伊東四朗の若い頃は?てんぷくトリオ?小松政夫と?息子は?死亡?

Sponsored Link

俳優の伊東四朗(いとう しろう)さん。現在では、良いお父さん役などでお馴染みですが、実は昔は喜劇役者として活躍されていたというから、驚きですね!「ズン」「ニン」などをはじめとする、ギャグや持ちネタもたくさんあったそうです。


てんぷくトリオ

伊東さんは、三波伸介さん、戸塚睦さんと共に、
「てんぷくトリオ」として活躍されましたが、
伊東さんはどちらかというと、
サブ的な役割だったそうです。

そんな中、1972年、
戸塚さんが亡くなったことで、
活動を継続することが難しくなります。

次第に個々の活動をされるようになり、
ついに、活動休止となってしまったそうです。

電線マン?小松政夫と?

しかし、その後、伊東さんは、
小松政夫さんとの共演が話題となります。

1975年にスタートした、
バラエティ番組「笑って!笑って!!60分」では、
小松さんとのコントや、「小松の親分さん」が大人気となりました。


また、1976年にスタートした、
バラエティ番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」でも、
小松さんとコントをされ、

「電線マン」のコーナーでは、
派手な衣装をまとい、サーカスの団長に扮した、
「電線音頭」での「ベンジャミン伊東」が大ブレイク。

伊東さんは、
日本中にブームを巻き起こされました。

威圧的な顔で、体もムキムキ、
そんな伊東さんが、変な格好をして、
ひげを付けられて、変な踊りをする、

そのアンバランスさが、
余計に面白かったのでしょうね(^^)


ちょっと今の伊東さんからは想像できませんね。

そうやって積み上げていった伊東さんは、
次第に、芸能界で重要な人物になっていかれたようで、

1979年には、
「ザ・チャンス!」で二代目の司会者に抜擢。

そして、1983年には、
大ヒットドラマ「おしん」で、おしんの父親役を演じられ、
俳優として、新たな境地を開拓されました。

「おしん」より。泉ピン子さんと伊東さん。

その後、数々のテレビドラマや映画に出演されていますので、
伊東さんの俳優としての活躍ぶりは、
もうご存知のとおりですね。

息子は?

伊東さんには、
息子さんがお二人いらっしゃいます。

お一人は、次男の、
伊東孝明(いとう たかあき)さんです。

1971年生まれで、
1992年に芸能界デビューされています。

2007年には、「5時に夢中」で、
司会者として活躍されていたのだとか。

俳優としても活躍中で、
テレビドラマに出演されています。

ちなみに、長男は、
一般のお仕事をされているようで、
情報がありませんでした。

死亡?

なんと、伊東さんが亡くなったという、
衝撃のニュースがネット上を駆け巡りました!

調べてみると、

同姓同名で、漢字が違う、
元プロ野球選手で南海ホークス(現ソフトバンクホークス)の、
スカウトを務められたこともある、
「伊藤四郎」氏が亡くなったとのニュースでした。

同姓同名だったことから、
伊東さんが亡くなったと勘違いされた方が、
多くいらっしゃったようです(^^)

さて、いかがでしたでしょうか?

今では、すっかり名脇役の俳優として、
定着されている伊東さんですが、

ご本人は、いまなお、
喜劇役者としての誇り持たれており、
「いつまでも喜劇役者としてあり続けたい」
と思っておられるんだとか。

伊東さんがいつまでも若々しく見えるのは、
そういったことが理由なのかもしれませんね。

これからも、お元気な姿を見せ続けてもらいたいものです♪
応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ