錦織圭!身長は?好物はノドグロ!年収は?ウィンブルドン棄権!

Sponsored Link

日本人男子選手としての最高記録を次々と更新されている、プロテニスプレイヤーの錦織圭(にしこり けい)さん。武器の一つである、空中で打つダイナミックなショット「エアケイ」は、CMでもおなじみですね。




プロフィール!


錦織さんは、1989年12月29日生まれ、
島根県松江市のご出身です。

身長178センチ、
体重70キロ、

プレイスタイルは、
右打ち(両手バックハンド)

だそうです♪


5歳でテニスを始める


錦織さんは、
5歳でテニスを始められると、

2001年5月、11歳の時、
「全国選抜ジュニア選手権」
12歳以下の部で優勝。

同年7月には、
「全国小学生大会」で、

5試合すべて、ストレート勝ちで優勝を果たし、
全国制覇3冠を達成されています。



2003年には、
「盛田正明テニス・ファンド(MMTF)」で、
強化選手に選ばれ、

フロリダのIMGアカデミーに、
テニス留学されると、

フロリダを拠点に、
世界のジュニアサーキットを転戦し、
好成績を収められています。


17歳でプロに転向


そして、2007年10月、
17歳の時に、
「ジャパンオープン」でプロに転向すると、

翌年の2008年2月には、
「デルレイビーチ国際テニス選手権」で、
ATPツアー初優勝。



同年8月に行われた、
「全米オープン」では、

日本男子シングルスとしては、
1937年の、山岸二郎選手、中野文照選手以来、

71年ぶりのベスト16進出という、
快挙を成し遂げ、

「2008年度ATPワールドツアー」における、
最優秀新人賞を受賞されています。


怪我、そして復帰


そんな絶好調の錦織さんでしたが、
2009年5月に、
右肘の疲労骨折が判明。

ツアー欠場を余儀なくされ、
リハビリに専念することになります。

しかし、2010年2月には、
ツアーに復帰。

下部ツアーで順調に優勝を重ね、
怪我のせいで失ったランキングを、
見事、回復されたのでした。


松岡修造超え


それからというもの、
錦織さんの快進撃は留まるところを知らず、

2011年、「上海マスターズ」で、
ベスト4に進出すると、

松岡修造さんの持つ、
日本人男子選手最高ランク46位を、
大幅に更新され、30位に!

さらに、スイスで行われた、
「スイス・インドア」の準決勝では、

なんと、世界ランク1位の、
ノバク・ジョコビッチ選手を破る、
大金星を挙げられたのでした。


2011年「スイス・インドア」より。
ノバク・ジョコビッチ選手と錦織選手。



全豪オープンでベスト8


2012年には、
「全豪オープン」でベスト8になると、

「ロンドンオリンピック」では、
日本代表として準々決勝まで進出。

「楽天ジャパンオープン」では、
見事、優勝を果たし、
2つ目のATPツアータイトルを獲得されたのでした。




世界ランキング5位


2013年には、メンフィスの大会に優勝し、
3つ目のATPツアータイトルを獲得されると、

デビスカップ(国別対抗戦)でも、
日本のエースとして大活躍。

さらに、2014年には、
メンフィスの大会で連覇を果たすと、

同年3月には、
「マイアミ・マスターズ」で、ベスト4。

4月には、
「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル」で優勝。

5月には、
「マドリード・マスターズ」で準優勝。

8月の「全米オープン」では、決勝まで進出し、
アジア人では初となる、グランドスラム準優勝。


2014全米オープンで、決勝進出を果たした錦織選手。

その後も、
錦織さんの快進撃は続き、

「マレーシアオープン」「楽天ジャパンオープン」と、
2週連続で大会制覇を果たすと、

ついに、世界ランキングは、
5位にまで跳ね上がったのでした。


世界ランキング4位


そして、2015年に入ると、
メンフィスの大会で3連覇。

続く、「メキシコオープン」でも、
準優勝されると、

世界ランキングは、
自己最高の4位に更新。

その後も、「バルセロナオープン」優勝、
2年連続の「ATPワールドツアー」ファイナル出場と、
錦織さんの勢いは止まらず、

2016年に入ってからも、
メンフィスの大会での4連覇をはじめ、
錦織さんの活躍は続いています。


ノドグロ?


そんな錦織さんは、2014年、
全米オープンで準優勝を果たし、
帰国された際、

「ノドグロとかあったら食べたい」

と、語っておられたことで、

「ノドグロ」がブームになり、
手に入らなくなったというのです。

この「ノドグロ」とは、
「アカムツ」という魚の別名で、
高級魚として有名なのですが、

その名の通り、
のどの後ろ側が黒いことから、
このように呼ばれているのだとか。

お味の方はというと、高級魚だけあって、
白身魚なのに、脂がのっていて、
非常においしいそうです。




島根県の特産物ということで、
島根県ご出身の錦織さんにとっては、

故郷を思わせる、
懐かしい味なのかもしれませんね。

それにしても、錦織さんの一言で、
「ノドグロ」が大ブレイクするなんて、

錦織さんの影響力のすごさを、
改めて実感する話題でしたね!

年収は?


ところで、錦織さんを、「年収」で、
多くの方が検索されているようです。

日本のスーパースターなので、
当然、その収入は気になるところですが、

2016年6月8日、
アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した、
スポーツ選手の長者番付によると、

錦織さんの推定年収は、なんと、
3350万ドル(約35億8000万円)。

内訳として、賞金やボーナスが、
350万ドル(約3億7500万円)、

スポンサー収入が、
3000万ドル(約32億9000万円)、

ということで、やはり、
CMなどの収入が大きいんですね~


ウインブルドン、無念の棄権


さて、直近の錦織さんはというと、

2016年7月5日、
ウインブルドン4回戦で、
左わき腹の痛みのため、棄権されています。

ウインブルドンでの棄権は、
これで3回目ということもあり、

錦織さんは、棄権したくない思いが、
非常に強かったようで、

その時のことを振り返り、

筋肉が切れるぐらいまでは、
やろうかと思っていた。

多少悪くなっても、そんなに大事にはならないと、
ドクターに言われていたので。

よく考えたら、あれで勝てるわけがなかった・・・

と、語っておられました。

今回は悔しい結果となってしまいましたが、
しっかりと治療して、また素晴らしいプレーで、
私達を魅了してほしいですね。

「エアケイ」など、型にはまらない、
ダイナミックなプレーが魅力の錦織さん。

まだまだ、錦織さんの快進撃は続きます!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ