宇梶剛士!身長は?昔は?アイヌ?奥さんは?

Sponsored Link

1997年の大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下2」に出演され、一躍有名になられた、俳優の宇梶剛士(うかじ たかし)さん。2013年には、社会現象となった、ドラマ「半沢直樹」で、ダークな役柄である東田満役を演じられ、実際に視聴者から嫌われるほど、見事に「悪」の演技を披露されました。




身長は?


宇梶さんの身長は、
188センチと、すごく背が高いです。

子どもの頃から大柄で、
運動神経が良かった宇梶さん。

出生時は体重が5000グラムもあり、
中学の時には、すでに、
身長が180センチもあったそうです!


昔は?


宇梶さんは、子どもの頃、
大リーガーを夢見る野球少年で、

甲子園を目指して、拓殖大学第一高等学校に進学、
野球部に所属されました。

プロ球団のスカウトが、
宇梶さんを何回も見に来られたそうです。

それほど有望株だった宇梶さんですが、
野球部内のトラブルから、
ボールを触らせてもらえない日々が続き、

ある日、とうとう、
友達と暴力事件を起こしてしまい、
逮捕されてしまいます。



野球部は出場停止、
そして宇梶さんは施設に入れられ、
退所後は高校を中退、

将来を有望視されていた、
宇梶さんの野球人生も幕を降ろしたのでした。

その後、北海道のおじさんに連れられて、
北海道へ行かれ、そこで仕事を与えられましたが、
やる気も起きず、当然役にたたなかったそうです。

そうしているうちに、
東京の家庭裁判所から呼び出しがあり、
逃げるように、東京に帰られたそうです。

そこからが、宇梶さんの、
転落の人生の始まりでした。

友達は不良ばかりで、
友達がいた暴走族「ブラック・エンペラー」に入り、

ケンカが強いことから、
17歳で総長になられたのだとか!



仲間と一緒にいるのが好きだった宇梶さん。
産経ニュースのインタビューで、その時の心情を、

よく「心が空っぽになる」っていうじゃない。
それまでは野球だけだったから、
そんな感じで心がズコーンと抜けたようだった。

うちに帰ると、怒りや憎しみで苦しくなるから、
最後の一人が帰るまで、
コンビニの前とかでたむろしていた。

と、語っておられました。

寄る辺ない、寂しさを感じますね。

そして、宇梶さんが18歳の時、
幾度かの暴力沙汰で、
多数の怪我人が出るという事件が起こりました。

無関係だと思っていた宇梶さんも、
再び施設に送られてしまったのでした。

そこで、宇梶さんは、
喜劇王チャップリンの生い立ちと、
成功までの軌跡が書かれた本「チャップリン自伝」を、
面会に来たお母さんに手渡されたそうです。



貧しく、不遇な少年時代を送ったチャップリンが、
数々の逆境にもめげず、
不屈の精神で、成功を掴み取るまでの物語で、
宇梶さんは感銘を受け、改心されます。

そして、俳優を目指すことを、
決意されたのでした。

宇梶さんは、施設を退所した後、
定時性高校に復学、見事に卒業され、
人生の再スタートを切られました。

お母さんの紹介で、
歌手の錦野旦(にしきの あきら)さんと
知り合うことができ、
付き人として働くことになったそうです!



お母さんのコネクション、恐るべし!

しかし、どうしても、
仕草など、以前の習慣が出てしまい、
お辞儀の仕方など、
錦野さんが教えてくれたそうです。

その後は、菅原文太さんに見込まれ、
菅原さんの付き人になられるという幸運に。

宇梶さんは、菅原さんが亡くなるまで、
「オヤジ」と言って、慕っておられたのだとか。



第2の人生を歩き始めた宇梶さんを、
面倒を見て、指導してくれた菅原さんですので、
ある意味、本当のお父さんのような、
存在だったのでしょうね。

そして、さらに三輪明宏さんに見出され、
「青森県のせむし男」で初舞台を踏まれます。

その後は、三輪さんの取り計らいで、
渡辺えりさんのもとで、舞台の経験を積むことに。

渡辺さんは、
宇梶さんに染み付いた、斜に構えた姿勢を、
10年かけて、直してくれたそうです。



たくさんの人々に受け入れられながら、
更生されていった宇梶さん。

変わりたいと強く思った瞬間から、
運命が好転されたように思います。

まさに、宇梶さんの、
強い意志と努力の賜物ですね。

宇梶さんは、心の弱さから不良になってしまったと、
分析しておられ、

周りを否定してばかりいると、
自分と向き合う時間がなくなって、
たった一度の自分の人生を他人のために費やすことになる。

ささやかでも自分にできることを考えて、
前進した方がいいと思うな。

と、同じように、弱い自分に苦しむ人々へ、
メッセージを送っておられます。

宇梶さんは、その後、長い下積み時代を経て、
1997年の大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下2」の、
前園俊雄役で人気を博され、

それ以降、数多くの映画やドラマに出演、
俳優としての地位を確かなものにされたのでした。

アイヌ?


宇梶さんのお母さんは、
アイヌ人の宇梶静江(うかじ しずえ)さんという方で、

詩人、古布絵作家、絵本作家の肩書をお持ちで
民族運動家、アイヌ文化の継承者としても、
活動されているようです。



宇梶さんのはっきりした、
彫りの深い顔立ちから、納得ですね!


奥さんは?


宇梶さんは、結婚されていて、
娘さんがおられるようです。

情報がないことから、
奥さんは一般の方ではないかと思われます。

この奥さんとは再婚のようで、
一度目の結婚は、
宇梶さんが20歳の時だそうです。

23歳になる前に、
息子さんが生まれていますが、
その前に離婚されているようです。

宇梶さんが、1962年生まれなので、
息子さんは、1985年生まれでしょうか、
現在は、30歳になられているということになりますね。

昔、不良だったとは想像がつかないほど、
ダンディで優しそうな笑顔が印象的な宇梶さん。

俳優業の傍ら、
講演活動も積極的に行われています。

いろいろなご経験も、
決して無駄ではなかったということですね。
今後のご活躍も期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ