吉行和子は結婚してた?子供は?包丁を持ったことがない?

1957年、22歳の時に、劇団「民藝」の舞台「アンネの日記」で女優デビューして以来、60年以上も女優を続けられている、吉行和子(よしゆき かずこ)さんですが、今回は、そんな吉行さんのプライベートについてご紹介します。

「吉行和子は結婚してた?子供は?包丁を持ったことがない?」の続きを読む

吉行和子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1957年、22歳の時、劇団「民藝」の舞台「アンネの日記」で女優デビューして以来、60年以上も女優を続け、80代半ばの現在も、現役で活躍されている、吉行和子(よしゆき かずこ)さん。今回は、そんな吉行さんのデビューからの出演作品を画像を交え・・・

「吉行和子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

吉行和子の若い頃は?唐十郎の舞台で芝居に目覚めていた!

劇団「民藝」で華々しく女優デビューを果すも、内心、悶々とした日々を過ごしていた、吉行和子(よしゆき かずこ)さんですが、唐十郎さんらに誘われ、「少女仮面」に出演すると、初めてお芝居の楽しさに目覚めます。

「吉行和子の若い頃は?唐十郎の舞台で芝居に目覚めていた!」の続きを読む

吉行和子は初舞台で女優を辞めるつもりだった!

1954年、19歳で劇団「民藝」に入ると、1957年、22歳の時には、舞台「アンネの日記」で主人公の役が巡ってきて、華やかな女優デビューを果たされた、吉行和子(よしゆき かずこ)さんですが、その後は、トントン拍子という訳にはいきませんでした・・・

「吉行和子は初舞台で女優を辞めるつもりだった!」の続きを読む

吉行和子の生い立ちは?幼少期は病弱で裏方志望だった!

芥川賞作家の兄と妹同様、自身も、女優のほか、俳人、エッセイストとしても活躍され、80代の現在も現役の、吉行和子(よしゆき かずこ)さんですが、幼少期はとても病弱だったそうです。

「吉行和子の生い立ちは?幼少期は病弱で裏方志望だった!」の続きを読む

山本學の前妻は水野久美!後妻は?子供は?

ひょんなことから俳優を始められて以来、もう60年以上も様々な作品に出演されてきた、山本學(やまもと がく)さんですが、今回は、そんな山本さんの、奥さんのこと、そして、以外な人物とのつながりについてご紹介します。

「山本學の前妻は水野久美!後妻は?子供は?」の続きを読む

山本學のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1955年、「俳優座養成所」に7期生として入所すると、その後は、数多くのテレビドラマや映画に出演し、名バイプレイヤーとしての地位を確立された、山本學(やまもと がく)さん。今回は、そんな山本さんの出演作品を画像を交えてご紹介します。

「山本學のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

山本學の若い頃は「愛と死をみつめて」「白い巨塔」でブレイク!

名バイプレイヤーとして、数多くのテレビドラマや映画に出演されてきた、俳優の山本學(やまもと がく)さんですが、その中でも特に、「白い巨塔」での、財前五郎(田宮二郎さん)に対する里見脩二役は、高い評価を受けられました。

「山本學の若い頃は「愛と死をみつめて」「白い巨塔」でブレイク!」の続きを読む

山本學の俳優デビューは舞台装置がきっかけ?当初は建築家志望だった!

独特な存在感を放つ名脇役として、数多くのテレビドラマや映画に出演されてきた、山本学(やまもと がく)さんですが、もともとは、俳優志望だった訳ではなかったそうです。

「山本學の俳優デビューは舞台装置がきっかけ?当初は建築家志望だった!」の続きを読む

石田純一の退院後の直筆謝罪と電話インタビューの内容とは?

「緊急事態宣言」が発令された後にもかかわらず、東京から沖縄へと移動すると、ゴルフのプレー中に「新型コロナウイルス」を発症した、石田純一(いしだ じゅんいち)さん。退院の目処が立たない中、多方面から激しいバッシングを受け続けましたが・・・

「石田純一の退院後の直筆謝罪と電話インタビューの内容とは?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ