最新情報

篠田正浩は若い頃「心中天網島」が大ヒットしていた!

映画「乾いた湖」を発表すると大ヒットを記録し、”松竹ヌーベルバーグの騎手”と呼ばれるようになった、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、その後も次々と作品を発表するのですが、やがて、日本映画産業自体が斜陽化し、「松竹」・・・

「篠田正浩は若い頃「心中天網島」が大ヒットしていた!」の続きを読む

篠田正浩が若い頃は「乾いた湖」が大ヒットしていた!

1953年、早稲田大学を卒業後、超難関の「松竹」に助監督として入社するも、陸上部出身ということで、当初は、日数も予算も少ないハードなロケ映画の助監督など、体力の必要な力仕事ばかり命じられていたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、・・・

「篠田正浩が若い頃は「乾いた湖」が大ヒットしていた!」の続きを読む

篠田正浩が若い頃は松竹で助監督として下働きしていた!

ダメ元で受けた「松竹」の助監督試験で、筆記試験、1次面接と無事通過した、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、最終面接も合格し、見事、超難関だった「松竹」の助監督になると、1953年の入社以来、助監督として、様々な監督の下で下働きをしつつ、監・・・

「篠田正浩が若い頃は松竹で助監督として下働きしていた!」の続きを読む

篠田正浩は大学卒業後は松竹の助監督試験を受けていた!

演劇の勉強と陸上競技をするため早稲田大学に進学すると、その2つの相乗効果で、映画監督を志そうと考え始めたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、大学卒業後は、大学院進学を考えていたそうですが、お母さんが急逝し、就職しなければならなくなっ・・・

「篠田正浩は大学卒業後は松竹の助監督試験を受けていた!」の続きを読む

篠田正浩は陸上競技をやっていたから映画監督になれた?

早稲田大学では、演劇の勉強をしつつ、競走部(陸上部)で陸上の練習に励んでいたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、陸上の練習で焼け野原になった新宿の街を走っていた際、あるインスピレーションを感じたそうで、これが職業として映画監督を・・・

「篠田正浩は陸上競技をやっていたから映画監督になれた?」の続きを読む

篠田正浩の早大時代は箱根駅伝で2区走者として準優勝に貢献していた!

太平洋戦争の敗戦と天皇の人間宣言に大きな影響を受け、演劇と陸上競技で有名だった早稲田大学に進学したという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、今回は、そんな篠田さんの、陸上選手時代のエピソードをご紹介します。

「篠田正浩の早大時代は箱根駅伝で2区走者として準優勝に貢献していた!」の続きを読む

篠田正浩は「心中天網島」を観て早稲田大学進学を決めていた!

中学・高校の時には、イギリスやフランスのヨーロッパ映画を好んで観ていたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、ある時、お母さんに連れて行ってもらった、歌舞伎の舞台、近松門左衛門の「心中天網島」を観たことで、自身が何を求めていたのかに・・・

「篠田正浩は「心中天網島」を観て早稲田大学進学を決めていた!」の続きを読む

篠田正浩は少年時代に観たヨーロッパ映画に大きな影響を受けていた!

幼い頃からフィルムなど映画に慣れ親しみ、小学3年生の時には、記録映画「民族の祭典」を観て衝撃を受けたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、その後、黒澤明監督作品「姿三四郎」を観てさらなる衝撃を受け、そのうえ、映画を観ることが禁じら・・・

「篠田正浩は少年時代に観たヨーロッパ映画に大きな影響を受けていた!」の続きを読む

篠田正浩は幼少期に「民族の祭典」を観て衝撃を受けていた!

終戦後は、敗戦の原因がアメリカ人との体格差だと感じ、まずは体を鍛えるべく陸上競技に打ち込んだという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、その一方で、幼い頃から、映画に慣れ親しんでいたといいます。

「篠田正浩は幼少期に「民族の祭典」を観て衝撃を受けていた!」の続きを読む

篠田正浩は少年時代「敗戦原因は米国人との体格差」と陸上に没頭していた!

1945年8月15日にラジオから流れる天皇の声(玉音放送)を聴いて、本気で切腹しようとし、翌年正月に天皇が「人間宣言」をした時には心底腹が立ったという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、体格や音楽でアメリカに圧倒されていることに気づき・・・

「篠田正浩は少年時代「敗戦原因は米国人との体格差」と陸上に没頭していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ