中村隼人の家系図は?身長は?母親は?高校は?歌舞伎ワンピースでサンジ役!


端正な顔立ちから、「歌舞伎界のプリンス」と人気を博している、歌舞伎役者の中村隼人(なかむら はやと)さん。「龍馬伝」「八重の桜」などの大河ドラマにも出演し、俳優としても活動されています。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

中村さんは、1993年11月30日生まれ、
東京都のご出身、

身長175センチ、
体重67キロ、

血液型はA型、

本名は、小川隼人、

学歴は、
堀越学園高等学校卒業、

趣味は、バスケットボール、

特技は、日舞、

歌舞伎役者としての屋号は萬屋、
定紋は桐蝶だそうです。

母親は?家系図は?

中村さんのお父さんは、歌舞伎役者の二代目中村錦之助さんで、お母さんは、小川志乃さんという方だそうです。

さらに、中村さんの親戚には、俳優の萬屋錦之介さん、中村嘉葎雄さん、中村獅童さんがいらっしゃいます。

歌舞伎界のそうそうたるメンバーが親族なんて、すごいですね~

8歳で歌舞伎デビュー

中村さんは、2002年、8歳で、歌舞伎座「菅原伝授手習鑑寺子屋」にて、松王一子小太郎役で、初舞台を踏まれると、以降、

「勧進帳」(太刀持)
「新口村」(遠見の忠兵衛)
「日向嶋景清」(娘糸滝)
「加賀見山旧錦絵」(大姫)
「籠釣瓶」(八ッ橋付茶屋廻り)
「元禄忠臣蔵」(井関紋左衛門)
「菊畑」(腰元白菊)
「奴道成寺」(所化)
「歌舞伎鑑賞教室」
「歌舞伎のみかた」

ほか、歌舞伎の舞台で、立役や女形など、様々な役を演じられ、

2007年には、「堀部彌兵衛」のさち役で、「国立劇場特別賞」を、2013年と2014年には、「国立劇場奨励賞」を受賞されています。

出演作品(テレビドラマ、バラエティ)

また、その一方で、

2009年 土曜時代劇「陽炎の辻3 〜居眠り磐音 江戸双紙〜」第5話-第6話
2010年 NHK大河ドラマ「龍馬伝」
2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」
     「ぴんとこな」
第1話
2016年「せいせいするほど、愛してる」
2019年「大富豪同心」(主演・卯之吉 役)

などのテレビドラマや、


「龍馬伝」より。徳川家茂に扮する中村さん。

2013年3月「情報ライブ ミヤネ屋」
2013年5月「今、この顔がスゴい!」
2014年5月「新チューボーですよ!」
2016年4月~「メンズキッチン」

などのバラエティ番組にも出演され、活動の場を広げられています。


「メンズキッチン」より。中村さんと寺田真二郎さん。

そんな、中村さんの、気になる話題について調べてみました!

高校は?

中村さんを「高校」で、多くの方が検索されているようです。

調べてみると、中村さんは、芸能人が多く通うことで有名な、「堀越学園高等学校」の出身で、2012年に卒業されているのですが、

この年の卒業生は、「華の93組」といわれているほど、現在、芸能界で活躍している若手ホープを多く輩出した年だったそうです。

ちなみに、中村さんの同級生には、

神木隆之介さん、野村周平さん、志田未来さん、そして、「Hey!Say!JUMP」の、山田涼介さん、中島裕翔さん、知念侑李さんなどがおられ、

特に、神木さんとは、現在でも親友なのだそうです♪

新作歌舞伎「ワンピース」でサンジ役

そんな中村さんは、2015年、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」で、主人公ルフィの仲間、サンジ役を演じられています。

中村さんは、原作漫画「ワンピース」を、8歳から読んでおられ、特にサンジが大好きだったとのことで、

今回、サンジ役を演じるにあたり、

大好きだからこそ、歌舞伎になった反応が怖かった。最初は手探り。1カ月稽古をやって、やっと自信を持って出せるものになりました。

と、語っておられました。

また、原作では、いつも、タバコをくわえているサンジですが、舞台では、中村さんのアイディアで、タバコではなく、キセルに変えられたそうで、

舞台だと紙巻きたばこが見えにくくて、コスプレしてるだけの人になっちゃう。キセルの吸い方、角度も研究しました。でも形だけでもなく、気持ちも入るように。その辺は歌舞伎と似たところがあるんです。

とおっしゃっていました。

さすが、大好きなサンジを演じるだけあって、とても気合が感じられますね!

Sponsored Link

「大富豪同心」でドラマ初主演

さて、2019年5月からスタートしているテレビドラマ、「大富豪同心」では、初のテレビドラマ主役を演じられている中村さん。


「大富豪同心」より。中村さん(左)と石井正則さん(右)。

この作品は、幡大介さんの同名小説のドラマ化なのですが、江戸きっての豪商・三国屋の孫である卯之吉(中村さん)がひょんなことから同心となって江戸で起こる事件を解決する物語なのですが、

中村さん演じる主人公の卯之吉は、剣が振るえない、暗闇が怖い、そのうえ、他力本願で、お坊ちゃまという、およそヒーローとは程遠いキャラクター。

お茶目な中村さんの姿が見れるこのドラマ、必見です!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ