山崎銀之丞!ラジオ?舞台へ!金八先生!妻は?子どもは?

ドラマ「金八先生」の遠藤先生役でお馴染みの俳優、山崎銀之丞(やまざき ぎんのじょう)さん。舞台出身の役者さんで、ラジオのパーソナリティーとして活動中に、つかこうへいさんに見出され、本格的に俳優としての道を歩まれることとなりました。


Sponsored Link

ラジオ?

山崎さんは、1986年から1991年まで、
地元福岡のRKBラジオ「HiHiHi(ハイ・ハイ・ハイ)」
でパーソナリティを務められ、

中高生を中心に、「銀ちゃん」の愛称で、
人気を博されました。

もともとは、坂口卓司アナウンサーと、
2人体制で始まった番組でしたが、

坂口アナが、別の番組を担当することになったため、
1987年からは、
山崎さんが毎日担当となられたそうです。

山崎さんが毎日担当されるようになってから、
人気が出始めたようで、

週1回行われていた、
街角収録「突撃ティーンズクラブ」や、

キャンプやクリスマスパーティのような企画物が、
若いリスナーの気持ちを掴んだようです。

しかし、どういった事情か、
街角収録やイベントが激減し、
人気は下降気味に。

そのうえ、1991年、山崎さんは、
劇作家のつかこうへいさんにスカウトされ、ラジオを降板。
上京されたそうです。

そして、深夜ラジオブームが去ったこともあり、
1993年には、打ち切りとなってしまいました。

舞台へ!

ラジオは打ち切りとなりましたが、
山崎さんにとっては、
俳優人生の幕開けとなったようです。

ラジオのパーソナリティーで、
才能を開花させた山崎さんですが、

もともとは舞台俳優であり、
劇団「劇団空想天馬」を自ら旗揚げされ、
その活動と並行してラジオも務められていたのだそうです。

そんなとき、つかこうへいさんが福岡を訪れ、
KBCテレビ番組「ドォーモ」の企画で、
有望な俳優のオーディションを行われ、

それに参加された山崎さんは、
つかさんに、その高い演技力を認められ、
福岡からつかさんの元へ上京されることになったのです。

その後、つかさんの作品、
「熱海殺人事件」シリーズに出演され、

「蒲田行進曲完結編 ~銀ちゃんが逝く」では、
主演を務められました。

金八先生!

山崎さんは、1999年から2011年まで、
テレビドラマ「3年B組 金八先生」に出演され、

理科の「遠藤達也先生」役で、
すっかりお馴染となります。

その破天荒な熱血先生ぶりは、
視聴者から愛され、山崎さんの代表作となりました。

妻は?

山崎さんは、結婚されているようですが、
奥さんの情報が一切ないことから、
一般の方だと思われます。

2015年2月、お昼のトーク番組、
「ライオンのごきげんよう」に出演された際のお話によると、

「結婚、出産によって女性は変わる」
「料理の品数が減り、雑になった」
と言われ、

これは、奥さんが出産後のお話かと思われますね(^^;)

最初の変化の時は、

相手に言うと揉めるかなと思い、
自分の中で完結した。

一回だけだろうと思った。

と、その変化に、
戸惑っておられたご様子。

その甲斐あってか、
奥さんからの「夫として・男として」の、
5点満点の評価でも、見事5点満点だった山崎さん。

いつも家族のことを一番に考え、
子育ても手伝ってくれる。

長男の離乳食をほとんど作っていたので、
次男の離乳食のとき、私はどうしてよいか解らなかった。

とのことで、
山崎さんの良きイクメンぶりが伝わってきますね!

共演された俳優の高田延彦さんが、
結婚生活において、

「とにかく男が主導権を握ろうとしちゃいかん」

とおっしゃっていたときは、
それに同意されていた山崎さん。

一歩下がることで、夫婦円満な家庭を、
築かれておられるのですね♪

Sponsored Link

子どもは?

山崎さんには、
息子さんが二人いらっしゃいます。

年齢も50歳となり、
もう父親になることはないだろう、
と諦めていたそうですが、

二人も授かり、
とても喜んでおられるご様子です。

子ども向けの番組や、アニメなども、
よく見られるようになったのだとか♪

待望のお子さんの誕生に、
山崎さんがイクメンになるのも分かりますね!

さて、ラジオのパーソナリティーや俳優、
そして、お笑いが好きで、
吉本の舞台にも立たれたことのある山崎さん。

今後も多方面でのご活躍を期待したいですね。
応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ