雪村いづみのデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1953年、テレサ・ブリュワーのカバー曲「想い出のワルツ」でレコードデビューすると、たちまちヒットを記録し人気歌手の仲間入りを果たすと、その後も、「青いカナリヤ」「オウ・マイ・パパ」などのヒット曲を連発し、ポップス、ジャズ、カントリーなど様・・・

「雪村いづみのデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

雪村いづみは昔母親の莫大な借金を一人で完済していた!

1950年代、江利チエミさん、美空ひばりさんととともに、「三人娘」と呼ばれるなど、昭和を代表する人気少女歌手となるも、人気絶頂の1959年、22歳の時には、母親の8500万円(現在の貨幣価値で25億円)もの借金を背負うことになったという、雪・・・

「雪村いづみは昔母親の莫大な借金を一人で完済していた!」の続きを読む

雪村いづみが若い頃はアメリカでも「ホリデイインジャパン」で人気を博していた!

1953年4月、16歳の時、「想い出のワルツ」でレコードデビューすると、20万枚を売り上げる大ヒットを記録し、1955年には、「三人娘」である、江利チエミさん、美空ひばりさんと共に出演した映画「ジャンケン娘」が空前の大ヒットとなった、雪村い・・・

「雪村いづみが若い頃はアメリカでも「ホリデイインジャパン」で人気を博していた!」の続きを読む

雪村いづみが若い頃は「三人娘(美空ひばりと江利チエミ)」で人気!

お父さんが35歳という若さで突然自殺したことで生活が困窮し、家計を支えるべく、中学卒業後の1952年に、ダンスホール「フロリダ」で歌を歌う仕事を始めた、雪村いづみ(ゆきむら いづみ)さんは、翌年の1953年4月、16歳の時には、テレサ・ブリ・・・

「雪村いづみが若い頃は「三人娘(美空ひばりと江利チエミ)」で人気!」の続きを読む

雪村いづみの生い立ちは?中卒で歌手活動をスタートしていた!

商社に務めるかたわら、ハワイアンバンド「カルア・カマアイナス」で活動するお父さんのもと、東京・目黒に誕生した、雪村いづみ(ゆきむら いづみ)さんは、音楽好きだったお父さんの影響を受けて、音楽に恵まれた裕福な環境で育ったそうですが、お父さんが・・・

「雪村いづみの生い立ちは?中卒で歌手活動をスタートしていた!」の続きを読む

丹阿弥谷津子の夫は金子信雄!子供は?

戦前・戦後にかけて、清楚な美貌と確かな演技力で舞台を中心に活躍すると、その後、テレビドラマや映画にも数多く出演し、近年は、NHK朝の連続テレビ小説「はね駒」「ええにょぼ」「どんと晴れ」「ちゅらさん」シリーズなどで、ほがらかで優しいおばあちゃ・・・

「丹阿弥谷津子の夫は金子信雄!子供は?」の続きを読む

丹阿弥谷津子は戦時中は移動劇団で活動していた!

高校3年生の時、「文学座」で初舞台を踏んで以来、舞台、映画、テレビドラマと長年活躍してきた、丹阿弥谷津子(たんあみ やつこ)さんですが、戦時中は、移動劇団で、全国の工場、学校、軍に慰問公演をしていたといいます。

「丹阿弥谷津子は戦時中は移動劇団で活動していた!」の続きを読む

丹阿弥谷津子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1945年、新劇合同公演「桜の園」のヒロイン・アーニャ役で本格的な舞台デビューを果たすと、たちまち脚光を浴び、以降、舞台のほか、数々のテレビドラマや映画にも出演した、丹阿弥谷津子(たんあみ やつこ)さん。今回は、そんな丹阿弥さんの出演作品を・・・

「丹阿弥谷津子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

丹阿弥谷津子は若い頃三島由紀夫と共に「劇団NLT」を結成していた!

1963年11月、「文学座」の座長・杉村春子さんらが、三島由紀夫さんの戯曲「喜びの琴」をいくつかのシーンを問題視して上演拒否したことにより、三島さんが「文学座」を脱退すると、続いて、10数名のメンバーとともに「文学座」を脱退した、丹阿弥谷津・・・

「丹阿弥谷津子は若い頃三島由紀夫と共に「劇団NLT」を結成していた!」の続きを読む

丹阿弥谷津子が「文学座」脱退の起因となった「喜びの琴事件」とは?

1963年11月、三島由紀夫さんの戯曲「喜びの琴」の上演を、「文学座」の座長・杉村春子さんらが、いくつかのシーンを問題視し、拒否したことにより、三島さんが「文学座」を脱退すると、三島さんに同調した10数名のメンバーとともに「文学座」を脱退し・・・

「丹阿弥谷津子が「文学座」脱退の起因となった「喜びの琴事件」とは?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ