的場浩司の若い頃は?元気が出るテレビ?はいすくーる落書でブレイク!


1987年、18歳の時、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出演すると、たちまち人気を博した、的場浩司(まとば こうじ)さん。そんな的場さんの、デビューからブレイクに至る経緯について調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?高校は?本名は?

的場さんは、1969年3月28日生まれ、
埼玉県上尾市のご出身、

身長177センチ、

血液型はA型、

学歴は、
上尾市立大石南中学校
⇒上尾東高校中退
⇒帝京高校中退?

本名は、的場浩司(芸名と同じ)、

兄弟は、兄と妹、

趣味は、
スイーツ、自動車、バイク、身体を動かすこと、スキューバダイビング、

特技は、
スキューバダイビング、殺陣、

好きな歌手は、
近藤真彦、矢沢永吉、THE MODS、横浜銀蝿、チェッカーズ、BOØWY、浜崎あゆみ

嫌いなものは、
虫(一人暮らしの時に、ゴキブリが1匹出ただけで、すぐに引っ越したこともあるそうです)

ちなみに、霊感が強く、幽体離脱して寝ている自分を上から見た事があるほか、寝ている時、白い服を着た30人の小さなオッサンに身体を押さえられた事もあるそうです。

高校時代は金髪リーゼント

的場さんは、高校時代、髪の毛を金髪にし、特攻服を着てバイクを乗り回すなど、暴走族の一員だった時期があったそうですが、

18歳頃から、自分の将来について考えるようになったそうで、やりたいことを見つけようと、様々な仕事をされると、どの仕事もとてもおもしろく、やりがいがあったそうですが、

これが俺の一生かけてやりたい仕事なのか

と、考えると、そうではないような気がして、

まだ何かやりたいことがあるんじゃないか

と、模索するようになったそうです。

(10円でもお金をもらう以上はプロだと考えていたため、どの仕事にも手を抜かず、花屋で働いていた際には、ブーケも自分で作っていたそうです)

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で人気を博す

そんな中、的場さんは、1987年、18歳の時、(当時トラックの運転手をされていたのですが)暴走族関連の雑誌に登場していたのを、バラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の演出を手掛けていたテリー伊藤さんに見初められ、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の不良少年を野球で更生させるという企画「草野球コーナー」に出演されると、

リーゼントに鋭い目つき、バリバリヤンキー的風貌ながら、面白い発言を繰り返す的場さんは、チーム「爆苦連亡世」(ばっくれんなよ)のリーダー格として、メキメキと存在感を示し、たちまち人気を博します。

Sponsored Link

「はいすくーる落書」でブレイク

そして、1988年には「首都高速トライアル」で映画デビュー、1989年には「こまらせないで!」でテレビドラマデビューされ、


「首都高速トライアル」より。的場さんと浅野愛子さん。

同年の1989年、不良の集まりだった工業高校へ赴任した新米教師・諏訪いづみが、次第に生徒たちと心を通わせ、お互い成長していく姿を描いたテレビドラマ「はいすくーる落書」で、生徒・遠藤薫役を演じられると、たちまちブレイク。


「はいすくーる落書」より。ヒロインの斉藤由貴さん(中央)と的場さん(右隣)

その後も、「ママハハ・ブギ」(1989)、「予備校ブギ」(1990)、「ADブギ」(1991)と、テレビドラマに立て続けに出演され、一躍、人気俳優の仲間入りを果たされたのでした。

「的場浩司のデビューからの出演ドラマ映画は?写真集にスイーツ本も!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ