浜木綿子の旦那は?離婚後は息子の香川照之のせいで恋人と破局!


18歳で宝塚歌劇団に入団すると、娘役トップスターとして活躍し、宝塚歌劇団退団後は、特に、2時間ドラマの女王として活躍された、浜木綿子(はま ゆうこ)さん。今回は、そんな浜さんのプライベートを中心にご紹介します。

「浜木綿子の若い頃は宝塚!デビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!」からの続き

Sponsored Link

元旦那は三代目市川猿之助(二代目市川猿翁)

浜さんは、1965年に、歌舞伎役者の、三代目市川猿之助(現・二代目市川猿翁)さんと結婚されています。


市川猿之助さんと浜さん。(1965年2月26日結婚披露宴より)

そして、同年12月には、息子の香川照之さんを出産されているのですが、わずか3年後の、1968年に離婚されています。


(左から)浜さん、赤ちゃんの頃の香川照之さん、市川猿之助さん。

離婚理由

その離婚理由ですが、息子の照之さんが1歳半の時、なんと、ご主人の猿之助さんが、16歳年上の愛人、日本舞踊藤間流紫派家元で女優の、藤間紫(ふじま むらさき)さんの元に移り住んだというのです。

浜さんはその当時を振り返り、

あれは65年に結婚し、約1年半ほどたったころ。ある夜、猿翁さんから家に電話がかかってきました。会話中、確かに女性の声がしたのです。それが誰かは分かりません。私は何げなく「誰かいるの?」と聞くと、「誰もいない」。

いつになくきつい口調で返ってきました。その違和感が胸騒ぎとなり、私は先に受話器を置いていました。

と、かすかな予兆があったことを明かし、

その恋愛がどんな形であったとしても、
人を好きになる気持ちは誰にも止められないものです。私自身、一時的であったにせよ、愛され大事にされた記憶は、消えることはありません。

例の不可解な電話の後、話し合いらしきものもなく、猿翁さんは家を出ていき、帰ってこなくなりました。

と、離婚に至った経緯を語っておられます。

W不倫だった

ちなみに、藤間紫さんは、舞踊家の藤間流宗家六世藤間勘十郎の奥さんで、2児の母親だったのですが(つまり、W不倫)、勘十郎さんとは離婚しないまま、猿之助さんと同棲を続け、

1985年(62歳)、ようやく勘十郎さんと離婚されると、その15年後の、2000年(77歳)に、猿之助さんと正式に再婚されています。(2009年、85歳で他界)


藤間紫さんと市川猿之助さん。

龍虎と交際も、息子の香川照之が原因で破局

一方、浜さんはというと、離婚から7年たった1975年の夏頃、元大相撲力士でタレントの、龍虎(りゅうこ)さんと交際を開始されるのですが、一人息子の照之さんが龍虎さんになつかなかったことから、再婚に踏み切れず、1985年に破局。


幼少期の香川照之さんと浜さん。

浜さんは、2013年に、トーク番組に出演された際、

照之が(大学生の頃)、「もうそろそろ別れたらいいんじゃないか」って。

それで、言いに行ったのよ、その相手に。あの子にとって父親は一人しかいないんです。そう(照之に)言われたって、(交際相手に)言いに行きましたよ。

と、交際相手の名前は明かされなかったものの、破局について語っておられます。


タップで拡大

それ以降、浜さんには、交際の噂はなく、現在も独身です。

左とん平への追悼コメント

ところで、浜さんは、テレビドラマ「監察医・室生亜季子」や、舞台「売らいでか!」で、長年、左とん平さんとコンビを組まれていたのですが、

2018年2月24日、左さんが「心不全」で他界されると、

寂しくてつらいです。ずっと相手役でしたから。“夫”を失った思い。喜劇を一緒に作り上げた戦友でした。

奥さまからやっとお許しが出てお見舞いにうかがったのが(2017年の)クリスマス前でした。あまり反応がないというお話でしたが「とんちゃん、浜ですよ」と呼び掛けたら、うぅーとおっしゃって、10センチくらい起き上がられたのが最後でした。

100歳まで舞台をやるって仰っていたのですが…まださよならは言えません。

と、ショックを隠しきれないご様子でした。


1968年、舞台「売らいでか!」より。左とん平さんと浜さん。

また、同年4月3日には、左さんのお別れ会が開かれているのですが、浜さんは、腰を痛めていたせいで、会場には来られなかったのですが、

とんちゃん。浜ちゃん何? って声は帰ってきません。寂しいです。こんなはずじゃなかったのに。まだまだ続けるって言ってたのよ。本当に残念。

去年の暮れにお見舞いに行ったら、奥様から「このところ反応がないのよ」と。「舞台が始まるわよ、とんちゃん」って呼び続けたら、あなた少し起き上がったの、口を開けて。でも、すぐ寝てしまった。何を言いたかったの?
早く舞台に立ちたいって言いたかったんでしょう? 私は奇跡が起きるんじゃないかと信じていました。でも力尽きちゃったのね。本当に悔しい。

とんちゃんと2人の舞台は幕がおりました。多くのお客様に笑っていただいたわね。今ここで2人で御礼を言いましょう。ありがとうございました。

あなたとは戦友、朋友です。とんちゃんは体がすごく硬いのに、舞台ではクラゲのようにやわらかく動き回って、みんなの緊張を和らげてくれましたね。不思議な才能を持った方。

34歳の時に初めて出会って、何度もご一緒しましたね。あなたと出会えて幸せでした。ありがとう。本当に寂しい。悲しい。つらいです。本当につらいです。また会えるものなら会いたい。今日はたくさんのご友人がいらしているのよね。あなたお友達が多かったから、幸せね。よかったわね。

今、前に写真があります。昨年4月、博多座公演に2人で行ったときの写真があります。あなた、笑ってる。笑ってる。さよならは言えません。だって、あなたとの思い出は生きていますから。とんちゃん、またね。またね。あなたは芸能界での私の夫。本当にありがとうございました。ありがとう。ありがとう。浜ちゃんでしたよ。

と、弔事を寄せられ、亡き左さんを偲ばれています。


2000年、舞台「売らいでか!」より。左とん平さんと浜さん。

Sponsored Link

現在は?

さて、2007年に、火曜サスペンス劇場「監察医・室生亜季子」シリーズが終了してからは、めっきりテレビドラマでお見かけすることがなく、ファンを残念がらせていた浜さんですが、

現在は、1年に1ヶ月の座長公演とその稽古、CM出演が主なお仕事のようで、悠々自適な生活を送られているご様子。

2016年5月には、舞台「新版 喜劇『極楽町一丁目 -嫁姑千年戦争-』」で、80歳を回っているとは、到底思えない若々しさを見せられていたので、たまには、テレビドラマでも、お姿を見せて欲しいものです。

「浜木綿子の若い頃は宝塚!デビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ