小田和正は交通事故で九死に一生を得ていた!

「オフコース」時代には、「さよなら」「Yes-No」「I LOVE YOU」「Yes-Yes-Yes」「君が、嘘を、ついた」、ソロとなってからも、「ラブ・ストーリーは突然に」「いつか どこかで」「キラキラ」「伝えたいことがあるんだ」など、数・・・

「小田和正は交通事故で九死に一生を得ていた!」の続きを読む

小田和正のデビューからのディスコグラフィを画像で!

1970年、「オフコース」として、ファーストシングル「群衆の中で」でデビューすると、1979年には、17枚目のシングル「さよなら」が大ヒットし、以降、「Yes-No」「I LOVE YOU」「言葉にできない」「Yes-Yes-Yes」「君が・・・

「小田和正のデビューからのディスコグラフィを画像で!」の続きを読む

小田和正はドキュメントで青木功から本気で怒られていた!

1992年には、初映画「いつか どこかで」を制作するも、散々な評価だった、小田和正(おだ かずまさ)さんは、1997年には、挽回するべく、第二作目の映画「緑の街」を制作しているのですが、実は、1994年に制作したドキュメンタリー「キャディ ・・・

「小田和正はドキュメントで青木功から本気で怒られていた!」の続きを読む

小田和正の初映画監督作品「いつかどこかで」の評価は散々だった!

1991年、テレビドラマ「東京ラブ・ストーリー」のために書き下ろした6枚目のソロシングル「ラブ・ストーリーは突然に」が、270万枚を売り上げる大ヒットとなった、小田和正(おだ かずまさ)さんは、その後も、ヒットメーカーとして数多くのドラマの・・・

「小田和正の初映画監督作品「いつかどこかで」の評価は散々だった!」の続きを読む

小田和正は昔「ラブ・ストーリーは突然に」が200万枚超の大ヒット!

1989年に「オフコース」が解散となり、ソロ活動を本格化した、小田和正(おだ かずまさ)さんですが、それから、わずか2年後の1991年には、テレビドラマ「東京ラブ・ストーリー」の主題歌として書き下ろした「ラブ・ストーリーは突然に」が200万・・・

「小田和正は昔「ラブ・ストーリーは突然に」が200万枚超の大ヒット!」の続きを読む

小田和正が「オフコース」を解散した理由とは?

「オフコース」結成10年目の1979年に、17枚目のシングル「さよなら」が大ヒットすると、以降、「Yes-No」「I LOVE YOU」「言葉にできない」「Yes-Yes-Yes」「君が、嘘を、ついた」などが立て続けにヒットした、小田和正(・・・

「小田和正が「オフコース」を解散した理由とは?」の続きを読む

小田和正は「生まれ来る子供たちのために」が本当に歌いたい曲だった!

「オフコース」の17枚目のシングル「さよなら」が大ヒットした、小田和正(おだ かずまさ)さんですが、「さよなら」は、かなり、ヒットを意識して作った曲だったため、今度は、自分が伝えたいメッセージを盛り込んだ曲を作りたいと思い、次(18枚目)の・・・

「小田和正は「生まれ来る子供たちのために」が本当に歌いたい曲だった!」の続きを読む

小田和正が若い頃はオフコースで「さよなら」が大ヒットしていた!

1970年4月、「ジ・オフ・コース」として、ファーストシングル「群衆の中で」でデビューすると、当初は、ライブで酷いヤジを飛ばされることもあったという、小田和正(おだ かずまさ)さんですが、地道にファンを増やしていくと、1979年12月にリリ・・・

「小田和正が若い頃はオフコースで「さよなら」が大ヒットしていた!」の続きを読む

小田和正は若い頃「オフコース」にロックを取り入れシャウトしていた!

しばらくは、音楽活動(オフコース)と大学院生(建築)の二刀流を続けていた、小田和正(おだ かずまさ)さんですが、1976年、大学院修了時には、ついに音楽一本に絞り、それまでサポートメンバーだった、松尾一彦さん、大間ジローさん、清水仁さんを正・・・

「小田和正は若い頃「オフコース」にロックを取り入れシャウトしていた!」の続きを読む

小田和正が若い頃はオフコースと大学院生の二刀流だった!

1970年には「群衆の中で」でデビューした、小田和正(おだ かずまさ)さんですが、音楽の道に進むか建築の道に進むかなかなか決められず、決断を引き伸ばすため、大学院に進学していたといいます。

「小田和正が若い頃はオフコースと大学院生の二刀流だった!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ