橋幸夫の元嫁は元日本航空の国際線客室乗務員!

デビュー直後から歌手として大ブレイクすると、一旦は低迷するも、ぼんちおさむさんや清水アキラさんなどにモノマネされたことで、バラエティで再ブレイクし、現在もなお、活躍されている、橋幸夫(はし ゆきお)さんですが、プライベートはどのようなものだ・・・

「橋幸夫の元嫁は元日本航空の国際線客室乗務員!」の続きを読む

橋幸夫はぼんちおさむと清水アキラのモノマネで再ブレイクしていた!

2度の「日本レコード大賞」受賞に加え、「NHK紅白歌合戦」連続16回出場という記録を打ち立てるなど、数々の偉業を成し遂げた、橋幸夫(はし ゆきお)さんも、1970年代になると、次第に人気が低迷するのですが、1980年代、ぼんちおさむさんと清・・・

「橋幸夫はぼんちおさむと清水アキラのモノマネで再ブレイクしていた!」の続きを読む

橋幸夫は昔暴漢に襲われ軍刀で背中を刺されていた!

1960年のデビュー以来、60年以上経つ現在も、第一線で活躍されている、橋幸夫(はし ゆきお)さんですが、人気絶頂だった1963年、ステージ上で暴漢に軍刀で斬りつけられるという、想像を絶する体験をされています。

「橋幸夫は昔暴漢に襲われ軍刀で背中を刺されていた!」の続きを読む

橋幸夫のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1960年、17歳の時に「潮来笠(いたこがさ)」で歌手デビューして以来、60年以上もの間、歌手として活躍されている、橋幸夫(はし ゆきお)さんですが、俳優としても数多くのテレビドラマや映画に出演されています。今回は、そんな橋さんの出演作品を・・・

「橋幸夫のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

橋幸夫は若い頃「御三家」(舟木一夫と西郷輝彦と共に)と呼ばれていた!

1960年、17歳の時、デビューシングル「潮来笠」が、いきなり、爆発的なヒットを記録すると、1962年には、吉永小百合さんとのデュエット曲「いつでも夢を」が100万枚を超える大ヒットを記録し、同年末の「第4回日本レコード大賞」も受賞した、橋・・・

「橋幸夫は若い頃「御三家」(舟木一夫と西郷輝彦と共に)と呼ばれていた!」の続きを読む

橋幸夫が若い頃は吉永小百合とのデュエット「いつでも夢を」が大ヒット!

1960年、17歳の時、「潮来笠」でレコードデビューすると、いきなり、爆発的なヒットを記録し、その年の「第2回日本レコード大賞新人賞」を受賞するほか、「第11回NHK紅白歌合戦」にも出場した、橋幸夫(はし ゆきお)さんは、1962年にも、「・・・

「橋幸夫が若い頃は吉永小百合とのデュエット「いつでも夢を」が大ヒット!」の続きを読む

橋幸夫のデビュー直後3年間の忙しさが凄すぎる!

1960年7月、ファーストシングル「潮来笠(いたごがさ)」でデビューすると、あっという間に大スターになった、橋幸夫(はし ゆきお)さんですが、デビュー後、しばらくは、人気スターゆえに、超多忙な日々を送られていたそうです。

「橋幸夫のデビュー直後3年間の忙しさが凄すぎる!」の続きを読む

橋幸夫はデビュー曲「潮来笠(いたこがさ)」が大ヒットしていた!

「ビクター」のオーディションに合格してからは、大ヒットメーカーの吉田正氏に弟子入りが決まり、デビューに先駆け、超人気歌番組「ロッテ歌のアルバム」にテレビ出演するなど、「ビクター」の強力なバックアップを受けた、橋幸夫(はし ゆきお)さんは、い・・・

「橋幸夫はデビュー曲「潮来笠(いたこがさ)」が大ヒットしていた!」の続きを読む

橋幸夫はデビューに先駆け人気TV歌番組で売り込まれていた!

「遠藤歌謡教室」の遠藤実先生の尽力で、名門レコード会社「ビクター」のオーディションを受けることができ、見事合格すると、「ビクター」の大ヒットメーカー・吉田正先生に師事することになった、橋幸夫(はし ゆきお)さん。その後は、トントン拍子で事が・・・

「橋幸夫はデビューに先駆け人気TV歌番組で売り込まれていた!」の続きを読む

橋幸夫は高校生で「ビクター」のオーディションに合格していた!

「遠藤実歌謡教室」で3年のレッスンを終え、満を持して、遠藤実先生が専属する「日本コロムビア」のオーディションを受けるも、不合格となった、橋幸夫(はし ゆきお)さんですが、その後、「日本コロムビア」と並ぶ名門レコード会社「ビクター」のオーディ・・・

「橋幸夫は高校生で「ビクター」のオーディションに合格していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ