田原総一朗は「岩波映画製作所」の面接で昼食を要求していた!

大学4年生の時、マスコミ関係の会社の就職試験を片っ端に受験するも、ことごとく不合格だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、11社目となる「岩波映画製作所」の最終面接では、投げやりだったこともあり、会社に昼食を要求するも、受け・・・

「田原総一朗は「岩波映画製作所」の面接で昼食を要求していた!」の続きを読む

田原総一朗はマスコミ関係の就職試験でことごとく不合格だった!

作家になるべく、母親の反対を押し切り、早稲田大学第2文学部に入学すると、昼間「交通公社」で働きながら、小説を書き続けるも、自分の才能のなさに断念し、次は、ジャーナリストを目指して、再度、早稲田大学第1文学部を受験すると、見事合格したという、・・・

「田原総一朗はマスコミ関係の就職試験でことごとく不合格だった!」の続きを読む

田原総一朗はジャーナリストを目指し早大第1文学部に入り直していた!

石原慎太郎氏の「太陽の季節」と大江健三郎氏の「死者の奢り」の2作品を読んで衝撃を受け、作家になる夢を断念したという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、その後、ジャーナリストを目指し、早稲田大学第1文学部に入り直す決心をしたといいます・・・

「田原総一朗はジャーナリストを目指し早大第1文学部に入り直していた!」の続きを読む

田原総一朗は「太陽の季節」「死者の奢り」を読み作家を断念していた!

作家デビューするため、早稲田大学第2文学部に入り、昼間、「交通公社」で働きながら、出版社が主催する文学賞受賞を目指し、小説の執筆に打ち込むも、受賞はおろか、度々、同人誌の先輩から才能がないことを指摘され、自信をなくしていったという、田原総一・・・

「田原総一朗は「太陽の季節」「死者の奢り」を読み作家を断念していた!」の続きを読む

田原総一朗は文学賞に応募するも箸にも棒にもかからなかった!

作家になるべく、母親の反対を押し切り、早稲田大学第2文学部に入学すると、昼間、「交通公社」で働きながら、せっせと小説を書いていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、文学賞はおろか、同人誌でも褒められることはなく、挙げ句の果・・・

「田原総一朗は文学賞に応募するも箸にも棒にもかからなかった!」の続きを読む

田原総一朗は不正使用できる定期券をもらい異動させられていた!

「交通公社」では、切符売り場でミスを連発したせいか、入社1年で、定期券係に異動させられたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、ここでも、書き損じた(不正使用できる)定期券をもらい、またしても、別の部署に異動させられたといいま・・・

「田原総一朗は不正使用できる定期券をもらい異動させられていた!」の続きを読む

田原総一朗が若い頃は「交通公社」入社も1年で異動させられていた!

早稲田大学第2文学部日本文学科に合格し、昼は「交通公社」で働き、夜は早稲田大学で勉強するという生活が始まった、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、「交通公社」では、切符売り場に配属されるも、あまりいい思い出はなかったといいます。

「田原総一朗が若い頃は「交通公社」入社も1年で異動させられていた!」の続きを読む

田原総一朗は早稲田大学に落ちたと思い込み聴講生を申し込もうとしていた!

早稲田大学受験を母親に反対されたことから、昼間働きながら、夜学に通おうと、高校3年生の時に交通公社の入社試験を受けると、見事合格した、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、会社の研修を受けながら受験勉強を続け、早稲田大学も見事合格するの・・・

「田原総一朗は早稲田大学に落ちたと思い込み聴講生を申し込もうとしていた!」の続きを読む

田原総一朗は交通公社の研修で劣等感を味わっていた!

早稲田大学進学を希望し、昼間働いて、夜に大学に行くべく、交通公社に入社したという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、交通公社の研修では、劣等感を味わったといいます。

「田原総一朗は交通公社の研修で劣等感を味わっていた!」の続きを読む

田原総一朗は作家に憧れ早稲田大進学を希望も母親の反対に遭っていた!

高校生の時には、経済状況が困窮する家計を助けるために、家庭教師などのアルバイトをしていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、高校卒業後の進路として、作家を目指し、憧れの作家の出身大学だった早稲田大学への進学を希望するも、お・・・

「田原総一朗は作家に憧れ早稲田大進学を希望も母親の反対に遭っていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ