宮本信子!プロフィール!あまちゃん!夫は?子どもは?

Sponsored Link

映画「マルサの女」「ミンボーの女」など、伊丹十三監督の映画で、個性的なオバサンの役を多く演じ人気を博した、女優の宮本信子(みやもと のぶこ)さん。しばらく芸能活動を控えられていましたが、2013年「あまちゃん」「夏ばっぱ」役で再び注目を集めました。




プロフィール!


宮本さんは、1945年3月27日生まれ、
北海道のご出身です。

身長156センチ、
血液型はO型、

靴のサイズは23センチ、
服のサイズは7号、

趣味は、
小唄、ジャズダンス、

出身高校は、愛知淑徳高校、

だそうです♪


経歴


宮本さんは、1963年、
「文学座付属演劇研究所」に入所されますが、
翌年の1964年に退所。

同年、劇団「青芸」に入団し、
「三日月の影」で初舞台を踏まれますが、
またも退団。

そして、劇団「青俳」に入団すると、
1967年、「地の群れ」「神通川」などに、
出演するなど、キャリアを積まれ、
1972年に劇団「青俳」も退団。

その後は、
フリーとして活動され、

1970年代はテレビドラマの脇役を、
多く演じられていましたが、

1984年に主演された、
映画「お葬式」が大ヒット!


「お葬式」より、山崎努さんと宮本さん。

この映画は、宮本さんの夫、
伊丹十三さんの監督作品なのですが、

この映画を皮切りに、
伊丹作品にすべて出演され、

1988年「マルサの女」では、

「シカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞」
「日本アカデミー最優秀主演女優賞」
「キネマ旬報報道主演女優賞」


など、数多くの映画賞を受賞し、
演技派女優の地位を確立されたのでした。


「マルサの女」より。

1997年に伊丹さんが亡くなった後は、
映画出演を控えておられましたが、

2007年に、「眉山-びざん-」で、
10年ぶりに映画に復帰。

その後、2011年には、
「阪急電車 片道15分の奇跡」
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」

に出演されています。

そんな宮本さんの、
気になる話題について調べてみました!


あまちゃん!


宮本さんは、2013年、
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、

主人公のあまちゃんこと、アキ(能年玲奈さん)の、
おばあちゃん、夏役を演じられています。


「あまちゃん」より、能年玲奈さんと宮本さん。

実は、宮本さんの実のお母さんが、
数年前から寝たきりとなり、

宮本さんは、
自宅で介護をされているのですが、

「あまちゃん」の撮影中、
お母さんが縫った巾着袋と、
お母さんのペンダントを持って、
役作りに励まれたそうで、

それらを身に着けた宮本さんが、
テレビで映っているのを見たお母さんは、
とても喜んでおられたそうです。

宮本さんは、撮影現場で、
介護の苦労を語ることは一切なく、
いつも明るく、前向きだったとのことで、

お母さんとの深い絆を感じさせる、
エピソードですね。


夫は?


宮本さんのご主人は、
映画監督の故・伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんですが、

お二人は、1967年の、
映画「日本春歌考」での共演をきっかけに、
1969年にご結婚されました。



伊丹さんは、映画監督として有名ですが、
もともとは俳優で、

宮本さんと結婚された当時も、
まだ、俳優をされていたそうです。

伊丹さんは、そんな俳優の目線から、
奥さんである、宮本さんを、

いい女優なのに、どうして、
いい仕事がこないんだろうね、
きみにはね。

と、よくおっしゃっていたのだとか。

そして、伊丹さんは、
奥さんを主人公にしたい一心で、
メガホンを持ち、

初の監督作品「お葬式」に、
宮本さんを起用されたのでした。

後に、伊丹さんは、インタビューで、

妻はいい女優なのに、
なかなか主役の話が来ない。

ならば彼女を主役にした映画を、
自分で撮ってしまえばよい。

と、語っておられます。

死別


こうして、宮本さんにとっては、
公私共に良きパートナーで、
かけがえのない伊丹さんでしたが、

1997年、自ら、
命を絶ってしまわれます。

宮本さんは、あまりのショックで、
一時は、映画を見ることができず、

映画館に入ることにも、
恐怖を感じられるほどだったそうです。

そして、2000年、
ジャズ歌手としての活動を始められるのですが、

それが、心の支えとなり、
立ち直っていかれたのでした。



宮本さんは、

(伊丹さんは)喜んでくれていると思います。

と、語っておられました。

子どもは?


宮本さんには、伊丹さんとの間に、
息子さんが二人おられるのですが、

長男が、池内万作(いけうち まんさく)さん、
次男が、池内万平(いけうち ばんぺい)さんです。

万作さんは、俳優として活動し、
2時間ドラマやサスペンスものを中心に、
テレビドラマや、映画に多数出演されています。


池内万作さん。

また、万平さんも、以前は、
俳優として活動されていたそうですが、

1985年、映画「タンポポ」に出演された時、
助監督に怒鳴られすぎたせいか、
芸能界には興味がなくなったようで、

現在は、伊丹十三記念館の、
手伝いをされているそうです。


紫綬褒章


宮本さんは、2014年、
なんと、「紫綬褒章」を受賞されています。

スポーツや芸術の功労者に、
贈られる賞ということで、

宮本さんは、

一生懸命に仕事をしてきたことが認められ、
うれしく思っております。

これからの人生をまた一つ一つ、
積み上げて仕事をしていきたい。

と、喜びを語っておられました。

まるで、映画のような、
波乱に満ちた人生を乗り越えての、

栄誉ある賞の受賞ということで、
感無量だったのでしょう。

さて、近年では、
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」や、
ドラマ「あまちゃん」のおばあちゃん役で、
存在感を放たれている、宮本さん。

これからも、明るく、
それでいて、温かい演技で、
末永く、私達を癒やして欲しいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ