんご自身も、
まさか、あの「キョンキョン」が、
下北沢の駅前劇場に立つなんて・・・

嘘でしょ?
と思っておられたぐらいなので、

やはり、どうしても、
小泉さんが出演されるということだけが、
クローズアップされがちなのですが、

山野さんと小泉さんの、
思いが詰まった物語となっているそうなので、

内容的にも、かなり、
一押しの作品となっているようです。


日の本一の大悪党


山野さんは、2016年にも、
小泉さんと共演されており、

小泉さんが、初めて企画製作と演出をされた、
舞台「日の本一の大悪党」で脚本を担当、
役者としても出演されています。


小泉今日子さんと山野さん。

「四谷怪談」の話に着想を得たこの作品では、
普遍的な愛が描かれているとのことで、

小泉さんは、「明後日」という、
新プロジェクトを立ち上げられ、

遠い未来ではなく、
明後日くらいの未来を目指して、

仲間たちと一緒に、
何が出来るか模索していきます。

舞台、映像、音楽、出版、ジャンルに捉われず、
私達らしい企画を考えていきたいと思っています。

と、コメントされており、

「仲間たちと一緒に」ということなので、
今後も、山野さんと小泉さんの絡みが、
見れそうですね♪

さて、2016年4月から始まる、
テレビドラマ「まかない荘」では、
市野礼子役を演じられる山野さん。

見ていて温かい気持ちになるドラマということで、
福々しい山野さんにぴったり。

この春、山野さんを見て、
ほっこりするのもいいかも♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ