吉田鋼太郎!妻は?息子は?弟は?半沢直樹で人気急上昇!


NHK朝の連ドラ「花子とアン」、テレビドラマ「半沢直樹」「MOZU season1 ~百舌の叫ぶ夜~」「ウロボロス」など、最近ヒットしたドラマに次々出演して、一躍有名になったベテラン俳優、吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)さん。


吉田さんは、高校生の頃見た、シェイクスピアの劇「十二夜」
に感銘を受けて役者を志したそうです。
そのせいか、テレビドラマよりも、舞台に多く出演されていました。

「オディプス王」「タイタス・アンドロ二カス」「ヘンリー四世」
「リア王」「オセロー」など、

タイトルを見てわかるとおり、
海外の古典作品を得意としています。

高校生の頃に感銘を受けたシェイクスピアに
とても影響を受けたことが分かりますね。
吉田さんのこだわりが見えます!!

しかも、それに応えられるだけのすごい演技力も持っているので、
その存在感と迫力は絶品です!

吉田さんの長い役者歴の中で、
ドラマ出演が増えたのは2010年頃からだそう。

ごく最近ですね。
新境地を開拓されたのでしょうか?

お仕事では、舞台にテレビに絶好調の吉田さんですが、
プライベートはどうでしょうか?
ご家族について調べてみました!

Sponsored Link

妻は?息子は?

吉田さんは、現在独身で、
二度の離婚歴があるそうです。

最初の奥さんは、
まだかわいいさかりの2歳の息子さんを連れて、
突然、家を出て行ってしまったそう。

吉田さんが家に帰ると、息子さんのおもちゃや、
小さなタンスまでもが、一切なくなっていたそうです・・・
吉田さんのショックは察するにあまりあります(^_^;)

でも、原因は吉田さんにあるようです。
芸を磨くためと、
酒や他の女性達と遊ぶことにのめりこんだそう。

これは吉田さん自ら、
インタビューに答えておられたので、本当です!

昔かたぎの役者さんですね。
プライベートを犠牲にしてしまいましたが、
この辛い経験が後々役に立ちました!!

2014年、吉田さんは、
NHK朝の連ドラ「花子とアン」に出演され、
大正時代に実際にいた人物で、
炭鉱王の「伊藤伝右衛門」をモデルにした、
嘉納伝助を演じておられます。

令嬢で歌人の柳原白蓮を嫁にもらいますが、
女性関係が激しかったことから、
奥さんに別の男性と駆け落ちされてしまい、

そのうえ、新聞上で、
絶縁状を突きつけられてしまうという、
とほほな役柄でした。

吉田さんの実際の経験とかなりかぶっていますね。

伝助さんの気持ちがなんとなくわかる

伝助さんの絶縁状っていうのは、
そのときの自分と、なんとなくですがつながりますよね

と、吉田さんもおっしゃっています(^^)

その後、息子さんと会えたのでしょうか?
気になりますね・・・

弟?

吉田さんの検索キーワードに、
「弟」「実弟」などが出てきます。
吉田さんに弟さんがいるのでしょうか?

調べてみると、そうではなく、
俳優のリリーフランキーさんと良く似ていることから、
兄弟説が流れたようです!


確かに!
よく似てらっしゃいますね~

吉田さん自身も、
「よく間違われる」 とおっしゃっています(^^)

Sponsored Link

半沢直樹

吉田さんは、大ヒットしたドラマ、
「半沢直樹」にも出演されています。

ドラマの中で唯一人間味にあふれ、
半沢(堺雅人さん)の見方をしてくれる、正義感の強い上司、
内藤寛部長役を演じておられます。

上司がこんな人だったらいいのにな~
と思わせる役柄を好演されていました。

当然のごとく、
この役で吉田さんの人気は急上昇♪

「演技派」とか、「ベテラン」などの、
ありきたりな言葉では表せない深みを持つ吉田さん。

舞台で培った演技力と、
プライベートを犠牲にしてまで、役者に込めた情熱を武器に、

豪快で破天荒だが、どこか人間的で繊細、
そんな微妙な役までこなせる、
吉田さんの今後の活躍にも期待したいですね!
応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ