舞羽美海!宝塚退団理由は?音月桂と?あさがきた!早子先生!

Sponsored Link

宝塚歌劇団雪組のトップ娘役だった、舞羽美海(まいはね みみ)さん。宝塚時代は、その可憐なルックスで、早くからヒロインに抜擢されました。宝塚退団後は、「ドリアン・グレイの肖像」「ダンス・オブ・ヴァンパイア」などの舞台のほか、映画やテレビドラマにも出演されています。




プロフィール!


舞羽さんは、1987年8月22日生まれ、
兵庫県西宮市のご出身です。

身長161センチ、
血液型はA型、

出身高校は、
百合学院高等学校、

本名は、
藤原未知子さんというそうです♪


宝塚時代


舞羽さんは、
2005年に、宝塚音楽学校に入学し、
2007年に、宝塚歌劇団に入団(第93期生)。

同年、星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で、
初舞台を踏まれると、その後、雪組に配属。

翌年の2008年には、
「ソロモンの指輪/マリポーサの花」で、
主人公リナレスの恋人役ブランカに抜擢されます。

この時、リナレス役を演じたのが
後の相手役となる音月桂(おとづき けい)さんでした。

舞羽さんは、その後も、
数多くヒロインを演じられ、

2011年1月には、
音月さんのトップお披露目公演である、
「ロミオとジュリエット」で、

ヒロインのジュリエット役を、
演じておられます。
(この時は夢華あみさんとWキャストでした)


「ロミオとジュリエット」より、舞羽さんと音月さん。

そして、同年3月には、
雪組トップ男役である音月さんの相手役として、
雪組トップ娘役に就任。

お披露目公演である、
「黒い瞳/ロック・オン!」を皮切りに、

「ハウ・トゥー・サクシード」
「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」
「SAMOURAI」
「ドン・カルロス/Shining Rhythm!」
「フットルース」


で、音月さんと息のあった演技を披露し、
観客を魅了されました。

そして、2012年、
「JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-」
を最後に、音月さんと共に退団されています。


宝塚退団理由は?


相手役である、音月さんの退団に、
寄り添う形で、一緒に退団された舞羽さんですが、

そのことについて、
後のインタビューで、

「ドン・カルロス」(2012年3月9日~4月9日)を、
宝塚で上演していた辺りから、

音月さんの言葉を直接聞かずとも、
何か感じるものがあって、

「私も一緒に退団」と、
自分の中でストンと落ちた物があったんです。

私自身の宝塚人生を考えてみても、
相手役の方とご一緒したいと、

トップ娘役という立場をいただいた瞬間から、
思ってはいました。

と、語っておられました。

音月桂と?


舞羽さんは、音月さんと、
雪組時代のトップコンビでしたが、

実際、お二人の仲は、
とても良かったそうです。

舞羽さんは、インタビューで、

音月さんが毎日新鮮に、
舞台に立たれる方だったので、

その隣にいると私も新鮮に、
その瞬間を生きることができたので、
本当に幸せでした。

と、語っておられました。

さらに、2012年博多座で、
「フットルース」を上演している時には、

お誕生日を迎えた舞羽さんに、
音月さんが、観客を巻き込んで、
とても盛大なサプライズをしてくれたそうで、

このような音月さんの心遣いに、
舞羽さんは、とても感動されたそうです。


「フットルース」より、舞羽さんと音月さん。

退団してからも、お二人は、
交流があるようで、

2015年6月には、
舞羽さんが、音月さんのお誕生日を祝うツィート、

2016年4月にも、

るろうに剣心
桂さんと観に行きたかったなぁ
撮影行ってきます

と、ツィートをされたりと、

舞羽さんは、音月さんが、
大好きなご様子(^^)

このような関係だからこそ、
宝塚時代には、息のあった演技で、
多くの人を魅了することができたのでしょうね。

あさがきた


そんな舞羽さんは、2016年、
NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、
ツゲ役を演じておられます。

元加野屋の大番頭、雁助(山内圭哉さん)の、
娘役ということで、

出演出番はそう多くなく、
第23週の、3月7日~9日だけでしたが、
その可憐な美しさが注目を集めました。


「あさが来た」より、中村大輝さんと舞羽さん。

舞羽さんは、twitterで、

初めての朝ドラ!
家族のような温かいチームに、少しですが、
仲間入りできてとても良い経験でした。

と、その喜びを、
ツィートしておられました。

早子先生


さて、2016年4月からスタートしている、
テレビドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」では、

主人公、早子(松下奈緒さん)の同僚の教師、
久我山ミカ(貫地谷しほりさん)の友人、羽村舞役として、

民放の連続ドラマに、
初出演されている舞羽さん。

舞羽さんは、この役について、

私と近いようで遠かった思いを、
抱いている役ですので、

あまり飾らず、リアルに表現できるように、
意識したいと思っています。

皆さんに埋もれないように、
しっかりと幸せをつかんでいきたいと思います。

と、語っておられました。

結婚願望が強く、
積極的に婚活に勤しむ役ということで、

また、宝塚時代とは、
違った魅力を見せてくれそうですね♪

このドラマ、舞羽さんに注目です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ