藤原紀香と陣内智則の離婚がバーニングに仕組まれたという根拠は?


陣内智則さんとの離婚に関しては、当初は、陣内さんの不倫が原因で、一貫して被害者の立場とされるも、2009年3月26日、「週刊新潮」(4月2日春季号)により、結婚・離婚は全て、所属事務所の親会社であるバーニングプロダクションによる仕切りだったと報じられた、藤原紀香(ふじわら のりか)さん。「週刊新潮」は、その証拠として、スポーツ誌に離婚が報じられた2009年3月19日の不自然な出来事についても報じています。

「藤原紀香と陣内智則の結婚&離婚はバーニングに仕立てられたものだった?」からの続き

Sponsored Link

藤原紀香の母親は関西では放映されていない「ラジかるッ」を見て陣内智則の態度に激怒していた?

2009年3月19日の朝、「スポニチ」「日刊スポーツ」「スポーツ報知」の3社により、紀香さんと陣内智則さんの離婚が報じられると、陣内さんは、当日、情報番組「ラジかるッ」に出演した際、お互いの間に問題が生じたことがあり、「お互い距離をおいてみようか」という話し合いをしたことは認めるも、それはあくまで前向きな話し合いで、離婚は否定したのですが、

一方、この番組を見たという紀香さんのお母さんは、陣内さんが女性問題に触れなかったとして、「あまりのひどさに許せない」と激怒したとされていました。

ただ、情報番組「ラジかるッ」は関西では放映されておらず、兵庫県西宮市に住む紀香さんのお母さんが「見た」というのは不自然な話で、

某芸能レポーターは、

紀香のおかあさんが出てきたのも変な話です

陣内が生放送で喋った後、テレビで(陣内さんが)嘘をついていると言いましたが、『ラジかるッ』は関西で放映されていません。どこで見たんでしょう

と、疑問を呈しています。

吉本幹部が東京大阪ともに不在の日を狙って離婚報道はされていた?

また、陣内さんと吉本興業にとって、離婚報道は寝耳に水だったそうで、吉本興業には(離婚について紀香さんの事務所から)確認の電話が1本も入らなかったため、陣内さんは(「ラジかるッ」にレギュラー出演している木村祐一さんの代理であらかじめ決まっていた)情報番組「ラジかるッ」に予定通り出演したそうですが、

奇しくも、この日(3月19日)、吉本幹部は、社を上げて開催した「沖縄国際映画祭」の初日で沖縄へ行っており、東京・大阪とも広報不在の状態で、吉本に連絡するも「関係者不在」という対応だったといいます。

Sponsored Link

離婚はバーニングに仕組まれたものだった?

一方、紀香さんはというと、前日の3月18日には赤十字の広報特使としてケニアに発ち、連絡が取れなくなっていたそうで、この段取りの良さから、全ては紀香さんサイド(バーニングプロダクション)に仕組まれたものだったというのです。

(両方の親が参加した家族会議でも、常に紀香さんのお母さんが主導権を握り、陣内さんに離婚届を書かせ、紀香さんのお母さんが保管していたといいます)

ちなみに、吉本興業の幹部は、

紀香の事務所が、離婚情報を、うち(吉本)には何の相談もなく親しいスポーツ紙にリーク。その後に本人(陣内さん)が離婚を認めた。

結婚の時は『女性セブン』にリークしましたが、やり方は同じです。しかも、吉本が初めて行った一大イベント『沖縄国際映画祭』の初日にぶつけてくるんだから、本当に狡猾(こうかつ)ですよ(苦笑)

と、呆れていたといいます。

「藤原紀香は陣内智則と離婚後は証券アナリストと交際していた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ