長野博!身長は?ミュージカルは?彼女は?

Sponsored Link

「V6」のメンバーで、俳優、タレントの長野博(ながの ひろし)さん。ジャニーズJr.での長い下積み時代を経て、現在では、バラエティ、舞台、ミュージカルなど、幅広い分野で活躍されています。




プロフィール!


長野さんは、1972年10月9日生まれ、
神奈川県大和市のご出身です。

身長175センチ、
体重63キロ、

血液型はA型、
星座はてんびん座、

靴のサイズは25.5センチ、
視力は左右ともに1.0、

趣味は、
食べ歩き、車の運転、

特技は、
サッカー、

出身校は、
情報処理専門学校、

ご兄弟は、
8歳年上のお兄さんと、
5歳年上のお姉さんで、
とてもかわいがられていたそうです♪


ジャニーズ事務所に入所


長野さんは、1986年、
「シブがき隊」のファンだったお姉さんが、
勝手に、ジャニーズ事務所に履歴書を送られ、
見事、書類選考に合格。

しかし、面接では、
何を聞かれても、

「できません」
「ありません」

ばかりだったとか(^^;)

それでも、長野さんは合格し、
ジャニーズ事務所に入所。

次の週から、
レッスンに通うことになったのでした。

不遇なジャニーズJr.時代


長野さんは、1986年のお大晦日に、
少年隊の「仮面舞踏会」で初舞台を踏み、

翌年の1987年には、
少年隊のNEWYEARコンサートに参加と、
華々しい芸能活動をスタートさせますが、

この年結成された「光GENJI」や、
「スケートボーイズ」(後の「SMAP」)には、
入ることができず、
とてもショックを受けられたそうです。

というのも、長野さんは、
「光GENJI」「スケートボーイズ」のメンバーの、
誰よりも早く、ジャニーズ事務所に入所されていたからです。

そして、1988年に、
「TOKIO」が結成された時も、
やはり、メンバーに入ることができず、
長野さんの苦難の日々は続きます。


テレビ初出演


こうして、後から入所してきたメンバーが、
次々と活躍していく中、
目立った活動が出来なかった長野さんですが、

ついに、1989年、
「3年B組金八先生」で、
テレビ初出演を果たされます。


「3年B組金八先生」より。

メインの役ではありませんでしたが、
長野さんが初めて脚光を浴びた、
お仕事だと言えるでしょう。


平家派として


そして、同年の1988年に、
「光GENJI」が、
シングル「剣の舞」を発表するのですが、

長野さんは、そのバックダンサーとして結成された、
「平家派」のメンバーとなられ、


右端が長野さん。中央は諸星和己さん。

そこで、後の「V6」のメンバーとなる、
坂本昌行さん、井ノ原快彦さんと出会われるのでした。

(この3人は「V6」の中で、
「トニセン」こと、「20th Century」と呼ばれています)


ジャニーズ事務所を退所


その後も、「光GENJI」の曲「地球を探して」で、
「平家派」として、
バックダンサーを務めた長野さんでしたが、

1989年頃から、
「平家派」の出番がなくなってしまいます。

そして、ついに、長野さんは、
高校2年生の時、
ジャニース事務所を退所されるのでした。

その後は、
普通の高校生として生活され

高校卒業後は、就職に役立てようと、
情報処理の専門学校に通われていたのだとか。

専門学校に通う傍ら、
ファミレスや居酒屋でアルバイトをするなど、
普通の学生生活を送られていたとのこと。


復帰


それでもやはり、
芸能界には未練があった長野さんですが、

ジャニーズ事務所を退所されて、
2年半が経った1992年、

突然、ジャニー社長から、

ミュージカルのオーディションあるんだけど、
受けてみない?

と、電話があったのだとか。

長野さんは、これもチャンスかと思い、
すぐにOKの返事をされ、
次の日からレッスンに行くことに。

これで、長野さんは、
芸能界復帰を果たされたのでした。

しかし、専門学校2年生の時、
再び、就職を考え始め、

芸能界を辞めるかどうかで、
悩まれたそうです。

結局、就職はせず、
事務所に残ることを選ばれたのですが、

華々しく、グループでデビューすることもなく、
ずっと誰かの(後輩の!)、
バックダンサーをされていた長野さん。

先の見えない芸能界が不安になり、
就職を考えるのも、分かりますね。

「V6」として


そして、その後も、
「KinkiKids」のバックダンサーなど、
淡々とお仕事をこなされていた長野さんでしたが、

ついに、1995年、
「バレーボールワールドカップ」の、
イメージキャラクターとして結成された、
「V6」のメンバーに抜擢。

同年「MUSIC FOR THE PEOPLE」で、
CDデビューを果たされたのでした。



以降は、「V6」の活動と、
俳優やタレントとしての活動を続け、
現在のご活躍へと至ったのでした。

ジャニーズ事務所に入られて、
約10年。

決して、平坦な道のりではありませんでしたが、
続けてこられて、良かったですね♪


ミュージカル!


そんな長野さんは、2013年には、
ミュージカル「Forever Plaid」で、
ジンクス役を演じておられます。

引っ込み思案で、人見知り、という、
謙虚な長野さんにぴったりの役で、
このミュージカルは大ヒット。

そして、2016年にも再演が決定し、
4月末から、6月初めまでという、
ロングラン公演となっています。



高校の同級生、フランシス(川平慈英さん)、ジンクス、
スパーキー(松岡充さん)、スマッジ(鈴木壮麻さん)の4人は、
サウンドグループ「フォーエバープラッド」を結成。

大きな舞台で自分たちの音楽を披露するという、
夢を追い続け、日々、音楽に明け暮れる4人に、

ある日、ビッグショーの出演という、
チャンスが訪れます。

しかし、そんな4人に悲劇が。

4人は、ビッグショー出演のために、
あつらえた、トレードマークである、
格子柄(プラッド)のスーツを取りに行く最中、
交通事故に遭い、即死してしまうのでした。

しかし、大きな舞台で、
自分たちの音楽を披露するという、
夢を叶えるため、

彼らは再び地上に舞い降り・・・

というストーリー。

長野さんは、再演について、

同じメンバーでできることが、
まず、嬉しかったです。

誰かひとりでも変わってしまうと、
もうプラッドではなくなってしまう気がするので。

また前回から3年という間隔も、
僕としては、ちょうどいい、
タイミングだったんじゃないかと思います。

と語っておられました。

そして、

もちろん!求めていただいているのであれば、
ぜひ参加したいです。

と、再々演への想いも、
明かしておられました。

彼女は?


さて、気になる、
長野さんのプライベートですが、

2014年、女優の白石美帆さんとのデート現場を、
女性週刊誌にスクープされています。



白石さんは、出演中の舞台の公演を終えると、
タクシーで劇場を後にされ、

10分ほど走ったところで、
タクシーを降りると、
大通りまで歩いて行かれたそうです。

そんな白石さんを迎えに来たのが、
真っ黄色の高級外車を運転する、
長野さんだったとか。

長野さんは、白石さんを助手席に乗せると、
横浜の繁華街まで車を走らせ、

駐車場に車をとめると、
夜の街を、仲睦まじく歩き出したそうです。

その後、お二人は中華料理店で、
お料理を楽しまれたのだとか。

二人を目撃したお客さんの話では、

長野さんと白石さんは、
お店の名物の羊の串焼きを食べてましたよ。

店内では他にもお客さんがいたので、
小さな声で話していましたけど、

彼が彼女に料理を取り分けてあげたりと、
エスコートしていて優しさが伝わってきました。

とのことで、
ラブラブぶりが伝わってきますね♪

お二人は、長野さんが進行役を務める、
バラエティ番組「晴れ、ときどきファーム!」に、

白石さんが出演されたことがきっかけで、
仲良くなり、

白石さんの友達の、滝沢沙織さんが
恋のキューピッドになり、
交際に発展したのだとか。

その後も報道がないことから、
現在も、交際は順調に、
続いているのではないかと思われます。

長野さんのおめでたいニュースも、
もうすぐかもしれませんね♪

長野さんの結婚報道に注目です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ