秋元才加!ハーフ?身長は?男?腹筋を作る方法は?


女性アイドルグループAKB48の元メンバーの、秋元才加(あきもと さやか)さん。2013年にAKB48を卒業されてからは、映画やテレビドラマを中心に、女優として活動されています。


Sponsored Link

ハーフ?

秋元さんは、
フィリピンのマカティ市で生まれました。

お父さんは、日本人ですが、
お母さんは、フィリピン人です。

出身は、千葉県松戸市となっていることから、
そこで育ったようです。

ハーフということで、
英会話は得意だそうですが、

フィリピンの公用語である、
タガログ語は苦手なんだそうです。

ご家族の中での会話は、やはり、
日本語か英語だったのでしょうね。

デビューは?

幼い頃から家が貧しく、
芸能界に入れば、お金が稼げると思った秋元さん。

中学生の頃から、
片っ端にオーディションを受けられたそうですが、
なかなか合格しなかったようです。

しかし、高校2年生の時、
渋谷を歩いていると、
AKB48のオーディションのチラシを
もらったのだとか。

当時、AKB48は、まだまだマイナーな存在で、
特に興味はなかったそうですが、
軽い気持ちで応募されたそうです。

見事、第1次審査に受かり、
第2次審査に進んだ秋元さんでしたが、

みんなが、ふりふりのピンクの衣装で、
踊っているのを見て、引いてしまい、

第2次審査は辞退します。

と、思わず言ってしまったのだとか!

しかし、ご両親の後押しもあり、
受けることにしたそうです。

受かりたいという気持ちも、
あまりなかったため、

普段着のTシャツとジャージ姿(しかも穴が空いている^^;)で、
第2次審査を受けられた秋元さん。

面接の秋本康さんに、その理由を尋ねられ、

受かるときは、
何を着ていても受かると思うから。

と答えられたそうです!

かなり真髄をついた答えですね~
すでに大物感が漂っていたようです(^^)

そして、オーディション最終審査で、
秋本康さんに選ばれたのが、
秋元さんと、宮澤佐江さんの二人だったんだとか。

面接では、自然体で臨んだことで、
逆に秋元さん独特の個性が発揮できたのでしょうね。

そんな、ちょっとアイドルらしからぬ、
秋元さんのうわさについて調べてみました!

身長は?男顔?

秋元さんの身長は、
166センチだそうです。

背が高いので、「男顔」と言われている、
きりっとした顔立ちと相まって、
華やかに見えますね♪

確かに、ふりふりのピンクの衣装に、
秋元さんがひるんだのが分かる気がします(^^;)

どちらかというと、黒などの大人っぽい、
シックな衣装がお似合いですね。

Sponsored Link

腹筋を作る方法は?

秋元さんは、顔だけではなく、
体も、筋肉質で男らしいと話題です(^^)

特に、秋元さんの美しい腹筋が注目を集められ、
ご自身の鍛えぬかれた腹筋の写真を、
度々Instagramにアップされているそうです。

AKB時代から、すでに、
鍛えられた腹筋を披露されていましたが、

卒業してからは、さらに磨きがかかり、
女性でもここまで腹筋が割れるのかと、
驚くほどです!

さて、なぜ腹筋に、
それほど、こだわっておられるのでしょうか?

高校生の頃は、体重が68キロもあり、
太っていたという秋元さん。

AKBに加入した当初も、太っていたため、
1日500回の腹筋をされるようになったのだとか!

そして、秋元さんは、自身のブログで、
「女性にもできる、優しく、腹筋を作る方法」
を伝授しておられます。

まずは、軽く寝て、肋骨のくぼみ辺りを3秒位みる。
そして3秒戻す。
これだけです。
これを15回位3セット。

やってみると実感出来ると思いますが、
このトレーニングでは腹筋の上部を鍛えます。

続いては、足を少し上げた状態で、
バランスボールに足を乗せるとか、
椅子に足を乗せるとかしてください。

お腹を見て3秒。
戻して3秒。
これで、腹筋の下部を鍛える事が出来ます。

セット数は、
自分の体のバランス、体調を考えて、
足したり引いたりしてくださいね。

腹筋を割りたいって方は、
脂肪を燃焼させなきゃだから、
トレーニングした後に、有酸素運動を足すと、
腹筋効果が倍増するみたいです笑。

とのことでした!

やっぱり努力されているんですね~

私達も、このトレーニングをすれば、
秋元さんのような、美しく引き締まった腹筋を、
手に入れられるかもしれません!

AKB48卒業後、
本格的に女優として活動されている秋元さん。

これからが勝負だと思いますので、
頑張ってほしいですね!
今後のご活躍を期待しています!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ