最新情報

財津一郎の妻は「石井均一座」の舞台女優!馴れ初めは?

1965年、「非っ常にキビシ~ッ!」「~してチョウダィ!」のギャグで一躍ブレイクすると、以降、数多くの、テレビドラマ、映画、舞台に出演するほか、「タケモトピアノ」のCMは20年以上も放送されている、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、プ・・・

「財津一郎の妻は「石井均一座」の舞台女優!馴れ初めは?」の続きを読む

財津一郎はCM「タケモトピアノ」でダンサーと一緒に踊るはずだった!

「タケモトピアノ」のCMが”赤ちゃんが泣き止む魔法のCM”として大きな話題になり、再ブレイクを果たした、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、今回は、そんな財津さんが「タケモトピアノ」のCMに出演するようになった経・・・

「財津一郎はCM「タケモトピアノ」でダンサーと一緒に踊るはずだった!」の続きを読む

財津一郎のタケモトピアノのCMで赤ちゃんが泣き止む理由とは?

コメディアンとしても俳優としても成功を収め、現在も、20年以上も続く「タケモトピアノ」のCMでコミカルな歌とダンスを披露している、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、この「タケモトピアノ」のCM、”赤ちゃんが泣き止む魔法のC・・・

「財津一郎のタケモトピアノのCMで赤ちゃんが泣き止む理由とは?」の続きを読む

財津一郎のデビューからの出演CMドラマ映画を画像で!

1953年、帝国劇場の舞台「赤い絨毯」で舞台デビューすると、以降、2011年に活動を停止するまで、コメディアン、俳優として、50年以上も芸能界で活躍を続けた、財津一郎(ざいつ いちろう)さん。今回は、そんな財津さんの出演作品(映画、テレビド・・・

「財津一郎のデビューからの出演CMドラマ映画を画像で!」の続きを読む

財津一郎は「吉本興業」を退職希望もすぐには辞めさせてもらえなかった!

「吉本新喜劇」の舞台や時代劇風人気コメディ番組「てなもんや三度笠」で、コメディアンとして成功を収めるも、もともと、歌と演劇をしていた、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、やがて、東京でブロードウェイミュージカルが上演されると、演劇に戻りたく・・・

「財津一郎は「吉本興業」を退職希望もすぐには辞めさせてもらえなかった!」の続きを読む

財津一郎は藤田まことから「受けの芝居」を学んでいた!

時代劇風人気コメディ番組「てなもんや三度笠」で、浪人・蛇口一角(へびぐち いっかく)役を演じると、劇中、甲高い声で叫ぶギャグ「非っ常にキビシ~ッ!」「~してチョウダィ!」が視聴者に受け、たちまち大ブレイクを果たした、財津一郎(ざいつ いちろ・・・

「財津一郎は藤田まことから「受けの芝居」を学んでいた!」の続きを読む

財津一郎は昔「非っ常にキビシー」「してチョウダィ!」のギャグで大ブレイク!

吉本新喜劇の舞台で、思わず叫んだ「やめてチョウダイ」のセリフが、たちまち評判となり、このことがきっかけで、人気芸人の仲間入りを果たした、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、その後、「非っ常にキビシ~ッ!」のギャグも評判となり、さらなる大ブレ・・・

「財津一郎は昔「非っ常にキビシー」「してチョウダィ!」のギャグで大ブレイク!」の続きを読む

財津一郎のギャグ「やめてチョウダイ」は心の叫びだった!

1962年、28歳の時、「吉本新喜劇」に入団すると、当初は、東京から流れ着いて来たのだろうという厳しい視線を感じ、笑いを取るどころではなかったという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、大阪に打ち解けるための勉強を重ねるうち、やがて、仲・・・

「財津一郎のギャグ「やめてチョウダイ」は心の叫びだった!」の続きを読む

財津一郎は昔「夫婦善哉」を観て大阪の文化を勉強していた!

「石井均一座」「劇団ムーラン」と立て続けに、所属していた劇団が解散し、途方に暮れていたところ、劇作家で俳優の小崎政房さんに紹介され、「宝塚新芸座」に入団するも、夜の公演がないことを物足りなく感じ、再び小崎さんに相談し、「吉本興業」を紹介され・・・

「財津一郎は昔「夫婦善哉」を観て大阪の文化を勉強していた!」の続きを読む

財津一郎は昔「吉本興業」に入っていた!

「石井均一座」に入るも、2年ほどで解散したことから、今度は、「劇団ムーラン」に入るも、またもや早々に解散となってしまい、再び、途方に暮れていたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、劇作家で俳優の小崎政房さんのアドバイスと紹介により・・・

「財津一郎は昔「吉本興業」に入っていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ