渡辺美佐子の夫との馴れ初めは?65歳で初めて家事?息子は?


1953年に「ひめゆりの塔」で映画デビューして以来、90歳間近となった現在も、現役で女優として活躍されている、渡辺美佐子(わたなべ みさこ)さん。今回は、そんな渡辺さんのご主人にまつわることについてご紹介します。

「渡辺美佐子の一人芝居「化粧 二幕」に京セラ稲盛和夫も援助していた!」からの続き

Sponsored Link

夫はTBSの元プロデューサー

渡辺さんは、1965年、32歳の時、当時TBSのプロデューサーだった、大山勝美さんと結婚されています。


1994年、紫綬褒章受章時の大山さんと渡辺さん。

お二人はドラマの収録で知り合われ、大山さんのシャツの襟が汚れていたことから、

渡辺さんが、

もしかして独身?

と、尋ねたことがきっかけで、親しくなったそうで、一年の交際を経て、結婚されたそうです。

ちなみに、大山さんは、結婚後の1977年には、家族のあり方を問うた「岸辺のアルバム」、1983年には、冴えない若者の群像劇「ふぞろいの林檎たち」などのテレビドラマを手がけて、いずれも高視聴率を記録し、

1992年には、TBSを退職して制作会社を設立し、ドラマを作り続けられたそうで、奥さんである渡辺さんの存在が大きな力になったことは想像に難くありません。

夫の胆管ガンが発覚

その後も、大山さんは、1998年に「ギャラクシー賞」(優れた番組に贈られる賞)のテレビ部門個人賞を受賞されるなど、お仕事は順調だったのですが、それからまもなくして、「胆管ガン」が発覚します。

そこで、大山さんは手術を受けられるのですが、手術の後、医師から、妻である渡辺さんに、余命3年と告げられてしまいます。

しかし、渡辺さんは、そのことをご主人に伝えることができず、

今は、ガンは手術すれば治る時代だから

と、励ますのが精一杯だったそうです。

65歳で初めて家事をする

すると、ちょうどその頃、家事をお願いしていたお手伝いさんも病気を患い、故郷に帰ってしまったそうで、渡辺さんは、電話でお手伝いさんに料理を教わりながら、体に良さそうな鶏ガラスープや野菜の五目煮などを作られたそうですが、

(なんと、渡辺さんは、この時(65歳)初めて家事をしたそうです)

それまでは、渡辺さんら夫婦と息子さんは別々に夕食を取っていたのが、息子さんも加わり、3人そろって渡辺さんの作った素朴な料理を食べるようになったそうで、初めて家族で平穏で幸せな時間を過ごしたのだそうです。

夫の闘病をサポートするも・・・

その甲斐あってか、ご主人は、毎日外出して事務所で企画を考えたり、人に会ったりできるようになり、足を鍛える器具を買ったり、桜が見頃な時期には散歩に出掛けるなど、健康にも気を遣うようになっていったそうで、

渡辺さんも、

最後まで走り抜けて

という思いで、玄米でおかゆを作ったり、マッサージをしてあげるなど、ご主人をサポート。

そして、思っていたよりも元気に仕事ができているように見えたことから、

この調子が続いていけば……

と、祈るような気持ちで見守っていたそうですが・・・

夫が胆管ガンで死去

2012年頃になると、ご主人は「胆管ガン」の合併症で「腸閉塞」を起こすようになり、苦しさのあまり、話すことも出来なくなることもあったそうで、

そんなある日のこと、死後の世界をテーマにした番組を見ながら、

僕は霊魂を信じる

と、力強く言われたそうです。

(この、死を意識するようなご主人の姿を見て、渡辺さんも覚悟を決めたそうです)

そして、2014年10月2日の夜、ご主人が自宅で「腸閉塞」を起こし、いつもより苦しがったことから、渡辺さんが急いで病院に連れて行かれると、

診察を待つ間、ご主人は渡辺さんの手を握りながら、

あなたは、あしたは稽古だから帰って

と、言ったそうで、渡辺さんはこの言葉に従って家に帰ったそうですが・・・

翌朝、医師から、

心臓が一度止まった。蘇生して動き始めたが、意識が戻らない。

と、電話がかかってきて、渡辺さんは、急いで病院に駆けつけたのですが、ご主人はすでに昏睡状態となっており、息子さんとご主人の妹さんの3人で見守る中、意識が戻ることがないまま、それから3日後に息を引き取られたのでした。

夫への思い

実は、渡辺さんは、ご主人の死の前日、心のどこかで、

また元気になって戻ってきてくれるだろう

と、思っていたそうで、

看病する時間すら与えてくれずに、ご主人が亡くなってしまったことに、体から力が抜けていくようだったそうです。

また、ご主人が亡くなってはじめて、ご主人が渡辺さんの仕事の支えになっていたことに気づいたそうで、

ご主人も、渡辺さん同様、仕事が生きる支えだったことから、

亡くなる直前まで、仕事のことを考え続けていた夫ですから、今でも、やり残した仕事への思いが魂となって、家や事務所にいるような気がしています。

と、語られたのですが、

生前、渡辺さんは、家事やセリフを覚えることに忙しく、ご主人が健康のためにされていた散歩について行かなかったそうで、そのことを今でも悔やんでいると明かされていました。

Sponsored Link

息子は?

ちなみに、渡辺さんは、結婚された時、ご主人に、

男の子を産んで欲しい

と、言われていたそうで、念願が叶い、男の子が一人誕生しているのですが、

一般のお仕事をされているようで、現在、息子さんがどうされているか詳しいことは分かりませんでした。

さて、いかがでしたでしょうか。

渡辺さんの、

  • 年齢は?出身は?身長は?本名は?
  • 俳優養成所に入所
  • 女優デビュー
  • 出演作品(映画)
  • 出演作品(テレビドラマ)
  • 一人芝居「化粧 二幕」がライフワーク
  • 「化粧 二幕」のあらすじ
  • 「京セラ」稲盛和夫社長に出資してもらっていた
  • アメリカでの反応に手応え
  • 28年648回の上演で幕
  • 夫はTBSの元プロデューサー
  • 夫の胆管ガンが発覚
  • 65歳で初めて家事をする
  • 夫の闘病をサポートするも・・・
  • 夫が胆管ガンで死去
  • 夫への思い
  • 息子は?

について、まとめてみました。

90代間近となっても現役で活動されている渡辺さん。

これからもお体には十分気をつけて、末永いご活躍を期待したいものです。

「渡辺美佐子の若い頃は?デビューからの出演ドラマ映画を画像で!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ