鮎ゆうきの夫は神保悟志!子供は?宝塚トップ娘役!男役だった?ドラマは?


宝塚時代は、その可憐な容姿で娘役として活躍された、鮎ゆうき(あゆ ゆうき)さん。宝塚退団後は、女優として、「偽りの花園」「麗しき罠」などのテレビドラマに出演されています。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

鮎さんは、1966年2月21日生まれ、
東京都江戸川区のご出身(石川県金沢市生まれ)、

身長166センチ、

血液型はO型、

本名は、
神保美樹子(じんぼ みきこ)、
(旧姓:星野)

学歴は、
和洋国府台女子高等学校中退、

特技は、日本舞踊だそうです。

宝塚音楽学校へ入学

鮎さんは、幼い頃から、「劇団こまどり」に所属し、NHKのドラマ「大草原の小さな家」の吹き替えをされたり、「みんなのうた」で歌ったりされていたそうで、

その後、1982年、高校1年生の終わり頃には、「宝塚音楽学校」の試験を受験し、見事合格。同校に入学されています。

宝塚歌劇団で男役に

そして、1985年に「宝塚音楽学校」を卒業し、「宝塚歌劇団」に第71期生として入団されると、

同年、「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏まれ、その直後、男役として「雪組」に配属。


「恋のチェッカーフラッグ」より。左端が鮎さん。
右端は主演の一路真輝さん。

同年6月には、新人公演、「愛のカレードスコープ/アンド・ナウ」でカール王子を演じ、新進の男役として、一躍脚光を浴びたのでした。

トップ娘役として

そんな鮎さんは、1987年の、「サマルカンドの赤いばら」でも、「パルフの王子」を演じられているのですが、

同年、テレビドラマ「あなたもスターになりますか」で、ヒロインを演じられたことをきっかけに、娘役に転向すると、

翌年の1988年には、「風と共に去りぬ」新人公演で、いきなり、主人公のスカレーレット役に。

また、同年「おもかげ草紙」では、当時、男役トップスターだった、杜けあきさんの相手役に抜擢され、トップ娘役に就任されたのでした。

鮎さんは、その後も、

1989年「ムッシュド・巴里/ラ・パッション!」
     「ベルサイユのばら -アンドレとオスカル編-」

1990年「天守に花匂い立つ/ブライト・デュライト・タイム」


「ベルサイユのばら -アンドレとオスカル編-」より。

などに、娘役として出演され、

1991年「華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト」東京公演千秋楽を最後に、「宝塚歌劇団」を退団されています。

出演ドラマ

その後は、女優として、テレビドラマなどに出演されている鮎さん。

その一部をご紹介しましょう。

1993年「新幹線物語’93夏」
1994年 NHK大河ドラマ「花の乱」
     「いつの日かその胸に」

1995年「宝引の辰捕者帳」第13話
     「女監察医室生亜季子18・時効ナシ」
     「浅見光彦シリーズ1『伊香保殺人事件』」

1997年「新・半七捕物帳」第3話
     「山村美紗サスペンス『向日葵は死のメッセージ』」
1998年「いのちの器」
1999年「牟田刑事官事件ファイル『沖縄仲人旅行連続殺人』」
     「浅見光彦シリーズ12『札幌殺人事件』」

2000年「名探偵・明智小五郎 三角館の恐怖 エレベーター密室殺人」
     「独身生活」
     「暴れん坊将軍X」
第2話

2000~2002年「温泉へ行こう」
2001年「水戸黄門 第29部」第23話
2002年「津軽海峡ミステリー航路1」
2006年「偽りの花園」
2007年「麗わしき鬼」
2012年「ラッキーセブン」第2話
2013年「おとり捜査官・北見志穂17」


「偽りの花園」より。鮎さんと小林高鹿さん。

などに出演されています。

Sponsored Link

神保悟志と結婚!子どもは?

そんな鮎さんの、気になるプライベートですが、

鮎さんは、2001年、俳優の神保悟志さんと結婚され、女の子を二人出産されています。

(娘さんの情報は明かされておらず、名前や年齢などは分かりませんでした。)

お二人は、2000年、お昼のドラマ「温泉へ行こう」での、共演がきっかけで知り合われ、神保さんからのアプローチで交際に発展。


「温泉へ行こう」より。神保さんと鮎さん。

何度かお食事に行くようになり、神保さんからプロポーズされたそうです♪

ちなみに、お二人は、結婚後もとても仲が良く、お二人が旅番組で共演された際には、鮎さんが神保さんに、

あなたが 本当に家のことをよく手伝ってくれたり、仕事にも理解があるから すごい助かってます。

と話され、

神保さんも、

家が一番落ち着く場所

と、おっしゃっていたそうです。

さて、いかがでしたでしょうか?

現在、鮎さんは、芸能活動と主婦業を両立されているのですが、いまだに、ご主人の神保さんは、鮎さんの美貌や、宝塚出身ならではの我慢強さにベタ惚れだそうで、ご自身も番組でおっしゃっていましたが、そんなご主人の愛情と理解があってこその両立なのかもしれませんね。

これからも、まだまだ、宝塚仕込みの濃厚な演技が期待できそうです!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ