山﨑努の若い頃は?年齢は?妻は?娘は?名誉館長?死去?

Sponsored Link

映画「天国と地獄」「八つ墓村」で見せた、迫力ある名演技で有名な俳優、山﨑努(やまざき つとむ)さん。ビールのCMでもおなじみですね。数々の賞も受賞されており、高い評価を受け続けておられる、名俳優です。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

山﨑さんは、1936年12月2日生まれ、
千葉県東葛飾郡松戸町(現・松戸市)のご出身、

身長174センチ、

血液型はA型、

学歴は、
東京都立上野高等学校卒業、

ちなみに、
山﨑努は本名です。

若い頃は?

山﨑さんは、高校を卒業後、
1959年に、「文学座」に入団され、
1960年に、三島由紀夫さんの戯曲「熱帯樹」でデビュー。

そして、同年、
「大学の山賊たち」で映画デビューも飾られます。

その後、1963年には、「劇団雲」の結成に参加され、
同年、黒澤明監督の映画「天国と地獄」で誘拐犯を演じ、
大ブレイクされました。

俳優になられて半世紀以上たち、
現在も、その勢いは衰えるどころか、
第一線で活躍されている山﨑さん。

そんな山﨑さんの、
気になるうわさについて調べてみました。

名誉館長?

俳優業のほかに、沖縄の「美ら海水族館」の、
PR活動を担う、名誉館長も務められているそうです。

そのきっかけとなったのが、
世界初、イルカの人口尾びれの開発と、
それを装着して泳げるようになった、バンドウイルカの物語を映画化した、
「ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ」で、
水族館館長を演じられたことだそうです。

この物語は、美ら海水族館の実話ということで、
山﨑さんは、この撮影で出会ったバンドウイルカの「フジ」に会いに、
美ら海水族館に通われているそうです(^^)

山﨑さんは、名誉館長になられて、
初めて名刺を持たれたのだとか。

俳優一筋でやってこられたら、
名刺なんて持つ必要ありませんものね(^^)

妻は?

さて、山﨑さんのプライベートですが、
奥さんは、元宝塚歌劇団星組の、
黛ひかる(まゆずみ ひかる)さんです。

冒頭でも触れましたが、
1963年、黒澤明監督の映画「天国と地獄」で誘拐犯を演じ、
大ブレイクされた山﨑さん。

その後、仕事のオファーが殺到するも、
生活できるだけの最低限の仕事だけを受け、
ほとんどのオファーは断られたのだとか。

自分が売れたのは、実力ではなく、
黒澤監督のおかげと思われていたそうで、
しばらく、充電しようと思われたのだとか。

その充電期間に出演された、
NHKのドラマ「アラスカ物語」
黛さんと共演され、知り合われたのだそうです。

1963年に結婚されたお二人ですが、
結婚式の仲人を、「アラスカ物語」の脚本を担当された、
石原慎太郎さんが務められたのだとか。

当時のことを振り返って、山﨑さんはインタビューで、

石原さんが、
『山﨑の結婚は俺が仲人なんだよ、俺の作品で知り合ったんだ』
って言っているんだけど、あれは本当です。
だけど、そのことを石原さんが知っていること自体が僕には意外だった。

と語っておられました。

さて、めでたくご結婚された山﨑さんですが、
新婚当初のことを、

結婚して妻に働かせ、僕は家で寝っころがって読書や、
毎日ダラダラ過ごしていた。そう、ヒモみたいにね。ははは

と、茶目っ気たっぷりに告白されました。
コワモテの山﨑さん、意外な一面ですね(^^)

娘は?

山﨑さんには、
娘さんが一人いらっしゃいます。

女優として活動されている、
山﨑直子(やまざき なおこ)さんです。

1992年に、篠山紀信さんが撮影を担当された
「週刊朝日」での表紙を飾られ、
その後、モデルとして活動されていました。

1990年中頃からは、
女優に活動の場を移されているようです。

2009年、キリンラガービールのCMで
父娘共演されていましたね♪

死去って?

山﨑さんが死去?

山﨑さんを、「死亡」「死去」「訃報」などで
調べている方が多いようです。

一体どういうことでしょうか?

はっきりした理由はわかりませんでしたが、
「山﨑さんと、故・緒形拳さんが似ている」
と、ネット上で話題でしたので、

おそらく、山﨑さんと緒形さんを
勘違いされているのではないかと思われます。

確かに、お二人の雰囲気には共通点がありますよね。

あと、考えられるのは、
映画「お葬式」や、「おくりびと」など、
葬儀に関係する映画に出演されている影響もあるかもしれません。

とにかく、山﨑さんは今もご健在です!

「怪演」と言われる名演技で、
役者としての地位を不動のものにした山﨑さん。

「俳優のノート」や、「柔らかな犀の角」などの本も出版され、
文才も発揮されています。

これかも末長く頑張ってほしいですね。
応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ