マツコ・デラックス!本名は?年齢は?年収は?名言!

Sponsored Link

現在、バラエティに引っ張りだこの、マツコ・デラックスさん。レギュラー番組を数多く持ち、芸能人に疎い人でも、この人の名前を聞いたことがない人はいないくらいの人気者です。




本名や年齢などのプロフィール


マツコさんの本名は、
松井貴博(まつい たかひろ)さん。

1972年10月26日生まれ、
千葉県千葉市のご出身です。

タレント活動のほかに、
文筆業などもされているようで、

昔は、ゲイ雑誌の記者、
編集者をしていたとのこと。



マツコさんの肩書きで、「女装タレント」
というのがありますが、

オカマでもなく、オネエでもなく、
そんな職業(?)が作られたのは、
マツコさんの登場以降かもしれませんね。

それにしても、
身長180センチ、体重140キロの巨体で、
女装って、大迫力です!

でも、お肌はすべすべそうなので、
なんだか変にうらやましいです(^^)




年収は?!


さて、その女装タレントとしての活動が、
大ブレイクしたマツコさん。

さぞや、ほくほくものでしょう。
彼(女?!)の年収がどれくらいあるのか調べてみると・・・

なんと、CMのギャラなどを合わせると、
6億円を超えているとのこと!

6億って、想像できない数字ですよね・・・

マツコさんは、過去に、
ゲイ雑誌の編集者を辞めた後、

しばらく自宅で、
引きこもり生活をしていたことがあるそうですが、

その時には、まさか未来の自分が、
こんな大成功を収めているなんて、
想像もつかなかったでしょうね。



失礼ですが、

デブで、ゲイで引きこもりって・・・
ちょっと人生きつ過ぎます。

しかし、才能って、
どこで開花するか分からないものですね。

マツコさんは、本当に、
ドラマティックな人生を歩んでおられます。

ご本人はそのことについて、
淡々としておられるようですが、
内心はどうなのでしょう?

老後のために蓄えているとのことですが、
それでも、あまりありますよね!


木村拓哉と同級生だった?


そんなマツコさんの出身高校は、
千葉県立犢橋(こてはし)高等学校なのですが、

実は、木村拓哉さんと、
1年間同級生だったというのです。

このことについて、明石家さんまさんが、
ラジオ番組で言及されていたのですが、

マツコさんも木村さんも、
お互い同級生だったと知りながら、
さんまさんには何も言わないため、

「高校時代になんか2人、あったんかな?」
「言うたらアカンもんなんや」

と、気を回され、
その話題には触れなかったのだそうですが、

なんと、高校時代、マツコさんと木村さんは、
会話を交わしたことはなかったのだとか!

当時、木村さんは、
すでに「SMAP」として活動されており、

学校に来てはすぐに帰る、木村さんの後ろ姿を、
マツコさんは、陰から見ていたそうですが、

一方で木村さんは、

「どいつがマツコか分かんねぇよ」

と、おっしゃっていたようなので、
当時のマツコさんを覚えていないようです。

ともあれ、
さんまさんによると、

今でも、お互いお二人に会っているものの、
どちらからも何も言われることはないのだとか。

それより、さんまさんは、
当時のマツコさんがどのよう風貌だったのか、
気になるご様子♪(激しく同感!)

芸能人の中では、木村さんだけが、
高校時代のマツコさんを、
おぼろげに覚えていらっしゃるかもしれない、
貴重な存在と言えますね!

マツコさんの名言


さて、最後に、
マツコさんの名言集なるものを、
多くの人が検索されているようなので、
ご紹介しましょう。

ただ、人の成功をねたんでいるだけでは、
生きている価値がありません。

そして、成功イコール幸せでもないもんよ。
人生とは、えらく厄介なものですね。

そう、自分が幸せかどうかは、
自分で決めるしかないのよ。

笑いって差別でしょう?

私が自分で常に承知しているのは、
「私は差別されているから笑われているんだ」
ってことなの。

あと、毒舌も!

親は身の程を知れ。
ブサイクなお前の娘が、
シンデレラなんかできるわけないでしょ!

思っててもなかなか言えないですよね(^^;)
マツコさんだから、おもしろい。



でも私ね「ありのままでいい」っていう風潮は、
よくないと思うのよ。

最近は、流行った映画の影響もあって、
「ありのままでいい」という風潮がありますが、

本当にありのままなら、
この社会、生きてはいけませんよね。

人生のどん底と絶頂、
この二つを経験したからこそ言える、

核心をついた言葉の数々が、
私達の心にも響くんだと思います。

これからも、タレント活動はもちろんのこと、
こういう言葉で、私達を導いてほしいですね。

と言いたいのですが・・・

こんなアタシにも、
「人生を指南してください」なんて企画が持ち込まれるの。

でも、アタシ自身どうしたらいいか迷っているのに、
「人サマに人生を教えている暇はありません」
って断ってるわ。

とのこと。

マツコさんらしいですね~

今後の活躍も期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ