市村正親の最初の妻は女優の八重沢真美!

舞台を中心に活動し、存在感のある演技で高い評価を受けてきた、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、プライベートはどのようなものだったのでしょう。今回は、そんな市村さんのプライベートをご紹介します。

「市村正親の最初の妻は女優の八重沢真美!」の続きを読む

市村正親のデビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!

1973年、24歳の時に、「劇団四季」の舞台でデビューして以来、50年以上も舞台俳優として活躍し続けている、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、テレビドラマや映画にも数多く出演されています。今回は、そんな市村さんの出演作品を画像を交え・・・

「市村正親のデビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!」の続きを読む

市村正親は鹿賀丈史とは「劇団四季」の同期でライバル視していた!

1973年、24歳の時、「劇団四季」の舞台「イエス・キリスト=スーパースター」(後の「ジーザス・クライスト=スーパースター」)のヘロデ王役でデビューして以来、50年近く、俳優として活躍を続けている、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、・・・

「市村正親は鹿賀丈史とは「劇団四季」の同期でライバル視していた!」の続きを読む

市村正親が若い頃は「ミス・サイゴン」のエンジニア役が当たり役に!

「劇団四季」の主宰者・浅利慶太さんに、当たり役だった「オペラ座の怪人」のファントム役を降ろされたことをきっかけに、「劇団四季」を退団した、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、その後、日本初上陸となる「ミス・サイゴン」で、再び大役を勝ち・・・

「市村正親が若い頃は「ミス・サイゴン」のエンジニア役が当たり役に!」の続きを読む

市村正親が「劇団四季」を退団した理由とは?

「オペラ座の怪人」では、ラウル役のオーディションを受けるも、演出家のハロルド・プリンスさんに気に入られ、いきなり、主人公・ファントム役に抜擢された、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、その後、思わぬ展開が待っていました。

「市村正親が「劇団四季」を退団した理由とは?」の続きを読む

市村正親は若い頃「オペラ座の怪人」の主演に抜擢されていた!

「劇団四季」で主宰者・浅利慶太さんから厳しい演技指導や強烈なダメ出しなどを受けつつ、必死にしがみつき、着実にキャリアを積んでいった、市村正親(いちむら まさちか)さんは、やがて、「劇団四季」の看板俳優として活躍するようになります。

「市村正親は若い頃「オペラ座の怪人」の主演に抜擢されていた!」の続きを読む

市村正親は昔「劇団四季」で浅利慶太を激怒させ平謝りしていた!

1973年、オーディションに合格し、「劇団四季」のミュージカル「イエス・キリスト=スーパースター」(後の「ジーザス・クライスト=スーパースター」)のヘロデ王役でデビューすると、1975年には、舞台「エクウス」の主演に抜擢され、たちまち脚光を・・・

「市村正親は昔「劇団四季」で浅利慶太を激怒させ平謝りしていた!」の続きを読む

市村正親のデビューは劇団四季の「イエス・キリスト=スーパースター」!

高校2年生の時、夏休みのアルバイトで、俳優・西村晃さんの付き人をしたことをきっかけに、その後、正式に西村さんの付き人になった、市村正親(いちむら まさちか)さんですが、24歳の時には、付き人を辞め、いよいよ、舞台デビューします。

「市村正親のデビューは劇団四季の「イエス・キリスト=スーパースター」!」の続きを読む

市村正親は昔西村晃の付き人をしていた!

高校卒業間近に観た劇団「民芸」の戯曲「オットーと呼ばれる日本人」で、主演の滝沢修さんの演技に感銘を受け、本格的に役者になることを決意したという、市村正親(いちむら まさちか)さんは、高校卒業後は、「舞台芸術学院」に入学し、演劇を学び始めるの・・・

「市村正親は昔西村晃の付き人をしていた!」の続きを読む

市村正親は高校生の時に日活映画に出演(端役)していた!

もともと体を動かすことが好きで、中学では柔道部、高校では体操部に入部するも、高校2年生の時、バック宙に失敗して長期入院し、体操への情熱が冷めてきた時、「3年生を送る会」の手伝いを頼まれ、出し物のお芝居に参加したことで、演じる楽しさに目覚めた・・・

「市村正親は高校生の時に日活映画に出演(端役)していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ