菅原文太の仁義なき戦いほか出演ドラマ映画を画像で!


ファッションモデルから俳優転向当初は、所属会社の問題もあり、いまいち伸び悩んだ、菅原文太(すがわら ぶんた)さんですが、徐々に悪役などで存在感を現すと、ついに、大ブレイクを果たします。

「菅原文太の若い頃はモデル!俳優転向当初は悪役だった!」からの続き

Sponsored Link

「仁義なき戦い」「トラック野郎」で大ブレイク

菅原さんは、1973年、「仁義なき戦い」で、元組長・美能広三役を演じられているのですが、


「仁義なき戦い」より。

美能広三が獄中で綴った手記が原作のこの映画は、戦後、広島のやくざ抗争20年の実態が綴られていることから、まるでドキュメンタリーのような迫力を持ち、シリーズ全5部作が、すべて大ヒットを記録。

このヒットにより、菅原さんは、一躍、大ブレイク。

そして、続く、1974年の「新仁義なき戦い」シリーズ、1975年の「トラック野郎」シリーズも大ヒットを記録し、ついに、菅原さんは、東映を代表する映画スターになられたのでした。


「トラック野郎」より。

アニメ「千と千尋の神隠し」の声優も

その後、菅原さんは、1980年には、NHK大河ドラマ「獅子の時代」で主演を務められると、


「獅子の時代」より。加藤剛さんと菅原さん。

1981年「警視庁殺人課」
     「中卒・東大一直線/もう高校はいらない!」

1984年「輝きたいの」
1985年「法医学教室の午後」


「法医学教室の午後」より。菅原さんと寺尾聰さん。

など、テレビドラマにも力を入れるようになり、

一方、映画では重厚な脇役に徹するようになり、ヤクザ映画でも大御所的な役柄で出演。

また、2001年には、アニメ映画「千と千尋の神隠し」で釜爺役の声を演じ、好評を博しています。

その後、息子さんを不慮の事故で亡くされ、失意のため、しばらく、芸能界から遠ざかっていましたが、2003年、映画「わたしのグランパ」の主演で復帰されると、

以降、

2005年 映画「妖怪大戦争」
2007年 映画「バッテリー」
      NHKドラマ「ハゲタカ」


「ハゲタカ」より。(左から)菅原さん、柴田恭兵さん、大森南朋さん。

などで、貫禄のある演技を披露されています。

出演作品(映画)

それでは、ここで、菅原さんのデビューからの主な出演作品をご紹介しましょう。

1956年「哀愁の街に霧が降る」
1958年「白線秘密地帯」
     「女王蜂の怒り」
1959年「猛吹雪の死闘」
     「海女の化物屋敷」
     「狂った欲望」
     「九十九本目の生娘」
     「大学の御令嬢」


「哀愁の街に霧が降る」より。左端が菅原さん。


「白線秘密地帯」より。

1960年「女奴隷船」
     「爆弾を抱く女怪盗」
     「美男買います」
     「太平洋戦争 謎の戦艦陸奥」
     「黒い乳房」
     「皇室と戦争とわが民族」
     「女獣」
     「裸の谷間」
     「男の世界だ」
     「暴力五人娘」


「女奴隷船」より。右端が菅原さん。

1961年「恋愛ズバリ講座 弱気」
     「風流滑稽譚 仙人部落」
     「湯の街姉妹」
     「三味線とオートバイ」
     「学生重役」
1962年「男の歌」
     「京子の初恋 八十八夜の月」
     「大笑い次郎長一家 三ン下二挺拳」
     「学生芸者 恋と喧嘩」
     「東京さのさ娘」
     「空と海の結婚」


「湯の街姉妹」より。水原ユカさんと菅原さん。

1963年「若いやつ」
     「河内の風より あばれ太鼓」
     「残酷の河」
     「死闘の伝説」
     「港に消えたあいつ」
     「見上げてごらん夜の星を」
     「色ぼけ欲ぼけ物語」


「見上げてごらん夜の星を」より。菅原さんと坂本九さん。

1964年「駆逐艦雪風」
     「続・道場破り 問答無用」
     「犯罪のメロディー」
     「香華 前後篇」
     「太陽を抱く女」
     「孤独」
     「さまざまの夜」
     「にっぽんぱらだいす」
     「夜の片鱗」
     「明日の夢があふれてる」

1965年「母の歳月」
     「馬鹿っちょ出船」
     「血と掟」
     「青雲やくざ」
     「逃亡と掟」
     「続青雲やくざ怒りの男」
     「ハイウェイの王様」

1966年「侠勇の花道」
     「顔を貸せ」
     「炎と掟」
     「男の魂」
     「空いっぱいの涙」
     「紀ノ川 花の巻」
     「男の顔は履歴書」
     「阿片台地 地獄部隊突撃せよ」
     「神火101 殺しの用心棒」


「男の魂」より。菅原さん(左)と竹脇無我さん(右)。

1967年「シンガポールの夜は更けて」
     「宴」
     「恋をしようよ カリブの花」
     「人妻椿」
     「網走番外地 吹雪の斗争」

1968年「極道」
     「前科者」
     「怪猫呪いの沼」
     「極悪坊主」
     「兄弟仁義 逆縁の盃」
     「兵隊極道」
     「ごろつき」
     「緋牡丹博徒 一宿一飯」
     「極悪坊主 人斬り数え唄」
     「博徒列伝」


「博徒列伝」より。(左から)菅原さん、高倉健さん、鶴田浩二さん。

1969年「不良番長 猪の鹿お蝶」
     「現代やくざ 与太者の掟」
     「旅に出た極道」
     「懲役三兄弟」
     「現代やくざ 与太者仁義」
     「極悪坊主 念仏人斬り旅」
     「不良番長 練鑑ブルース」
     「やくざ刑罰史 私刑」
     「日本暴力団 組長」
     「不良番長 送り狼」
     「組織暴力 兄弟盃」
     「ごろつき部隊」
     「女親分 喧嘩渡世」
     「日本暗殺秘録」
     「関東テキヤ一家」


「不良番長 練鑑ブルース」より。菅原さんと梅宮辰夫さん。


「現代やくざ 与太者の掟」より。

1970年「不良番長 王手飛車」
     「現代任侠道 兄弟分」
     「血染の代紋」
     「極悪坊主 念仏三段斬り」
     「関東テキヤ一家 喧嘩仁義」
     「緋牡丹博徒 お竜参上」
     「新兄弟仁義」
     「不良番長 一攫千金」
     「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」


「不良番長 一攫千金」より。

     「日本ダービー 勝負」
     「戦後秘話 宝石掠奪」
     「日本女侠伝 鉄火芸者」
     「博徒仁義 盃」
     「極道兇状旅」
     「喜劇 ギャンブル必勝法」
     「最後の特攻隊」
     「不良番長 暴走バギー団」
     「人斬り観音唄」
     「新宿の与太者」
     「不良番長 口から出まかせ」


「関東テキヤ一家 喧嘩仁義」より。右端が菅原さん。

1971年「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」
     「極悪坊主 飲む打つ買う」
     「現代やくざ 盃返します」
     「すいばれ一家 男になりたい」
     「懲役太郎 まむしの兄弟」
     「女渡世人 おたの申します」
     「不良番長 やらずぶったくり」
     「喜劇トルコ風呂」
     「関東兄弟仁義 仁侠」
     「まむしの兄弟 お礼参り」
     「悪親分対代貸」
     「現代やくざ 血桜三兄弟」
     「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」
     「関東テキヤ一家 浅草の代紋」


「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」より。菅原さんと梅宮辰夫さん。

1972年「緋牡丹博徒 仁義通します」
     「まむしの兄弟 懲役十三回」
     「不良街」
     「関東緋桜一家」
     「現代やくざ 人斬り与太」
     「木枯し紋次郎」
     「極道罷り通る」
     「博奕打ち外伝」
     「まむしの兄弟傷害恐喝十八犯」
     「木枯し紋次郎 関わりござんせん」
     「やくざと抗争」
     「人斬り与太 狂犬三兄弟」
     「緋ぢりめん博徒」


「まむしの兄弟」より。川地民夫さんと菅原さん。

1973年「仁義なき戦い」
     「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」
     「仁義なき戦い 広島死闘篇」
     「やくざ対Gメン 囮」
     「山口組三代目」
     「まむしの兄弟 恐喝三億円」
     「仁義なき戦い 代理戦争」
     「海軍横須賀刑務所」


「海軍横須賀刑務所」より。菅原さん(左)と勝新太郎さん(右)。

1974年「仁義なき戦い 頂上作戦」
     「学生やくざ」
     「まむしの兄弟 二人合せて30犯」
     「暴力街」
     「山口組外伝 九州進攻作戦」
     「ルパング島の奇跡 陸軍中野学校」
     「仁義なき戦い 完結篇」
     「極道VSまむし」
     「あゝ決戦航空隊」
     「実録飛車角 狼どもの仁義」
     「安藤組外伝 人斬り舎弟」
     「新仁義なき戦い」


「仁義なき戦い 頂上作戦」より。(左から)梅宮辰夫さん、松方弘樹さん、菅原さん。

1975年「まむしと青大将」
     「大脱獄」
     「県警対組織暴力」
     「トラック野郎 御意見無用」
     「神戸国際ギャング」
     「新仁義なき戦い 組長の首」
     「トラック野郎 爆走一番星」


「神戸国際ギャング」より。菅原さん(左)と高倉健さん。

1976年「横浜暗黒街 マシンガンの竜」
     「新仁義なき戦い 組長最後の日」
     「トラック野郎 望郷一番星」
     「バカ政ホラ政トッパ政」
     「トラック野郎 天下御免」


「バカ政ホラ政トッパ政」より。

1977年「やくざ戦争 日本の首領」
     「新宿酔いどれ番地 人斬り鉄」
     「日本の仁義」
     「トラック野郎 度胸一番星」
     「ボクサー」
     「日本の首領 野望篇」
     「トラック野郎 男一匹桃次郎」
1978年「犬笛」
     「トラック野郎 突撃一番星」
     「日本の首領 完結篇」
     「ダイナマイトどんどん」
     「トラック野郎 一番星北へ帰る」


「日本の首領 完結篇」より。小池朝雄さんと菅原さん。

1979年「総長の首」
     「トラック野郎 熱風5000キロ」
     「太陽を盗んだ男」
     「堕靡泥の星 美少女狩り」
     「トラック野郎 故郷特急便」
1981年「青春の門」
     「ちゃんばらグラフィティー斬る!」
     「炎のごとく 大和新社」
1982年「制覇」
1984年「修羅の群れ」
1985年「ビルマの竪琴」
     「ザ・サムライ THE SAMURAI」
     「鹿鳴館」


「ビルマの竪琴」より。

1987年「映画女優」
     「黒いドレスの女」
1988年「つる 鶴」
     「YAWARA!」
     「マイフェニックス」
     「開港風雲録 YOUNG JAPAN」
1990年「リメインズ 美しき勇者たち」
     「信号ばか 菅田事務所」
     「カンバック」
     「鉄拳」
1991年「撃てばかげろう」


「鉄拳」より。

1992年「ビッグ・ボス BIG BOSS」
     「奇跡の山 さよなら、名犬平治」
     「復讐は俺がやる DISTANT JUSTICE」
1993年「民暴の帝王」
1994年「首領を殺った男」
     「やくざ道入門」
1995年「斬り込み」
     「修羅がゆく」
     「南の島に雪が降る」
1997年「傷だらけの天使」
1999年「日本極道史 野望の軍団」


「やくざ道入門」より。安岡力也さん(左)と菅原さん(右)。

2000年「どら平太」
     「実録・広島やくざ戦争」
     「実録・広島やくざ戦争 完結篇」
2001年「千と千尋の神隠し」
     「日本抗争烈島 牙の如く」
2002年「修羅の群れ」
     「修羅の群れ 第3部」
2003年「わたしのグランパ」
     「良寛さん」


「どら平太」より。(左から)石橋蓮司さん、菅原さん、石倉三郎さん、役所広司さん。


「わたしのグランパ」より。菅原さんと石原さとみさん。

Sponsored Link

出演作品(テレビドラマ)

1964年「〆七貫」
     「虹の設計」
1966年「武田信玄」
     「新吾十番勝負」
1968年「待っていた用心棒」
1973年「新選組」
     「長谷川伸シリーズ」

1980年 NHK大河ドラマ「獅子の時代」
     「悪党狩り」
1981年「警視庁殺人課」
1982年「幸福の黄色いハンカチ」
     「火曜サスペンス劇場『たそがれに標的を撃て』」
     「ビゴーを知っていますか」
1983年「パパ、スカートはいてよ」


「幸福の黄色いハンカチ」より。三船敏郎さんと菅原さん。

1984年「中卒・東大一直線 もう高校はいらない!」
     「輝きたいの」
1985年「法医学教室の午後」「法医学教室の長い一日」
     「武蔵坊弁慶」
     「激写狩人フォトハンター ~ある女性カメラマンの手記~」
1988年 NHK大河ドラマ「武田信玄」
     「水曜グランドロマン『バラ」」」


「武田信玄」より。


「バラ」より。岸恵子さんと菅原さん。

1990年「荷物のない旅人」
     「戦艦大和」
1992年「北の国から’92巣立ち」
     「往診ドクターの事件カルテ」
1993年「世にも奇妙な物語 真夏の特別編「ガード下の出来事」
1994年「警部補 古畑任三郎」
     「火曜サスペンス劇場『小京都ミステリー11・伊予夢芝居殺人事件』」


「戦艦大和」より。


「警部補 古畑任三郎」より。田村正和さんと菅原さん。

1997年「火曜サスペンス劇場『アリバイの穴』」
1998年「家康が最も恐れた男 真田幸村」
     「先生知らないの?」
      NHK大河ドラマ「徳川慶喜」
1999年「赤穂浪士」
     「天涯の花」
      NHK大河ドラマ「元禄繚乱」

2000年「晴れ着ここ一番」
2002年 NHK大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」
2003年「高原へいらっしゃい」
2004年「4TEEN フォーティーン」
2007年「NHK土曜ドラマ ハゲタカ」
2009年「白旗の少女」


「利家とまつ~加賀百万石物語~」より。


「高原へいらっしゃい」より。菅原さんと佐藤浩市さん。

ほか、非常に多くの作品に出演されています。

「菅原文太の死因は?妻は?息子の死因が悲惨過ぎる!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ