倉野章子の旦那は角野卓造!子どもは?文学座で女優デビュー!


1966年に「文学座」の研究所に入所し、その後、数多くの舞台、テレビドラマに出演してこられた、倉野章子(くらの あきこ)さん。結婚後、子育てに専念するため舞台を離れられましたが、1995年には復帰し、現在も活躍されています。

Sponsored Link

プロフィール!

倉野さんは、1947年7月3日生まれ、
富山県のご出身、

身長156.5センチ、
体重50キロ、

靴のサイズは24センチ、

だそうです♪

「文学座」の座員として

どのような経緯かは分かりませんでしたが、
倉野さんは、1966年に、
「文学座研究所」に入所されると、

1969年、「握手・握手・握手」で、
舞台デビュー。

また、同年には、お昼のドラマ、
花王愛の劇場「女の絶唱」で、
テレビドラマデビュー、

「荒い海」で、
映画デビューも果たされています。

そして、1971年に、
「文学座」の座員に昇格されると、

以降、舞台だけではなく、
数多くのテレビドラマに出演。

1973年~1978年「太陽にほえろ!」
1974年「大江戸捜査網」
1975年~1977年「銭形平次」
1976年「いろはの”い”」


「太陽にほえろ!」より。当時25歳の倉野さん。かわいいですね♪

1977年「新・木枯し紋次郎」
1978年「熱中時代」
1979年「江戸の激斗」
1980年「新・江戸の旋風」
1981年「吉宗評判記 暴れん坊将軍」


「太陽にほえろ!」より。当時28歳の倉野さん。

など、単発ドラマ、時代劇、サスペンスなど、
幅広く出演されています。

角野卓造と結婚!子どもは?

そんな倉野さんですが、1980~1981年頃、
俳優の角野卓造さんと結婚されています。

お二人の馴れ初めなど、
詳しいことは分かりませんでしたが、

角野さんも同じ「文学座」の座員で、
倉野さんの後輩(1970年研究所に入所)だったことから、
仲良くなられたのかもしれませんね。


この当時の角野さんは髪の毛フサフサ♪

ちなみに、倉野さんは、1981年頃、
息子さんを出産されているようですが、

情報がないことから、おそらく、
息子さんは一般のお仕事をされているのでしょう。

Sponsored Link

様々な賞を受賞

ところで、倉野さんは、結婚後、
出産と子育てのため芸能活動を休止されていたのですが、

1995年、14年ぶりに、
舞台「三人姉妹」で復帰されると、

同年、舞台「野分立つ」で、主演の佐和子役を演じ、
「第30回紀伊國屋演劇賞」個人賞、
「第3回読売演劇大賞」優秀女優賞をダブル受賞。

(ちなみに、この作品は、家族崩壊の危機、老いの問題、親子の葛藤など、
 重くなりがちなテーマを、ウィット溢れるセリフやユーモアを交えながら、
 感動的に描いているのですが、好評につき、以降、たびたび上演されています。)

また、2004年には、
舞台「夜からの声」に出演し、
夫を自殺で失った藤井頼子を怪演。

この作品は、痴呆老人の介護、家族の絆、
現代人の孤独を盛り込んだ、
ディープなストーリーなのですが、

倉野さんは、一見、普通の主婦でありながら、
狂気じみた鬼気迫る演技を披露し、

翌年の2005年、
「第12回読売演劇大賞」優秀女優賞を、
受賞されています。

さて、いかがでしたでしょうか?

テレビドラマなどでは、普通のおばさんとして、
さらりと脇を固めておられる倉野さんですが、

やはりそれは、長年舞台で、
様々な演技をこなされていた賜物だったのですね。

この機会に、倉野さんの舞台を、
観てみられてはいかがでしょうか♪

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ