最新情報

千昌夫が若い頃は「星影のワルツ」が大ヒットするも節約生活を続けていた!

1965年、1stシングル「君が好き」でデビューするも、2ndシングル「若い恋人たち」、3rdシングル「君ひとり」と、売上はパッとせず、さらに、1966年秋には、師匠の遠藤さんを怒らせ、家を追い出されてしまったという、千昌夫(せん まさお)・・・

「千昌夫が若い頃は「星影のワルツ」が大ヒットするも節約生活を続けていた!」の続きを読む

千昌夫が若い頃は「君が好き」でデビューするも鳴かず飛ばずだった!

作曲家・遠藤実さんに弟子入りを許されると、すぐには歌を歌わせてもらえなかったものの、遠藤さんの家にレッスンに訪れてくる、舟木一夫さんらスター歌手との接触が大きな刺激となっていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、ついに、1965年9月、フ・・・

「千昌夫が若い頃は「君が好き」でデビューするも鳴かず飛ばずだった!」の続きを読む

千昌夫は高2の時に作曲家・遠藤実に弟子入りしていた!

高校2年生の時、下宿近くの食堂で芸能週刊誌を見ていた際、作曲家の遠藤実さんの記事が目に留まり、遠藤さんに弟子入りすることを決意するも、家族には言い出すことができず、修学旅行シーズンに内緒で上京することを思いついたという、千昌夫(せん まさお・・・

「千昌夫は高2の時に作曲家・遠藤実に弟子入りしていた!」の続きを読む

千昌夫は高校2年生の時に歌手になる決意をしていた!

お母さんの意向で高校に進学するも、下宿代を捻出するためのアルバイトに明け暮れ、それでも、下宿代と食費を払うのがやっとという状況に、何とかこの生活から抜け出す方法がないかをいつも考えていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、ある日のこと、歌・・・

「千昌夫は高校2年生の時に歌手になる決意をしていた!」の続きを読む

千昌夫は高校生の頃ずっと現状から抜け出す方法を考えていた!

北海道に左官屋として出稼ぎに行っていたお父さんが他界し、お母さんが往復4時間かかる宮城県気仙沼市の工場まで働きに出る中、いつも、幼い弟の子守をしながら、お母さんの帰りを待っていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、中学卒業後は、お母さんの・・・

「千昌夫は高校生の頃ずっと現状から抜け出す方法を考えていた!」の続きを読む

千昌夫の生い立ちは?幼少期は貧しい生活を送っていた!

1965年、「君が好き」で歌手デビューして以来、50年以上に渡り、芸能界で活動している、千昌夫(せん まさお)さん。今回は、そんな千さんの生い立ちをご紹介します。

「千昌夫の生い立ちは?幼少期は貧しい生活を送っていた!」の続きを読む

キダ・タローの妻は元「レモンレモンズ」!馴れ初めは?

90歳を回る高齢にもかかわらず、現在もしばしば作曲の依頼があるという、キダ・タローさんは、生涯現役を宣言しているのですが、プライベートはどのようなものだったのでしょう。今回は、そんなキダさんの、奥さんとの馴れ初めや「かつら疑惑」の真相をご紹・・・

「キダ・タローの妻は元「レモンレモンズ」!馴れ初めは?」の続きを読む

キダ・タローのデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

「プロポーズ大作戦」「ラブアタック!」「バラエティー生活笑百科」などの番組曲、「かに道楽」「有馬兵衛向陽閣」「アサヒペン」「出前一丁」「チキンラーメン」などのCM曲ほか、関西人なら誰もが知っている曲を世に送り出してきた、キダ・タローさんです・・・

「キダ・タローのデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

キダ・タローのデビューからの作曲作品を画像で!

「プロポーズ大作戦」「ラブアタック!」「バラエティー生活笑百科」などの番組曲、「かに道楽」「有馬兵衛向陽閣」「アサヒペン」「出前一丁」「チキンラーメン」などのCM曲ほか、関西人なら誰もが知っている曲を世に送り出してきた、キダ・タローさん。今・・・

「キダ・タローのデビューからの作曲作品を画像で!」の続きを読む

キダ・タローが東京に進出しなかった理由とは?

全盛期には3000曲、トータルでは5000曲もの、コマーシャルソング、番組テーマ曲、歌謡曲の作曲を手掛けてきたという、キダ・タローさんですが、関西では引張りだこだったにもかかわらず、東京には進出しなかったといいます。今回はその理由をご紹介し・・・

「キダ・タローが東京に進出しなかった理由とは?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ