映画「仁義なき戦い」などで有名な、俳優の菅原文太(すがわら ぶんた)さんですが、実は、若い頃はモデルをされていました。しかも、俳優でブレイク前は悪役も。今回は、そんな菅原さんの、デビューからブレイク前についてご紹介します。

Sponsored Link

出身は?身長は?本名は?

菅原さんは、1933年8月16日生まれ、
宮城県仙台市のご出身、

身長176センチ、

血液型はO型、

学歴は、
早稲田大学第二法学部法学科中退、

ちなみに、「菅原文太」は本名です。

モデルとして活動

菅原さんは、大学在学中、モデル活動を始められると、その一方で、「劇団四季」に第1期生として入団。(初期の頃の作品に、端役で出演されています。)

1955年には大学を中退し、翌年の1956年、「哀愁の街に霧が降る」で学生役を演じ、映画デビューされます。


「哀愁の街に霧が降る」より。左端が菅原さん。

それでも、メインはモデル活動で、1957年には、日本初の男性専門モデルクラブ、「ソサエティ・オブ・スタイル」を設立され、雑誌やショーのファッションモデルとして活動を続けられます。

新東宝に入社

ただ、1958年、喫茶店で、「新東宝」の宣伝部員にスカウトされると、映画俳優になることを決意。

同年、映画「白線秘密地帯」に出演された後、「新東宝」と専属契約を結ばれると、


「白線秘密地帯」より。

長身だった菅原さんは、吉田輝雄さんら4人で、「ハンサム・タワーズ」の名称で売り出され、低予算の娯楽映画に次々と出演されます。


「ハンサム・タワーズ」の4人。(左から)高宮敬二さん、吉田輝雄さん、菅原さん、寺島達夫さん。

松竹に移籍

しかし、1961年には、「新東宝」が経営不振で倒産。

(菅原さんは数多く主演も務められたのですが、「新東宝」が経営不振だったため、知名度を高めることはできませんでした)

菅原さんは、「ハンサム・タワーズ」のメンバーとともに、「松竹」に移籍されると、

1963年「死闘の伝説」
1965年「血と掟」
1966年「男の顔は履歴書」

などに出演されたのですが(荒々しい演技で、存在感を示されたのですが)、メロドラマやホームドラマなど、女優が主体の「松竹」では、個性を活かし切れず。

1967年には、映画監督の安藤昇さんの紹介で、「東映」に移籍されたのでした。

Sponsored Link

東映に移籍

すると、当初は端役続きだったものの、次第に悪役で存在感を示し、1969年「現代やくざ 与太者の掟」で、「東映」移籍後、初の主演に抜擢されると、シリーズ化されて、1972年まで続き、


「現代やくざ 与太者の掟」より。

そのほかにも、「関東テキヤ一家」「まむしの兄弟」もシリーズ化され、ついに、菅原さんは、人気俳優への階段を登り始めたのでした。

「菅原文太の仁義なき戦いほか出演ドラマ映画を画像で!」に続く

Sponsored Link