市川崑監督の息子は市川南?娘は?子煩悩だった?

長年、公私共に妻の由美子(和田夏十)さんと歩んでこられた、市川崑(いちかわ こん)さんですが、今回は、そんな市川さんと由美子さんの間に誕生したお子さんについてご紹介します。

「市川崑監督の息子は市川南?娘は?子煩悩だった?」の続きを読む

市川崑監督は脚本のほとんどを妻の和田夏十に委ねていた!

「東宝撮影所」でアメリカ兵相手に通訳をしていた茂木由美子さんと結婚されると、ほかの脚本家が書いた気に入らない箇所を直してもらっているうちに、妻の脚本家としての才能に気がついた、市川崑(いちかわ こん)さんは、やがて二人で共同で執筆するように・・・

「市川崑監督は脚本のほとんどを妻の和田夏十に委ねていた!」の続きを読む

市川崑の妻は助監督時代に知り合った通訳!後に脚本家になっていた!

「ビルマの竪琴」「東京オリンピック」「犬神家の一族」など、ジャンルにとらわれることなく、精力的に映画を制作された、市川崑(いちかわ こん)さんですが、実は、その影で奥さんの大きなサポートがありました。今回は、市川さんの奥さんについてご紹介し・・・

「市川崑の妻は助監督時代に知り合った通訳!後に脚本家になっていた!」の続きを読む

市川崑の死因はタバコ1日100本のヘビースモーカーではなかった!

「ビルマの竪琴」ほか数多くの名作を次々と発表し、日本を代表する映画監督としての地位を確立された、市川崑(いちかわ こん)さん。今回は、そんな市川さんの主に晩年にまつわるエピソードをご紹介します。

「市川崑の死因はタバコ1日100本のヘビースモーカーではなかった!」の続きを読む

市川崑の映画東京五輪オリンピックは担当相のクレームで修正させられていた!

1964年、日本で「東京オリンピック」が開催されるにあたり、記録映画の制作を依頼されると、一流の選手たちの躍動する肢体美を追求し、さらに選手の内面にまで迫った、芸術性の高い作品を完成させた、市川崑(いちかわ こん)さんですが、これが思わぬ騒・・・

「市川崑の映画東京五輪オリンピックは担当相のクレームで修正させられていた!」の続きを読む

市川崑は黒澤明らの代役で映画東京オリンピックの監督を引き受けていた!

「日活」から「大映」に移籍すると、「日本橋」「炎上」「鍵」「野火」「弟」など、文芸作品を中心に数々の名作を世に送り出し、映画界の斜陽化に伴いテレビ業界に進出しても、「木枯し紋次郎」シリーズ、「金田一耕助」シリーズで成功を収められた、市川崑(・・・

「市川崑は黒澤明らの代役で映画東京オリンピックの監督を引き受けていた!」の続きを読む

市川崑監督は犬神家の一族(金田一耕助)大ヒット時60歳を回っていた!

映画「ビルマの竪琴」で数々の映画賞を受賞し、名監督の仲間入りを果たすも、上映を巡るトラブルから「日活」を退社された、市川崑(いちかわ こん)さん。しかし、その後、テレビ業界に進出すると、市川さんの快進撃が始まります。

「市川崑監督は犬神家の一族(金田一耕助)大ヒット時60歳を回っていた!」の続きを読む

市川崑監督はビルマの竪琴で名監督の仲間入りをしていた!

少年時代、ウォルト・ディズニーのアニメや伊丹万作監督の「国士無双」を見て感銘を受けたことから、映画の道を志し、「J.O.スタヂオ」(後の東宝京都撮影所)に入社された、市川崑(いちかわ こん)さん。当初は、トーキー漫画部でアニメーターとして活・・・

「市川崑監督はビルマの竪琴で名監督の仲間入りをしていた!」の続きを読む

萬屋錦之介のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

歌舞伎の女形から映画俳優に転向後、最初の映画である、美空ひばりさんの相手役として出演した映画「ひよどり草紙」がヒットすると、その後も次々とヒットを連発して「東映」の救世主となり、テレビ転向後も変わらぬ人気を博した、萬屋錦之介(よろずや きん・・・

「萬屋錦之介のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

萬屋錦之介の再婚した妻・淡路恵子は歌舞伎座のチケットを1万枚さばいていた!

映画「浪花の恋の物語」で共演した、女優の有馬稲子さんと結婚するも、4年足らずで離婚された、萬屋錦之介(よろずや きんのすけ)さんですが、すぐに次の出会いがあったようです。

「萬屋錦之介の再婚した妻・淡路恵子は歌舞伎座のチケットを1万枚さばいていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ