細木数子の六星占術は盗作?墓石霊感商法?降板理由は?病気?現在は?

Sponsored Link

銀座のママから一転、占い師に転身されると、著書「六星占術」が最盛期で50億円以上の売上を誇り、一躍バラエティ番組に引っ張りだことなられた、細木数子(ほそき かずこ)さん。しかし、その後、次々と黒い噂が明らかとなり、2008年にはレギュラー番組をすべて降板されています。


「細木数子の生い立ちが壮絶!父親は?若い頃は?島倉千代子から搾取?」からの続き

占い師に転身

こうして、島倉千代子さんとの縁が切れた細木さんですが、
1982年に、「六星占術による運命の読み方」
という占いの本を出版されるなど、占い師に転身されると、

六星占術による新・運命の読み方―あなたの運気は12年周期で揺れ動く (ワニ文庫)

1985年には、「細木数子の六星占術 あなたの運命」シリーズが、
ベストセラーとなり、以降、次々と「六星占術」に関する著書を発表。

さらに、この成功で、

「ズバリ言うわよ!」
「幸せって何だっけ~カズカズの宝話~」
「細木数子の人生ダメだし道場」

など、バラエティ番組にも引っ張りだことなられ、
「視聴率の女王」としてもてはやされます。

「ズバリ言うわよ!」より。

盗作疑惑

しかし、人気絶頂だった2004年頃から、
細木さんの占い手法「六星占術」に、盗作疑惑が。

実は、細木さん自身は「六星占術」を、

長年の研究の末、独自に編み出した。

と、自著で語っているのですが、

ノンフィクション作家でジャーナリストの溝口敦さんが、
細木さんの半生を綴った「週刊現代」のルポ連載、
「細木数子 魔女の履歴書」で、「六星占術」は、

「占い師・神煕玲(じん きれい)さんの六大天冲殺からの盗作」

と暴露されたほか※1)、

ある占い師の話でも、

細木さんの六星占術は、実は、
「0(ゼロ)学占星術」という占いのパクリといっていい。

0学は、土星、金星など12の星のタイプに分けて占いますが、
六星占術は6つの星で占う。

しかし、これは0学の星数を半分にして、
プラスとマイナスをつけただけなのです。

と、細木さんの六星占術がパクリだと指摘しているのです。

ただ、そのような疑惑がささやかれても、
細木さんがテレビに出演されると視聴率が稼げ、
そのうえ、本を出版すれば確実に売れるため、

テレビ局も出版社も細木さんに頭が上がらない状態で
細木さんはテレビに堂々と出演し続けていったのでした※2)。

※1^ 溝口敦さんの連載「細木数子 魔女の履歴書」では、14回に渡って、
 細木さんの盗作疑惑ほか、売春斡旋や暴力団との深い関係などが、
 綴られているのですが、それに対して細木さんは、6億円もの、
 損害賠償を求める裁判を起こすも、後に取り下げており、その後、
 この連載は2008年に「細木数子 魔女の履歴書」として出版されています)

※2^ 細木さんが本を発売した直後、出版社では、社員だけではなく、
 アルバイトにまで、大入り袋に入った臨時ボーナスが支給され、
 海外に社員旅行(もちろん、全額、細木さん持ち)に行くなど、
 まさに、細木様様だったそうとか。)

細木数子 魔女の履歴書 (講談社+α文庫)

墓石霊感商法で訴えられる

また、細木さんは、講演会(勉強会)などで、
「お墓のたたり」について、

人の死後、骨肉の争いが起きるのは、
墓が悪いから、墓にカネをかけていないから。

分家が墓をまつると本家は絶滅する。
二男、三男が相続すると長男は一年以内に死ぬ。
長男の長男は行方不明になる。

石原裕次郎の骨を海に撒(ま)いた。
骨は土に返さなければならない。だから石原家は絶家する。

(逸見政孝さん、松尾和子さん、勝新太郎さんについて)
豪邸を建てる前に、なぜ、一千万円、五千万円の墓を建てなかったのか。
(この人たちの不幸は)墓が悪いからだ。

などと語って、参加者の不安をあおったところで、
お墓の鑑定・指導が必要と、まず10万円を受け取り、

その後、お墓の鑑定をして、
1000万円を超えるお墓の購入を勧めていたそうで、

1993年には、ついに、佐賀市に住む女性から、
人の不幸・不安につけこんで不当に高額な墓を買わされたと、
損害賠償を求める裁判を起こされたのでした。

(なぜか、1996年、この女性は訴えを取り下げています)

降板理由

そして、細木さんは、2008年、
レギュラー番組をすべて降板。

表向きには、

「休養したい」
「身辺整理のため」
「本業(占い)に専念するため」

とおっしゃっているのですが、

実際のところは、

「墓石霊感商法」に対する批判が高まってきたほか、

「細木数子 魔女の履歴書」裁判で、暴力団を使って溝口敦さんを脅したこと、
島倉千代子さんをだましてギャラを搾取していたことなどが、
明らかとなったことで、

細木さんが出演するテレビ番組の視聴率が低下し、
局側から打ち切られたのではと言われています。

現在は?病気?

さて、いかがでしたでしょうか?

2013年に出版された「六星占術による霊合星人の運命」の、
表紙を飾る姿が激ヤセしていたことから重病説が流れ、

2017年7月には、ライフワークの「勉強会」も終了し、
事務所の代表取締役を務める男性を後継者にされたことから、

細木さんも、ついに第一線を退かれるのかと思いきや、

引退されるのですか

との記者からの直撃取材には、

引退なんかしないわよ!

と、相変わらずの細木節で答えられたそうなので、
まだまだ、ご健在のご様子。

なお、2015年には、

私の余命はあと4年

と宣言されているので、そろそろ・・・

引き続き、細木さんからは目が離せません!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ