山田詠美!元夫は?再婚相手は誰?漫画家だった!

直木賞作家の山田詠美(やまだ えいみ)さん。1985年「ベッドタイムアイズ」で、鮮烈なデビューを飾られると、それ以降も、男女の恋愛や様々な人間模様を描かれ、女性を中心に圧倒的な支持を得ています。

Sponsored Link

プロフィール!

山田さんは、1959年2月8日生まれ、
東京都板橋区中丸町のご出身で、

明治大学文学部日本文学科を、
中退されているそうです。

漫画家だった!

山田さんは、幼い頃から、
楳図かずおさんや、古賀新一さんといった、
怖い漫画が好きで、

大学生の時に、漫画研究会に所属され、
本格的に漫画を描き始めたそうです。

そんなある日、すでにプロで活動していた、
OBのいしかわじゅんさんが、
久しぶりに漫研を訪ねて来たそうで、

それがきっかけで、山田さんは、いしかわさんから、
当時流行っていたエロ漫画誌の編集長を紹介され、

なんと、大学在学中に、
本名の「山田双葉」名義で漫画家デビュー。

山田さんは、その後、
1981年に、大学を中退され、

アルバイトをしながら、
「シュガー・バー」
「ミス・ドール」
「ヨコスカフリーキー」

などの漫画を発表されたのでした。

しかし、山田さんは漫画に、
それほど情熱を注げなかったのか、

ほどなく、
小説家に転身されることになります。

そのことについて、いしかわさんは、

今振り返れば、
彼女はあまり漫画家には向いていなかったと思う。

漫画を描くというのは、大変に細かい、根気の要る仕事だ。
アイデアを考え、シナリオを作り、
コマを割ったラフを作り、下描きをし、
ペン入れをして、仕上げをする。

同じことを何度も何度も繰り返し、やっと完成するのだ。
途中からは、創作というよりも、
肉体労働という要素が多くなってくる。

彼女は、アイデアを考え、
シナリオを作るあたりまでは熱心なのだが、
そこまでで飽きてしまい、
絵に取りかかるころにはかなりいい加減になっていた。

面自い絵柄を持ってはいたが、
それを練り上げて完成させていくという、
作業ができなかった。

と、明かされていました。

小説家として

そして、山田さんは、1985年、
「ベッドタイムアイズ」で、
小説家デビューされるのですが、

この作品が、
いきなり「文藝賞」を受賞。

さらに、1987年には、
「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」で、
見事、直木賞も受賞されたのでした。


ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)

その後も、

1989年「風葬の教室」
1991年「トラッシュ」
1996年「アニマル・ロジック」

2001年「A2Z」
2005年「風味絶佳」
2012年「ジェントルマン」
2016年「生鮮てるてる坊主」

など、次々と作品を発表され、
何度も芥川賞候補にノミネートされるほか、
数多くの文学賞を受賞されています。

ちなみに、山田さんは、中学2年生の時、
ソウル・ミュージックに影響を受けられたことから、

初期の頃の作品は、
日本人女性と黒人男性の恋愛を描いたものが、
数多く見受けられます。

1980年代という時代も相まって、
とても、バブリーで華やかな作品が多いですね♪

元夫は?

そんな山田さんの、
気になるプライベートなのですが、

山田さんは、1990年、
在日アメリカ軍横田基地勤務の黒人男性、
クレイグ・ダグラスさんと結婚されています。

お二人のラブラブぶりは、
ファンの間でも有名で、

山田さんのエッセイにも、時々、
ダグラスさんが登場されていたようですが、

2006年に離婚されています。

はっきりした離婚の理由は、
分かりませんでしたが、

山田さんのファンの方の話によると、
ダグラスさんが軍を辞め、
アメリカの大学に入学したことで、
遠距離婚となってしまい、

いつしか、心の距離もあいてしまったのでは、
ということでした。

再婚相手は誰?

その後、2012年、山田さんは、
10歳年下の批評家、
可能涼介さんと再婚されています。

お二人の馴れ初めなど、詳しいことは、
情報がなく、分かりませんでしたが、

山田さんご自身が、
再婚を公表されたということで、

きっと嬉しくて、
仕方がなかったのでしょうね♪

Sponsored Link

賢者の愛

さて、2016年8月から、
山田さん原作のテレビドラマ、
「賢者の愛」がスタートしています。

この作品は、主人公の高中真由子(中山美穂さん)が、
父親と初恋の人を奪い去った、かつての親友、
朝倉百合(高岡早紀さん)に復讐するため、

初恋の人と百合の間に生まれた息子、
直巳(竜星諒さん)を、20年に渡り、
自分好みの男に調教していく、
という衝撃のストーリー。

山田さんは、谷崎潤一郎の小説、
「痴人の愛」にインスピレーションを得て、
この作品を書かれたそうで、

女性の嫉妬や情念、恨みなど、
様々な感情を描いておられるのですが、

暑い夏、このドロドロとした、
「詠美ワールド」に浸って、
背筋を凍らせてみるのはいかが?

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ