坂本龍一の「戦メリ」も「ラストエンペラー」も当初は俳優オファーだけだった!

「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が爆発的な人気を博し、一躍トップアーティストとなった、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、人気絶頂期に「YMO」を「散開(解散)」すると、ソロ活動ではさらなる大ブレイクを果たします。

「坂本龍一の「戦メリ」も「ラストエンペラー」も当初は俳優オファーだけだった!」の続きを読む

坂本龍一の若い頃は?細野晴臣と高橋幸宏との出会いは?

幼い頃からピアノに触れ、早くからピアノと作曲の才能を発揮されていた、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、その後、様々な人物との出会いで現在の坂本さんが作られていきます。

「坂本龍一の若い頃は?細野晴臣と高橋幸宏との出会いは?」の続きを読む

真島昌利の若い頃は?甲本ヒロトとの出会いは?

12歳の時、友達の家で、初期の頃のビートルズの曲を聴いてロックに目覚めて以来、独学でギターを覚え、中学校の文化祭やアマチュアバンドコンテストで演奏していた、真島昌利(ましま まさとし)さんですが、やがて、運命の人と出会います。

「真島昌利の若い頃は?甲本ヒロトとの出会いは?」の続きを読む

郷ひろみの現在(3人目)の嫁は元プロ野球選手の娘!子供は?

松田聖子さんとの真剣交際&破局、二谷友里恵さんとの結婚&離婚を経験された、郷ひろみ(ごう ひろみ)さんですが、この後、再び、結婚&離婚を経て、ついに運命の女性と巡り合われます。

「郷ひろみの現在(3人目)の嫁は元プロ野球選手の娘!子供は?」の続きを読む

郷ひろみのデビューからのヒット曲を画像で!

15歳の時、近所のおばさんに勝手に書類を応募されたことがきっかけで、ジャニー喜多川さんに見初められ、あれよあれよと、芸能界デビューされた、郷ひろみ(ごう ひろみ)さんは、この後も順調にヒット曲を連発し、あっという間にトップアイドルになられま・・・

「郷ひろみのデビューからのヒット曲を画像で!」の続きを読む

岸惠子は80代で恋愛小説「わりなき恋」を執筆しベストセラーになっていた!

若い頃には、劇中でのストールの巻き方が女性たちの間で大流行する程の人気を博し、また、そんな人気絶頂時に電撃結婚してフランスに移住すると、フランスと日本を往復しながら女優業を続けるなど、華やかな女優人生を歩んでこられた、岸恵子(きし けいこ)・・・

「岸惠子は80代で恋愛小説「わりなき恋」を執筆しベストセラーになっていた!」の続きを読む

岸惠子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1951年、19歳の時、「我が家は楽し」で映画デビューされて以来、数々の作品で主演や準主演を演じ、華やかな女優人生を送ってこられた、岸恵子(きし けいこ)さん。今回は、そんな岸さんの出演作品を画像を交えてご紹介します。

「岸惠子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

岸惠子は市川崑監督作品の常連で40~60代でも数多く主演していた!

1951年「我が家は楽し」で映画デビューすると、その後、数多くの作品で鶴田浩二さんの相手役を務めて人気を博し、1953年~1954年の映画「君の名は」3部作では大ブレイクした、岸惠子(きし けいこ)さんですが、その勢いは留まることを知らず、・・・

「岸惠子は市川崑監督作品の常連で40~60代でも数多く主演していた!」の続きを読む

倉本聰がビートたけしを「認めない」「嫌い」と発言!その理由とは?

80代半ばに差し掛かる現在も、脚本家として第一線で活躍されている、倉本聰(くらもと そう)さんですが、「世界のキタノ」と称されるビートたけし(映画監督としての名義は北野武)さんを「認めない」「嫌い」と発言していたことが、週刊誌「日刊ゲンダイ・・・

「倉本聰がビートたけしを「認めない」「嫌い」と発言!その理由とは?」の続きを読む

倉本聰の妻は女優の平木久子!娘はイラストレーター!

「前略おふくろ様」「北の国から」「風のガーデン」「やすらぎの郷」など、次々と大ヒットドラマを生み出し、テレビドラマ界に金字塔を打ち立てた、倉本聰(くらもと そう)さん。今回は、そんな倉本さんのご家族や病気の噂についてご紹介します。

「倉本聰の妻は女優の平木久子!娘はイラストレーター!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ