増澤ノゾム!プロフィール!俳優!1789!女たちの特捜最前線に出演!

Sponsored Link

2時間ドラマや、サスペンスドラマに多数出演されている、俳優の増澤ノゾム(ますざわ のぞむ)さん。大学在学中から、劇団員として舞台で活動されており、現在も多くの舞台に出演されています。




プロフィール!


増澤さんは、1966年8月21日生まれ、
北海道のご出身です。

身長178センチ、
体重63キロ、

血液型はB型、
星座はしし座、

趣味、特技は、
剣道、彫刻、バイク、車の運転、

靴のサイズは25.5センチ、

出身大学は、
北海道教育大学、

旧芸名は、
増沢望(読み方同じ)さん、

だそうです♪


劇団員として


増澤さんは、大学生の時、
劇団「P-PROJECT」を結成し、

出演はもちろん、脚本、演出など、
劇団の活動に関わること、すべてを担当。

大学卒業後は、高校の美術教師となり、
劇団の活動と両立されていましたが、

1993年には美術教師を辞め、
「劇団俳優座」に入団。
「P-PROJECT」を解散されています。

その後は、舞台を中心に、
映画やテレビドラマにも出演されるようになり、

2004年には、
「劇団俳優座」から「スタッフ・テン」へ移籍。

その後、さらに、「スタッフ・テン」から現事務所の、
「スタッフ・ポイント」に移籍されています。


主な出演作品


それではここで、
増澤さんの出演されている、
映像作品をご紹介しましょう。

映画では、

2001年「伊能忠敬~子午線の夢~」
     「みすゞ」

2006年「長州ファイブ」
     「真夜中の少女たち」

2008年「凍える鏡」


「凍える鏡」より。冨樫真さんと増澤さん。

テレビドラマでは、

1997年「その時がきた」
2003年「愛しき者へ」
2004年「新選組!」「仮面ライダー剣」
2006年「京都地検の女 第3シリーズ」


「仮面ライダー剣」より。

2007年「麗わしき鬼」
2009年「相棒 Season 8」
2013年「白衣のなみだ」
2014年「TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-」


「相棒 Season 8」より。

そのほか、「土曜ワイド劇場」
「水曜ミステリー9」
など、

サスペンスや2時間ドラマに、
多数出演されています。


「1789」


増澤さんは、
映像作品に出られるようになっても、
舞台には出演されており、

2016年には、ミュージカル、
「1789~バスティーユの恋人たち~」で、
ルイ16世役を演じられています。



この物語は、
フランス革命を背景に、

革命に身を投じる農民ロナンと、
宮廷に仕える侍女のオランプが、
敵対する間柄でありながら、惹かれ合っていく、
というラブストーリーなのですが、

増澤さん演じる、
フランスの国王ルイ16世は、

頭脳明晰で、善人でありながら、
国王としての器はなく、
趣味の錠前作りに夢中という、

ちょっと、トホホな人物として、
語り継がれており、

増澤さんは、
そんなルイ16世を演じるにあたり、

今回僕は「ルイ16世」という役を、
やらせて頂いてますが、
これがナカナカなハードル。

「良い人だけど、これならマリーは浮気しちゃうよね、
 でも最後は戻って来る気持ちもわかる、
 けど鍵オタク」というキャラ、

どーすりゃーいーのー!
ってな感じでしたが(笑)、

稽古から本番ひと月あまりを経て、
何となく自分の中での、
「ルイ」のピースがはまってきたように思います。

と、ブログに綴っておられました。

ある意味、とても人間的な人物、
という難しい役を演じきられたということで、

千秋楽では、
喜びもひとしおだったでしょうね♪

「女たちの特捜最前線」


さて、2016年7月から始まる、
テレビドラマ「女たちの特捜最前線」では、
里中徹役を演じられる増澤さん。

このドラマは、2015年12月、
「土曜ワイド劇場」として放送されたものが、

今回、連続ドラマとして、
再登場ということで、

増澤さんは引き続き、
黙々と仕事をこなす、
中堅刑事役を演じられます。

ルイ16世といい、この役といい、
無口で、真面目といった役柄が、
得意の増澤さんなので、

おしゃべりなアラフィフの熟女トリオを、
寡黙ながらも、盛り立ててくれることは、
間違いないでしょう。

個性的な人物が多く登場する中で、
物語を引き締める、
増澤さんの演技に注目です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ