江夏豊は長嶋茂雄に内角高めのストレートを芯で捉えられていた!

デビューから5試合目の広島戦で10奪三振&完投で初勝利を飾ると、それからは面白いように勝ち星が上がって、あれよあれよと5連勝した、江夏豊(えなつ ゆたか)さんは、その後、巨人戦でもストレート一本で勝負し、凡打の山を築いたそうですが、長嶋茂雄・・・

「江夏豊は長嶋茂雄に内角高めのストレートを芯で捉えられていた!」の続きを読む

江夏豊は藤本定義監督から打者転向を勧められていた!

なかなか安定したピッチングが出来ない中、ある日、バッティングで大活躍した、江夏豊(えなつ ゆたか)さんは、藤本定義監督から打者転向を勧められ(投手クビのピンチに立たされ)、ヤケになりかけていたといいます。

「江夏豊は藤本定義監督から打者転向を勧められていた!」の続きを読む

江夏豊の初先発は2回4失点で降板させられていた!

1966年、阪神タイガースに入団してすぐの秋のキャンプでは、シート打撃で、4年目の打者・富恵一さんに高知・安芸球場の左中間スタンドに軽々と打たれ、プロのパワーの違いを感じたという、江夏豊(えなつ ゆたか)さんは、翌1967年の春のキャンプの・・・

「江夏豊の初先発は2回4失点で降板させられていた!」の続きを読む

江夏豊は阪神入団当初ストレートしか投げられなかった!

高校3年生の夏の大阪大会では、ストレートだけで10人連続三振を含む三振の山を築いた、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、さすがに、プロではそれでは通用しなかったそうで、秋のキャンプでは、プロとパワーの違いを思い知らされたほか、川崎徳次投手コ・・・

「江夏豊は阪神入団当初ストレートしか投げられなかった!」の続きを読む

江夏豊の背番号28は消去法で選択したものだった!

前年1965年のドラフト会議で、阪神が当初の予定通り、鈴木啓示さんを指名していれば、阪神に指名されることはなく、阪神入団もなかったという、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、いよいよ、阪神と契約を交わし、契約金をもらうと、背番号も仮の番号か・・・

「江夏豊の背番号28は消去法で選択したものだった!」の続きを読む

江夏豊は前年のドラフト次第では阪神タイガース入団はなかった!

東海大学行きを決めていたにもかかわらず、ただの球団職員という認識しかなかったスカウトマンの佐川直行さんに、「おまえなんかほしくない」と言われ、カーっとなって、つい「阪神に入る」と啖呵(たんか)を切り、阪神タイガースに入団することになったとい・・・

「江夏豊は前年のドラフト次第では阪神タイガース入団はなかった!」の続きを読む

江夏豊は高卒で阪神タイガースにドラフト1位指名されていた!

学費を優遇してくれ、野球部の仲間も4人ほど一緒に入れてくれるという好条件に加え、エースとして活躍する自分の姿もイメージすることができたことから、東海大学に進学しようと心に決めていたという、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、そんな中、阪神タ・・・

「江夏豊は高卒で阪神タイガースにドラフト1位指名されていた!」の続きを読む

江夏豊は高卒後プロ入りせず東海大学に進学するつもりだった!

高校3年生の夏の大阪大会では、準決勝で桜塚高校に敗退するも、予選6試合で81奪三振2失点と圧巻のピッチングをした、江夏豊(えなつ ゆたか)さんは、高校野球の激戦区である大阪で新興の大阪学院をベスト4に導いた「左腕 江夏」として注目され、プロ・・・

「江夏豊は高卒後プロ入りせず東海大学に進学するつもりだった!」の続きを読む

江夏豊は準決勝敗退の32年後に桜塚高校と再戦していた!

高校3年生の夏の大阪大会準決勝では、ノーマークだった公立の桜塚高校のエース・奥田俊輝さんの前に1対0で敗退してしまった、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、それから32年後、赤瀬川隼さんの小説「捕手(キャッチャー)はまだか」に触発され、桜塚・・・

「江夏豊は準決勝敗退の32年後に桜塚高校と再戦していた!」の続きを読む

江夏豊は高3の夏の大阪大会準決勝で公立の桜塚高校に敗れていた!

1966年、高校3年生の夏の大阪大会では、ストレート一本で次々と対戦相手を三振に打ち取り、あれよあれよと準決勝まで進出した、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、準決勝ではノーマークだった大阪府立桜塚高等学校のエース・奥田俊輝さんの前に打線が・・・

「江夏豊は高3の夏の大阪大会準決勝で公立の桜塚高校に敗れていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ