有馬稲子の昔は東宝や松竹でスター女優!小津安二郎監督との思い出とは?

1953年、早々に「宝塚歌劇団」を退団した、有馬稲子(ありま いねこ)さんは、その後、「東宝」に入ると、大々的に売り出され、一躍、スター女優となられます。

「有馬稲子の昔は東宝や松竹でスター女優!小津安二郎監督との思い出とは?」の続きを読む

有馬稲子の若い頃は宝塚!養母の芸名・有馬稲子を受け継いでいた!

終戦後、韓国・釜山から命からがら帰国するも、その後は、実父の暴力に苦しめられるなど、悲惨な少女時代を過ごしていた、有馬稲子(ありま いねこ)さんですが、友達の一言で人生が一変します。

「有馬稲子の若い頃は宝塚!養母の芸名・有馬稲子を受け継いでいた!」の続きを読む

有馬稲子は父親から壮絶なDVを受けていた!

4歳で釜山に住む叔母夫婦の養女となると、養父母からかわいがられ、何不自由なく育てられていた、有馬稲子(ありま いねこ)さんですが、養父が他界し、さらには、太平洋戦争により、想像を絶する苦難の日々が始まります。

「有馬稲子は父親から壮絶なDVを受けていた!」の続きを読む

石原まき子(北原三枝)が明かした石原裕次郎のもう一つの遺言とは?

「舌ガン」と「解離性大動脈瘤」という2つの大病に次々と襲われる夫の石原裕次郎さんを献身的に看護されていた、石原まき子(いしはら まきこ)さんですが、またしても、裕次郎さんに病が襲いかかります。

「石原まき子(北原三枝)が明かした石原裕次郎のもう一つの遺言とは?」の続きを読む

石原まき子(北原三枝)が語る石原裕次郎の闘病秘話!

出会った時から両想いで、交際を反対する会社に、アメリカ逃避行までして抵抗し、最終的には会社を折れさせた、石原まき子さんと石原裕次郎さん夫妻。その後は長らく苦難を共にされていたのですが・・・裕次郎さんに次々と病が襲いかかります。

「石原まき子(北原三枝)が語る石原裕次郎の闘病秘話!」の続きを読む

石原まき子(北原三枝)と石原裕次郎の馴れ初めは?両想いだった!

石原裕次郎さんと共演した映画が次々とヒットを記録し、裕次郎さんとともに日活の「ドル箱コンビ」と称されるようになった、石原まき子(北原三枝)さんですが、実は、その陰で、裕次郎さんと密かに愛を育まれていました。今回は、そんなお二人の馴れ初めや結・・・

「石原まき子(北原三枝)と石原裕次郎の馴れ初めは?両想いだった!」の続きを読む

石原まき子(北原三枝)の狂った果実ほか出演映画を画像で!

少女時代は戦争や弟の世話で苦労するも、戦後は、NDT「日劇ダンシングチーム」入団、「松竹ニューフェイス」に合格し「北原三枝(きたはら みえ)」で活躍、「日活」に移籍し看板女優と、トントン拍子に女優のキャリアを積まれた、石原まき子(いしはら ・・・

「石原まき子(北原三枝)の狂った果実ほか出演映画を画像で!」の続きを読む

石原まき子の若い頃は北原三枝で日活看板女優だった!

中学卒業後には、「日劇ダンシングチーム」に5期生として入団し、1952年、19歳の時には、「松竹」に入社された、石原まき子(いしはら まきこ)さん。1954年には、「日活」に移籍されると、日本人離れした八頭身の抜群のスタイルとクールな美貌で・・・

「石原まき子の若い頃は北原三枝で日活看板女優だった!」の続きを読む

石原まき子(北原三枝)の生い立ちは?弟と二人きりで疎開していた!

「日活」の看板女優として活躍し、1956年には、「狂った果実」で石原裕次郎さんの相手役を務められると、以降、23作もの映画で石原裕次郎さんと共演された、石原まき子(いしはら まきこ)さん。今回は、そんな石原さんの知られざる少女時代についてご・・・

「石原まき子(北原三枝)の生い立ちは?弟と二人きりで疎開していた!」の続きを読む

舟木一夫は昔3度も自殺未遂していた!その理由とは?

1963年、「高校3年生」でデビューすると、いきなり、大ブレイクした、舟木一夫(ふなき かずお)さんですが、時代の流れもあり、人気が低迷していくと、なんと、自殺未遂されます。

「舟木一夫は昔3度も自殺未遂していた!その理由とは?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ