八名信夫は高校球児で活躍も明治大学野球部ではリンチから脱走していた!


幼少期は悲惨な戦争体験をするも、終戦後はお父さんが経営する劇場が繁盛し、どんどん暮らし向きが良くなっていった、八名信夫(やな のぶお)さん。そんな八名さんは、疎開先の小学校で、進駐軍がキャッチボールをしている姿を見て、野球の虜(とりこ)になります。

「八名信夫は父親が映画と芝居の劇場を経営していた!」からの続き

Sponsored Link

進駐軍のキャッチボール姿に大きな影響を受ける

終戦後も八名さんは、1年ほどは疎開先の平島にいたのですが、そこで通っていた平島小学校に、進駐軍の兵隊さんがDDT(シラミ駆除の殺虫剤)を散布しにやってくると、その昼休み、運動場で楽しそうにキャッチボールを始めたそうで、

なんか面白そうなことやってんな、俺もやりてえ

と、グローブなど見たことのない時代に、兵隊さんが楽しそうに遊んでいる姿に、大きな影響を受けたそうで、家に帰るとすぐに、お母さんにキャッチボールの様子とグローブの形を説明。

そして、似たようなものを作ってくれ、とおねだりすると、お母さんは、早速、学校に持っていくための小学校の椅子の座布団に軍手を縫い付け、指が入るようにし、手のひらの部分は、綿を取り出して、四角いグローブを作ってくれたのだそうです。

野球に夢中に

すると、そのミットは、学校中で流行り始め、八名さんは、さつまいもを芯にして軍手を何枚もかぶせてボールを作り、校庭でキャッチボールを始めたそうですが、これが楽しくて楽しくて仕方なく、勉強どころではなくなってしまったそうで、

(先生は、「座布団は勉強のときに座るためにある、遊びのためのものではない!」と言いつつ、その顔は笑顔だったそうです(笑))

それからしばらくして、疎開先から岡山に戻ると、近所のタイヤ屋の店主にゴムボールを作ってもらい、ますます、野球に夢中になっていったのでした。


1948年、小学生の時の八名さん。前列の背の高い少年が八名さんです。

ちなみに、お父さんは、もともとテニスの選手だったため、野球をやることには賛成してくれたそうですが、劇場を経営しながらも、役者になることは、八名さんが幼い頃から大反対しておられたそうです。

というのも、当時の役者というのは、劇場の楽屋に住み込み、1ヶ月ほど興行したら、また別の劇場に行く、という生活が一般的だったそうで、

役者さんというのはものすごく苦労しているんだ。食べるものも食べられんぞ、なるんじゃないぞ。

と、言われ、育ったのだそうです。

地元の強豪・岡山東商業高校で投手として活躍

さて、こうして、野球の虜(とりこ)になった八名さんは、成長し、甲子園で全国制覇したこともある地元の強豪・岡山東商業高校に進学すると、野球部に入部。

八名さんは、1塁手だったのですが、1年年下の横溝桂さん(後にプロ野球選手)とともに投手の二本柱として活躍。

在学中に甲子園出場は果たせませんでしたが、1953年春の中国大会県予選では決勝まで進み、八名さんの先発と横溝さんの継投で関西高等学校(かんぜいこうとうがっこう)の吉岡史郎さん(後にプロ野球選手)に投げ勝ち、優勝。本大会に進まれています。

明治大学に進学

そんな八名さんは、大学進学を考えるにあたり、高校の先輩の秋山登さんや土井淳さんが、明治大学で活躍しており(二人とも後にプロ野球の「大洋ホエールズ」に入団)、

八名さんが、修学旅行で神宮球場に観戦に行った際には、何万人もの観衆の中で、「おー、明治!」という応援歌を聴き、鳥肌がたったそうで、

もうこの大学しかない

と、明治大学に進学を決意。

すぐにお父さんに、

明治に行きたい

と、相談すると、

お父さんが、明治大学の名物監督・島岡吉郎さんに頼み込んでくれ、八名さんは、晴れて、明治大学に進学。野球部に入部されたのでした。

Sponsored Link

先輩からのリンチに耐えかね明治大学野球部を退部

すると、八名さんは、新入生ながら一軍に抜擢され、投手として将来を期待されていたのですが・・・

それに嫉妬した先輩から日常的に殴られるようになり、2年生のある日のこと、いつものように殴られていると、なんと、78発も殴られ、そこまでは数えていたそうですが、失神。

その後、介抱してくれた同級生から、

このままだと、お前殺されるかもしれんぞ

と、言われたそうで、

秋山さんや土井さんのように、神宮の星になりたい

との夢は持っていたそうですが、その日のうちに合宿所を脱走。明治大学も中退されたのでした。

「八名信夫は昔プロ野球選手だった!引退理由は?」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ