最新情報

王貞治は根本陸夫に監督時代「ラーメン屋のせがれ」と言われていた?

1998年オフには、それまでほとんど付き合いのなかった尾花高夫さんを口説き落とし、投手コーチに据えたことで、投手陣の整備にも成功したという、王貞治(おう さだはる)さんですが、実は、1999年1月、球団社長に就任したばかりの根本陸夫さんが、・・・

「王貞治は根本陸夫に監督時代「ラーメン屋のせがれ」と言われていた?」の続きを読む

王貞治はダイエー監督5年目のとき尾花高夫にオファーしていた!

1998年には、小久保裕紀選手、井口忠仁選手、松中信彦選手、城島健司選手らの活躍のほか、巨人時代からの仲間である黒江透修助監督兼バッティングコーチの加入により、21年ぶりのAクラス(オリックスと同率の3位)になった、王貞治(おう さだはる)・・・

「王貞治はダイエー監督5年目のとき尾花高夫にオファーしていた!」の続きを読む

王貞治はダイエー監督時代自ら城島健司を口説いていた!

ダイエーホークス監督4年目の1998年には、67勝67敗1分でオリックスと並んで同率3位になり、ようやく、「これなら行けるかもしれない」と手応を感じ始めたという、王貞治(おう さだはる)さんですが、実は、1994年には、球団がドラフト1位で・・・

「王貞治はダイエー監督時代自ら城島健司を口説いていた!」の続きを読む

王貞治はダイエー監督2年目バスに生卵を投げつけられていた!

大型補強するも、監督就任1年目の1995年、5位(54勝72敗4分)に終わった、王貞治(おう さだはる)さんは、翌1996年には、黒星続きで怒りを爆発させたファンから、ナインの乗った帰りのバスを取り囲まれ、「王、辞めろ」のコールと共に、生卵・・・

「王貞治はダイエー監督2年目バスに生卵を投げつけられていた!」の続きを読む

王貞治のダイエー監督1年目は大型補強も5位に終わっていた!

前年、長嶋茂雄さんが巨人の監督に就任したことで、巨人では完全に自分の出番がないと吹っ切れたという、王貞治(おう さだはる)さんは、福岡ダイエーホークスの根本陸夫さんの使者である瀬戸山隆三球団代表に熱心に口説かれるうちに、もう一度、勝負の世界・・・

「王貞治のダイエー監督1年目は大型補強も5位に終わっていた!」の続きを読む

王貞治は巨人への思いを断ち切る為ホークス監督を引き受けていた!

1993年、福岡ダイエーホークス(現・ソフトバンク)の監督に就任したばかりの根本陸夫さんに、自身の後任を打診されたという、王貞治(おう さだはる)さんは、当初は、巨人以外のユニフォームを着ている自分がイメージできず、固辞したそうですが、根本・・・

「王貞治は巨人への思いを断ち切る為ホークス監督を引き受けていた!」の続きを読む

王貞治は根本陸夫に福岡ダイエーホークス監督を打診されていた!

1988年は故障者続出で、優勝した中日に12ゲーム差をつけられ2位に終わるも、やっと思うようなチームが出来てきた中、監督を解任された、王貞治(おう さだはる)さんは、しばらくはのんびり過ごし、その後、メジャーリーグの本塁打王ハンク・アーロン・・・

「王貞治は根本陸夫に福岡ダイエーホークス監督を打診されていた!」の続きを読む

王貞治は日本一になれずに巨人監督を解任されていた!

1987年、監督就任4年目にして、ついに初のリーグ優勝を果たすも、翌1988年には、試合中、看板打者として活躍していた吉村禎章選手が栄村忠広選手と激突して大ケガを負って長期離脱となるほか、中心選手の故障が相次ぎ、優勝を逃すと、王貞治(おう ・・・

「王貞治は日本一になれずに巨人監督を解任されていた!」の続きを読む

王貞治は巨人監督就任4年目で初のリーグ優勝を果たすも・・・

巨人監督就任4年目の1987年には、主砲の原辰徳選手が開幕直前に肉離れを起こして離脱するほか、移籍交渉を行っていた落合博満選手の獲得も失敗し、かつてない危機状態の中、「今年が最後と思って、なりふり構わずやる」と宣言した、王貞治(おう さだは・・・

「王貞治は巨人監督就任4年目で初のリーグ優勝を果たすも・・・」の続きを読む

王貞治は巨人監督時代「鹿取・角・サンチェ」の継投を批判されていた!

1985年11月20日のドラフト会議では、PL学園のエース・桑田真澄投手を1位指名し獲得した、王貞治(おう さだはる)さんは、早速、桑田投手を即戦力と見込み、桑田投手と江川卓投手を主軸に、リリーフで、鹿取義隆投手、角三男(現・角盈男)投手、・・・

「王貞治は巨人監督時代「鹿取・角・サンチェ」の継投を批判されていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ