田原総一朗が小学生の時は戦争で生活が困窮していた!

小学校に入学した年の暮れに太平洋戦争が始まると、当初は、まだ、絵を描くことを楽しむ余裕があったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、次第に、物資が不足してきて、食べ物も服も手に入らなくなったといいます。

「田原総一朗が小学生の時は戦争で生活が困窮していた!」の続きを読む

田原総一朗は小学校に入学した年に太平洋戦争が始まっていた!

幼稚園の頃、絵を描くことが大好きだったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、小学校に入学しても、変わらず、絵を描き続けていたそうですが、小学校に入学した年の暮れに太平洋戦争が始まると、授業で戦争の様子が教えられたことから、その影・・・

「田原総一朗は小学校に入学した年に太平洋戦争が始まっていた!」の続きを読む

田原総一朗は幼稚園の時「清水の次郎長」の絵を描き先生に呆れられていた!

幼少期は病弱も、やがては、幼稚園でやんちゃ坊主「五人組」に数えられるほど、元気になったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼稚園の頃は、絵を描くことが大好きだったそうです。

「田原総一朗は幼稚園の時「清水の次郎長」の絵を描き先生に呆れられていた!」の続きを読む

田原総一朗の幼少期は病弱もやがてやんちゃ坊主になっていた!

彦根城の城下町にある大きな家で誕生し、幼少期は、裕福な家庭で育ったという、田原 総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼い頃は身体が弱くひ弱な子供だったそうですが、やがて、元気で活発な子供に成長したといいます。

「田原総一朗の幼少期は病弱もやがてやんちゃ坊主になっていた!」の続きを読む

田原総一朗の生い立ちは?父親は女性にモテるも家はかかあ天下だった!

おばあちゃんから、生きるうえで大切なことを教えてもらったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、今回は、そんな田原さんの生い立ちと、子供の目から見た両親についてご紹介します。

「田原総一朗の生い立ちは?父親は女性にモテるも家はかかあ天下だった!」の続きを読む

田原総一朗は祖母から生き方について様々なことを教わっていた!

お父さんは起用で子煩悩、お母さんは教育熱心だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、父方の祖母・田原志げさんからは、生きていくうえで大切な様々なことを教わったそうです。

「田原総一朗は祖母から生き方について様々なことを教わっていた!」の続きを読む

田原総一朗の父親は?母親は?先祖は「鉄くず屋」⇒「生糸商」!

1964年、「東京12チャンネル」(現在のテレビ東京)に開局とともに入社し、ドキュメンタリー構成者として活動をスタートさせると、以降、50年以上、ジャーナリスト、評論家として活動している、田原総一朗(たはら そういちろう)さん。今回は、そん・・・

「田原総一朗の父親は?母親は?先祖は「鉄くず屋」⇒「生糸商」!」の続きを読む

山本富士子と結婚するため山本丈晴は結核の大手術に臨んでいた!

1955年、作曲家・古賀政男さんの自宅を初めて訪れた際、古賀さんの弟子で養子だった丈晴さんと、運命的な出会いを果たすも、自分の子供に家を継がせたいと考えていた双方の親との間で話し合いがつかず、なかなか、結婚話が進まなかったという、山本富士子・・・

「山本富士子と結婚するため山本丈晴は結核の大手術に臨んでいた!」の続きを読む

山本富士子の夫はギタリストで作曲家の山本丈晴!馴れ初めは?

1950年代~1960年代前半、「大映」の看板女優として活躍すると、1963年にはフリーになり、その後は、主に舞台を中心に活動を続けていた、山本富士子(やまもと ふじこ)さんですが、プライベートはどのようなものだったのでしょう。今回は、そん・・・

「山本富士子の夫はギタリストで作曲家の山本丈晴!馴れ初めは?」の続きを読む

山本富士子のデビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!

1953年、映画「花の講道館」でデビューすると、以降、数々の、映画、テレビドラマ、舞台に出演し、60年以上も芸能界で活躍を続けている、山本富士子(やまもと ふじこ)さん。今回は、そんな山本さんの出演作品(映画、テレビドラマ、舞台)、受賞・受・・・

「山本富士子のデビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ