小松政夫は昔タモリとコンビで「笑っていいとも」の司会オファーを受けていた!

伊東四朗さんとコンビを組み、「電線音頭」で大ブレイクした、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、タモリさんとも仲が良かったそうです。今回は、そんな小松さんとタモリさんの若い頃のエピソードをご紹介します。

「小松政夫は昔タモリとコンビで「笑っていいとも」の司会オファーを受けていた!」の続きを読む

小松政夫のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

伊東四朗さんとコンビを組み、「電線音頭」や「しらけ鳥」で大ブレイクした、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、やがて、ブームが去ると、俳優業がメインとなっていきます。今回は、そんな小松さんのデビューからの出演作品を画像を交えてご紹介します。

「小松政夫のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

小松政夫は昔は伊東四朗との電線音頭で大ブレイクしていた!

「どーかひとつ」「なが~い目で見てください」などのギャグや、淀川長治さんのモノマネで、コメディアンとして頭角を現した、小松政夫(こまつ まさお)さんは、その後、伊東四朗さんとコンビを組むと、一躍、大ブレイクを果たします。

「小松政夫は昔は伊東四朗との電線音頭で大ブレイクしていた!」の続きを読む

小松政夫はギャグで人気が出た後も植木等との師弟関係を続けていた!

デビュー後も、尊敬する植木等さんの付き人として、充実した毎日を送るも、植木さんの計らいで独立した、小松政夫(こまつ まさお)さんは、独立後は、持ち前の観察眼を生かしたギャグやモノマネ芸で、コメディアンとして頭角を現していきます。

「小松政夫はギャグで人気が出た後も植木等との師弟関係を続けていた!」の続きを読む

小松政夫は植木等からクビを宣告され号泣していた!

植木等さんの付き人をしつつ、1964年、「シャボン玉ホリデー」でデビューすると、その後は、「クレージーキャッツ」の舞台や植木さんの主演映画に出演するようになっていった、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、ある時、突然、植木さんからクビを宣・・・

「小松政夫は植木等からクビを宣告され号泣していた!」の続きを読む

小松政夫の若い頃は淀川長治のモノマネで人気を博していた!

1964年、植木等さんの付き人となられると、植木さんにただひたすら尽くし、優れた気配りから、植木さんに可愛がられていた、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、ついに、コメディアンとしてデビューするきっかけをつかみます。

「小松政夫の若い頃は淀川長治のモノマネで人気を博していた!」の続きを読む

小松政夫と植木等の親子のような師弟愛が泣ける!

トップセールスマンの地位を築きながら、植木等さんの付き人募集の広告を目にして、運命を感じて応募すると、600人の応募者の中から、見事採用された、小松政夫(こまつ まさお)さん。実際、小松さんにとって、植木さんは運命の人になるのですが、今回は・・・

「小松政夫と植木等の親子のような師弟愛が泣ける!」の続きを読む

小松政夫は植木等の付き人に応募者600人の中から採用されていた!

自動車販売会社「横浜トヨペット」で、営業成績ナンバーワンのトップセールスマンとして活躍していた、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、ひょんなことから、当時、人気絶頂で、大ファンだった植木等さんの付き人募集の広告を見つけます。

「小松政夫は植木等の付き人に応募者600人の中から採用されていた!」の続きを読む

小松政夫は昔は優秀な営業マンで横浜トヨペットに引き抜かれていた!

1961年、高校卒業後、役者を目指して上京した、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、生活のため、アルバイトをすると、持ち前の明るさと何でもできてしまう器用さで、行く先々で社長から気に入られます。

「小松政夫は昔は優秀な営業マンで横浜トヨペットに引き抜かれていた!」の続きを読む

小松政夫は正社員を断って日本一の喜劇役者を目指し上京していた!

小学生の頃から、テキヤの口上のモノマネが得意で、コメディアンに憧れていた、小松政夫(こまつ まさお)さんですが、貧しい家計を支えるために働き始めたアルバイト先で意外な能力を発揮します。

「小松政夫は正社員を断って日本一の喜劇役者を目指し上京していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ