「芸能」の記事一覧

長嶋茂雄は最下位から2年連続リーグ優勝もその後低迷していた!

川上哲治前監督の緻密な「管理野球」を一掃し、ホームランで観客を沸かせるような野球を目指して、補強と育成に積極的に取り組んだという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、1976年、1977年には、2年連続リーグ優勝を果たすも日本一にはなれず、・・・

長嶋茂雄は新浦寿夫をいくら打たれても登板させ育成していた!

巨人軍監督に就任すると、川上哲治前監督の意向を完全に無視し、独自の「クリーン・ベースボール」なる政策を打ち出した、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、投手起用においても、若手有望株だった新浦寿夫投手をどれほど打たれようとも試合で使い続けたと・・・

長嶋茂雄は川上哲治前監督の意向を全て無視していた!

巨人監督就任1年目の成績が散々だったことから、ファンやマスコミに「名選手、名監督にあらず」と口々に言われ、現役時代にはあり得なかった批判の嵐にさらされた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、実は、確執があったという前監督の川上哲治さんか・・・

長嶋茂雄の巨人監督1年目は選手から反発されていた!

1974年11月21日、現役を引退した直後に巨人軍の監督に就任するも、監督1年目の1975年は、球団史上初の最下位という結果に終わった、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、チームの柱だった長嶋さん自身が抜けて戦力ダウンしただけでなく、長・・・

長嶋茂雄の巨人監督就任1年目は球団史上初の最下位だった!

1973年、シーズン終了間際の10月9日の夜、川上哲治監督から、現役を引退して監督になるよう勧告されるも、頼み込んでもう1年現役を続行した、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、1974年10月14日には、ついに現役を引退し、翌月の11月21・・・

江夏豊の覚醒剤逮捕は妻との離婚が原因?子供は娘と息子!

1966年、第1次ドラフト会議で、阪神タイガースに1位指名されて入団すると、以降、18年の現役生活で、シーズン401奪三振、オールスター9連続奪三振、江夏の21球など、様々な伝説を残すほか、広島や日本ハムを優勝に導き、”優勝請負・・・

江夏豊の現役(プロ野球選手)時代の成績が凄すぎる!

最多勝2回、最優秀防御率1回、最優秀救援投手5回、最多奪三振6回ほか、シーズン401奪三振、オールスター9連続奪三振、ノーヒットノーラン1回(自身のホームランで達成)など、凄まじい記録で、日本中の人々を熱狂させた、江夏豊(えなつ ゆたか)さ・・・

江夏豊はマイナーに半月残っていればメジャーリーガーになれた!

ミルウォーキー・ブリュワーズでメジャーを目指すも、最終ロースターの25人に残ることが出来なかった、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、実は、そのまま、半月、マイナーに残っていれば、メジャーに昇格出来たといいます。

江夏豊はレジージャクソンとの真剣勝負で踏ん切りをつけていた!

今から約40年前、まだ、エージェントなどなかった時代に、マイナーリーグのミルウォーキー・ブリュワーズのテスト生として海を渡り、たった一人、メジャーリーグに挑戦した、江夏豊(えなつ ゆたか)さんは、ライバルたちとしのぎを削る毎日の中でも、チー・・・

江夏豊はマイナーリーグで日本の野球との違いを痛感していた!

1985年3月に、ミルウォーキー・ブリュワーズのスプリングキャンプに合流すると、当初は、「日本から太った男が来た」と、冷ややかに見られるも、日を追うごとに着実に評価を上げていったという、江夏豊(えなつ ゆたか)さんですが、3月26日のシカゴ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ