最新情報

和泉雅子は映画「非行少女」で実際に追い込まれていた!

1961年に「日活」に入社して以来、数多くの青春映画に出演し、その天真爛漫な美少女ぶりで人気を博すほか、撮影所では、みんなから蝶よ花よともてはやされていた、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、映画「非行少女」では一転したそうです。

「和泉雅子は映画「非行少女」で実際に追い込まれていた!」の続きを読む

和泉雅子が若い頃はもてはやされ自由奔放な日々を送っていた!

1961年、「日活」に入社すると、吉永小百合さん、松原智恵子さんとともに、「日活3人娘」として絶大な人気を博し、この世の春を謳歌されていた、和泉雅子(いずみ まさこ)さんは、撮影所に行くことが楽しみだったほど、自由奔放で楽しい毎日を送られて・・・

「和泉雅子が若い頃はもてはやされ自由奔放な日々を送っていた!」の続きを読む

和泉雅子の若い頃は「日活3人娘」で絶大な人気を博していた!

喜劇に向いていると思い、落語家の柳家金語楼さんに弟子入りするも、美人すぎるという理由から、なかなか喜劇をやらせてもらえず、そのうち、その美貌から、「日活」のプロデューサーだった水の江瀧子さんにスカウトされて、「日活」に入社された、和泉雅子(・・・

「和泉雅子の若い頃は「日活3人娘」で絶大な人気を博していた!」の続きを読む

和泉雅子が中学の時は喜劇役者を目指し柳家金語楼に弟子入りしていた!

1958年、11歳の時、「劇団若草」のオーディションを受けると、演技のテストはさんざんだったにも関わらず、その美少女ぶりから合格となり、その3ヶ月後には、早くも、映画「荒城の月」で子役デビューした、和泉雅子(いずみ まさこ)さんは、その後も・・・

「和泉雅子が中学の時は喜劇役者を目指し柳家金語楼に弟子入りしていた!」の続きを読む

和泉雅子は美少女ぶりで「劇団若草」も「荒城の月」も合格していた!

勉強もスポーツも苦手だったうえ、イジメにあっていたことから、学校へ行くのが嫌で嫌でたまらず、何とかして学校へ行かなくてもいい方法はないかと考えていたという、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、新聞に掲載されていた「劇団若草」の募集広告を見・・・

「和泉雅子は美少女ぶりで「劇団若草」も「荒城の月」も合格していた!」の続きを読む

和泉雅子は小学校が嫌でたまらず「劇団若草」に応募していた!

幼稚園の頃は、食堂の仕事で忙しい両親に代わり、朝1人で起きて朝食の準備をし、弟に食べさせてから幼稚園に通うなど、とてもしっかりとした子どもだった、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、小学校に入学後は、勉強ができず、学校が嫌で嫌でたまらなか・・・

「和泉雅子は小学校が嫌でたまらず「劇団若草」に応募していた!」の続きを読む

宮本信子の長男は池内万作!次男は池内万平!

夫・伊丹十三さんが他界すると、一時は、映画を観ることも映画館に入ることもできなくなるほどショックを受けるも、ジャズ歌手として活動を始めたことをきっかけに、徐々に立ち直っていかれたという、宮本信子(みやもと のぶこ)さん。今回はそんな宮本さん・・・

「宮本信子の長男は池内万作!次男は池内万平!」の続きを読む

宮本信子は伊丹十三の死後はジャズ歌手としても活動していた!

夫・伊丹十三さんの監督映画で次々と主演に起用されると、女優として高く評価されるようになった、宮本信子(みやもと のぶこ)さんですが・・・そんな中、突然悲劇に襲われます。

「宮本信子は伊丹十三の死後はジャズ歌手としても活動していた!」の続きを読む

宮本信子は夫・伊丹十三に女優として高く評価されていた!

結婚後は、生活様式から趣味に至るまで、何から何まで、夫の伊丹十三さんに合わせていたという、宮本信子(みやもと のぶこ)さんですが、その一方で、伊丹さんからは女優としての才能を高く評価され、伊丹さんの監督した全ての映画には、宮本さんが主演に起・・・

「宮本信子は夫・伊丹十三に女優として高く評価されていた!」の続きを読む

宮本信子は夫・伊丹十三と師匠&弟子のような結婚生活だった!

1965年、NHKのテレビドラマ「あしたの家族」での共演で伊丹十三さんと知り合うと、当初は、おしゃれで時代の最先端を行っていた伊丹さんを、別世界の危険な人だと警戒心を抱き、距離を取るも、ついには、伊丹さんの度重なるアプローチを受け入れ、交際・・・

「宮本信子は夫・伊丹十三と師匠&弟子のような結婚生活だった!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ